« 私の世界・シミュレーション仮説 | トップページ | 私の世界・心の育児日記12 »

2011年7月 5日 (火)

騙されてはいけない40―松本復興担当相の発言

私には松本氏の発言が、少しラフだけれど基本的に問題だとは思えませんし、「被災地住民を馬鹿にした発言」に聞こえません。

私には管総理の発言も、いつも「辞める」とは言っていないように聞こえるのですが?

○問題の、「知恵出したところは助けますけど、知恵出さないやつは助けない」発言は、その後に「・・そのくらいの気持ちを持って。」と言っているので、「知恵出さないやつは助けない」のみ強調するのは誤解です。

毎日JPの記事(毎日新聞 201175日)からです。

『松本龍復興担当相が3日に岩手、宮城両県庁を訪れた際の主な発言は次の通り。

<宮城県庁での村井嘉浩知事との会談>

 うちのチームは多分戦後始まって以来、こんなに各県、各市町村と寄り添ったチームはないくらい、素晴らしいチームだから。

 仮設(住宅)とかに付属する施設なんか考えて、古里から離れたらシャトルバス出すとか、あるいは孤立死をさせないためにみんなで昼飯食べましょうとか、ね。みんなで食べましょう仮設作ればいいじゃん。

 何でも相談には乗る。だからしっかり政府に対して、甘えるところは甘えて、こっちも突き放すところは突き放すから、そのぐらいの覚悟でやってください。

 (漁港を)3分の1~5分の1集約すると言っているけど、県で(漁業者の)コンセンサス得ろよ。そうしないと我々何もしないぞ。だからちゃんとやれ。そういうのは。

 今、後から(村井氏が)入ってきたけど、お客さんが入ってくる時は、自分が入ってからお客さん呼べ。いいか。長幼の序がわかっている自衛隊ならそんなことやるぞ。分かった? しっかりやれよ。最後の言葉はオフレコです、いいですか、みなさん。書いたらその社は終わりですからね。

 <岩手県庁での達増拓也知事との会談>

 俺九州の人間だから、東北が、何市がどこの県とか分からんのよ。

 本当はね、仮設住宅はあなたたちの仕事だから、仮設よりも次の恒久住宅みたいなのを我々は構想する。だから、どういう知恵が出せるか、これからは知恵合戦だ。

 知事は県産品ばっかり売っているから、青森とか北海道の業者呼んで、その人たちに、例えば、県内で雇ってやれよと言えばいい。そのくらいの気持ちでやっていかないと。

 ちょっともどかしかったのは、緊急雇用創出基金とかいうのも提示をしたが、地方に伝わっていない。どんどん使いな。

 俺なんかちゃんとアイデアもっているだろ。ずっとこの仕事やっているから、ずっと指示しているから。国は今、進んだことやっているから、まずそこに付いてこないと。

 知恵出したところは助けますけど、知恵出さないやつは助けない、そのくらいの気持ちを持って。だから昨日、宮古市の山本(正徳市長)にも言ったけど、もうアレがほしいコレがほしいはダメだぞ、知恵出せよ、という話をした。あれ俺の弟みたいなものだから。甘えるなと言った。』(要旨)

|

« 私の世界・シミュレーション仮説 | トップページ | 私の世界・心の育児日記12 »

ニュース」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

礼節を述べるなら本人に礼節がなければ、反発をかうだけだ。
「おはよう」といわない職場の同僚から、「きちんと挨拶やれよ」といわれているのと同じです。

投稿: greengrass | 2011年7月 6日 (水) 07時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 騙されてはいけない40―松本復興担当相の発言:

« 私の世界・シミュレーション仮説 | トップページ | 私の世界・心の育児日記12 »