« 私の世界・将棋の話―将棋図巧第99番の「煙詰」と100番の「寿」 | トップページ | 私の世界・最近のチップ(12/05/28) »

2012年5月27日 (日)

私の世界・面白い話のネタ―『「遺灰」でダイヤモンド・・』の香港の光と影?

ネットのCNNのニュースからです。

「遺灰」200グラム分でダイヤモンド作るビジネスの紹介です。

このあいだ家内とその話をしたところでした。在所にお墓はあるのですが、二人の倅達に、「もう、その用意の話をちゃんと話をしておかないと?・・」という話です。

ダイヤモンドにするのは家内も喜ぶと思うのですが、人工ダイヤという点と『骨から作ったもの』をずっと持っていてくれるかは、疑問なのです。

29万は意外と安いと思うのですが、香港には「人口密度が高く、土地不足が深刻化する」問題もあるようで、「遺灰の安置場所めぐり怪しげなビジネス」が横行するというのです。(2つ目のニュース)

話しは別に:墓地どころではなく『「棺おけ部屋」に120万人が暮らす香港』というのもショキングです。(3つ目のニュース)

Photo 

『「遺灰」でダイヤモンド、埋葬に代わる選択肢にも 香港

香港(CNN) 香港に住むエバ・ウーさんは2011年1月、17歳だった息子をがんのために失った。生前と同じようにずっとそばにいて欲しいとの思いから、遺灰でダイヤモンドを作り、十字架のネックレスにして身に着けている。「息子が近くにいる気がして心が落ち着く。これは100%あの子だから」とウーさんは言う。

ダイヤはスイスに本社を置くアルゴダンザの香港法人が製作した。アルゴダンザはスイスのロマンシュ語で「追悼」の意味。もともとエンジニアだった香港法人代表のスコット・ファン氏は、07年に親類の死をきっかけとして遺灰ダイヤモンドの需要に思い至る。香港の葬送業は心がこもらず、埋葬の選択肢も少ないと実感していた。

ファン氏によると、ダイヤの製造工程は比較的単純だという。200グラム分の遺灰をスイスの工場に送って炭素を抽出し、純度を99%以上に高めて黒鉛を生成。機械を使って火山並みの高圧と高温をかけ、約9時間で合成ダイヤモンドが出来上がる。ダイヤは人体にある天然成分のホウ素のために青みがかった色になる。

値段は4分の1カラットのダイヤモンドが約3000ドル(約29万円)、最も大きい2カラットで約3万7000ドル(約295万円)。一方、香港で埋葬すれば棺の種類によって2000ドル~20万ドルの料金がかかる。』

『土地不足の香港、遺灰の安置場所めぐり怪しげなビジネスも

 

(CNN)人口密度が高く、土地不足が深刻化する香港では、死者の遺灰の安置場所も簡単には確保できない。違法の疑いがある民間の業者も登場し、大きな利益をあげているようだ。

公立の葬儀場などが集まるホンハム地区で、葬儀用品の店を経営するユー・イン・ホーさん。店内には副葬品として焼却するためのさまざまな模型が並ぶ。家や携帯電話、iPad(アイパッド)や料理の盛り合わせまで、すべて紙で作られている。故人にあの世で使ってもらおうと大量の副葬品を用意するのが、ここの習わしだ。

香港の地価が高騰し、パンク状態の墓地が増えるなか、住宅地の真ん中に納骨堂を建設する怪しげな民間業者を「責める気にはなれない」と、ユーさんは語る。「人が死ななくなることはないし、遺灰はどこかに安置する必要がある。十分な場所を提供できない当局に大きな責任がある」という。』

Photo_2

『「棺おけ部屋」に120万人が暮らす香港 華やかな発展の陰で

香港(CNN)ぜいたくな高層マンションやしゃれたショッピングセンターが並ぶ香港の中心街。その陰に、棺おけと大差ないスペースでの暮らしを強いられる貧困層の現実がある。

マクさん(72)は、香港の中心部、湾仔(ワンチャイ)地区にあるビルの「棺おけ部屋」に10年前から住んでいる。部屋の床面積は約1.4平方メートルとベッド1台分で、その上に座れば頭上に天井が迫る。棚のように重なった20人分の部屋、換気の悪い通路、共同のトイレ兼シャワー室がひとつ。マクさんは「ここに住みたい人などいないが、生きるためには仕方がない」と話す。マクさんのような貧困層は、香港全体で120万人に上るとされる。

16年以上の経験がある香港のソーシャルワーカー、セ・ライ・サンさんは「こういう場所に暮らすのは怠惰な人たちと思われがちだが、決してそんなことはない」と強調する。「長時間の重労働でもほんの少ししか賃金がもらえなかったり、たまたま景気の悪い時に当たってしまったりすることもある」という。

マクさんも例外ではない。金融関連の事業で失敗を重ねた末、今は近くにあるショッピングセンターの清掃作業員として働いている。収入は、月額150米ドル(約1万1600円)ほどの家賃がようやく払える程度。借金取りに知られることを恐れて、フルネームを明かそうとしない。』

|

« 私の世界・将棋の話―将棋図巧第99番の「煙詰」と100番の「寿」 | トップページ | 私の世界・最近のチップ(12/05/28) »

面白話・話のネタ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 私の世界・面白い話のネタ―『「遺灰」でダイヤモンド・・』の香港の光と影?:

« 私の世界・将棋の話―将棋図巧第99番の「煙詰」と100番の「寿」 | トップページ | 私の世界・最近のチップ(12/05/28) »