« 騙されてはいけない292―今起こっている福島原発事故・「魚介類の核種分析結果」 | トップページ | 私の世界・面白い話のネタ―最も高地にある湖:チチカカ湖? »

2012年7月14日 (土)

私の世界・心の在り処―「死を悼むゾウ達」

ナショナルジオグラフィックの記事と動画からです。

「仲間の死を弔うかのようなゾウの儀式。かれらは死の意味をどこまで理解しているのか?ゾウも悲しいときは私たち人間と同じように涙を流すという科学者もいる。」というものです。動画を見て驚き、感心しました。

象は死んだものを悼み、慈しむ「心」があるようなのです。象は賢くて記憶が抜群だと聞いたことがあります。ある人がサーカスを見に行って、象の曲芸を見ていると調教師を振り切って象が客席の自分のところに寄って来ました。よく見ると、遠い昔に一度助けてあげた象で、「お礼の、あいさつに来た」という話です。助けてくれた人の「匂い」・「優しさ」を憶えているのかも知れません。

象の遺骨を発見して寄って来る

01 

儀式のように遺骨を囲む

02 

<骨を触って慈しみ、思い出しているような仕草>

骨をひっくり返す

03_2 

骨を噛んでみる

04 

足で動かす

05 

|

« 騙されてはいけない292―今起こっている福島原発事故・「魚介類の核種分析結果」 | トップページ | 私の世界・面白い話のネタ―最も高地にある湖:チチカカ湖? »

ペット」カテゴリの記事

心の在り処」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 私の世界・心の在り処―「死を悼むゾウ達」:

« 騙されてはいけない292―今起こっている福島原発事故・「魚介類の核種分析結果」 | トップページ | 私の世界・面白い話のネタ―最も高地にある湖:チチカカ湖? »