« 私の世界・棋士の話―「怪童丸」村山聖の棋譜②対羽生戦 | トップページ | 騙されてはいけない408―今起こっている福島原発事故・「原子炉への注水量の低下が確認、注水量を調整」 »

2012年11月 5日 (月)

私の世界・面白い話のネタ―「韓国語を話す」ゾウ?

ネットのCNNのニュースからです。

先のブログで言ったように、「ネズミは歌い、新しい調べを覚え」たりブンチョウ(文鳥)は、ヒトの言葉そのものだけでなく、音声の微妙な違いまでも聞き分けるというのですから、ゾウが話をしても驚く必要はありません。

対抗しようというわけではないのですが、うちの飼い猫のチップは明らかに「おはよう!・・」を朝のあいさつで言います。私には、そう聞こえるのです。「ご飯をくれ!・・」も言うし、ウンコをするとしきりに「気持ちよかた、ニャー・・」を連発します。人には全部“ニャー”としか聞こえないようで、残念です。

話しは別に:ネットの「Odd Stuff Magazine」でゾウの赤ちゃんの写真を見つけました。面白くて可愛いものだけ載せていますが、全部見た

いなら、

http://oddstuffmagazine.com/lovely-adorable-cutie-pies-baby-elephant.html

でどうぞ。

ただ、ゾウは話をするほどですから、“余りにも人似“です。見方によると不気味に思うものがあります。私だけの感性かも?

ゾウの赤ちゃん

05_2

04_2

03_3

02_3

01_2

人間の言葉に似た音を発するアジアゾウの「コシック」

Photo_7

『「韓国語を話す」ゾウに注目集まる 韓国

2012.11.02 Fri posted at 17:21 JST

ソウル(CNN) 韓国ソウル近郊の動物園にいるゾウが、人間の言葉に似た音を発するとして話題を呼んでいる。

ソウル近郊にあるエバーランド動物園で飼育されているのは、22歳のアジアゾウ「コシック」。飼育員は2006年、コシックが飼育員の言葉を真似した音を出していることに気付いた。コシックは「こんにちは」「お座り」「いいえ」「横になれ」「良い」といった韓国語の言葉を話すという。飼育員は「信じられない」と驚きを隠さない。

コシックに寄せられる興味は国境を越え、2010年にはオーストリアのウィーン大学から専門家が調査のために来訪。専門家は「(動画投稿サイトの)ユーチューブ上にコシックが話す動画があったが、それが偽物か本物か、判別がつかなかった」と語り、コシックが飼育員の言葉を復唱する様子を録音、韓国語を母語とする人に判別可能か調査を行った。

ドイツのイェーナ大学の研究者は、「コシックが発音するいくつかの音は、(人の言葉に)びっくりするほど似ている。特に『良い』という言葉は、飼育員の発音とそっくりだ」と語った。

コシックは、自分の鼻を口に入れて、人間の声のような音を生み出す。この様子は、今週、科学誌「カレントバイオロジー」に発表された。

コシックは1990年生まれで、生後数年でエバーランド動物園に移送された。5~12歳の間は他に仲間のゾウがおらず、接触する相手は人間だけだった。研究者らは、コシックが社会的な絆を持つために、人間の言葉を覚えた可能性があると考えている。

来春には動物園の改修工事が終わり、コシックは大きな人気を集めそうだ。

|

« 私の世界・棋士の話―「怪童丸」村山聖の棋譜②対羽生戦 | トップページ | 騙されてはいけない408―今起こっている福島原発事故・「原子炉への注水量の低下が確認、注水量を調整」 »

ペット」カテゴリの記事

面白話・話のネタ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 私の世界・面白い話のネタ―「韓国語を話す」ゾウ?:

« 私の世界・棋士の話―「怪童丸」村山聖の棋譜②対羽生戦 | トップページ | 騙されてはいけない408―今起こっている福島原発事故・「原子炉への注水量の低下が確認、注水量を調整」 »