« 騙されてはいけない485―今起こっている福島原発事故・「地下水バイパスの進捗状況および今後の進め方」 | トップページ | 私の世界・知らない世界―米軍が女性の前線での戦闘任務解禁?、で「女性兵士の写真」 »

2013年1月29日 (火)

私の世界・「奇妙で危険な隣人」・オオカミ

ネットのロイターのニュースと「Odd Stuff Magazine」の「奇妙で危険な隣人」“Strange Dangerous Neighbors”の写真です。

「奇妙で危険な隣人」は1990年から1996年にオオカミの生息域にテントで住んでオオカミの行動を研究・レポートした写真です。ロイターの「ドイツでオオカミと暮らす男性・・」のニュースで思い出したのです。

オオカミと親しい関係、友達になれることや、その姿や表情のすばらしさに驚きと感動を与えてくれます。

写真は勝手に選んで、編集したものです。見苦しい所があれば、私の所為です。

01_2

『ドイツでオオカミと暮らす男性、群れの「ボス」として生活

02_2

[メルツィッヒ(ドイツ) 24日 ロイター] ドイツ南西部ザールラント州メルツィッヒの山中に、オオカミの群れと1人の男性がともに暮らしている。

この男性はオオカミ研究者のベルナー・フロイントさん(79)。1972年にオオカミ保護区を設立し、この近くに居を構えながら、動物園などから譲り受けたオオカミをこれまで70頭以上育てあげてきた。

フロイントさんは、自分で肉を口にくわえ、そのまま口移しで餌を与える。他のオオカミからの信頼を得るため、群れのボスのように振る舞う必要があるという。広さ約10ヘクタールの保護区には、現在29頭のオオカミが暮らしている。

|

« 騙されてはいけない485―今起こっている福島原発事故・「地下水バイパスの進捗状況および今後の進め方」 | トップページ | 私の世界・知らない世界―米軍が女性の前線での戦闘任務解禁?、で「女性兵士の写真」 »

ペット」カテゴリの記事

面白話・話のネタ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 私の世界・「奇妙で危険な隣人」・オオカミ:

« 騙されてはいけない485―今起こっている福島原発事故・「地下水バイパスの進捗状況および今後の進め方」 | トップページ | 私の世界・知らない世界―米軍が女性の前線での戦闘任務解禁?、で「女性兵士の写真」 »