« 私の世界・知らない世界―“裏切り者”が生き延びる? | トップページ | 騙されてはいけない473―今起こっている福島原発事故・「4号機燃料取り出し用カバー鉄骨建方工事における第1節部分の建方終了」 »

2013年1月15日 (火)

私の世界・面白い話のネタ―高校サッカー選手権、鵬翔高校が奇策「膝つき式壁」?

ネットの人民網日本語版のニュースからです。

サッカーはそんなに趣味ではないので、余計に知らないのですが中国のニュースを見て、「へー、そんなことがあるのだ?・・」と感心しました。

日本のマスコミは余り報道しなかったのに、何故か中国のマスコミが反応したのが面白く思います。でも、知らないのは僕だけかも?

「膝つき式壁」はフリーキックのとき、蹴るところを相手のゴールキーパーに見せないという「目くらまし戦術」です。

驚くのは、採用したのは鵬翔高校が初めてではなく、2007年の女子サッカーワールドカップでなでしこジャパンもイングランド戦で披露しているそうです。

Photo_4

『日本の高校サッカー選手権、鵬翔高校が奇策「膝つき式壁」

 サッカーの試合で、フリーキックのシーンは頻繁にあるが、味方選手の壁が援護となり、シュートが決まるというシーンはそれほど多くない。12日、東京国立競技場で開催された、第91回全国高校サッカー選手権準決勝でそのシーンは訪れた。第1試合に登場した鵬翔高校は、ロシアで活躍する本田圭佑選手の母校で知られる星陵高校戦でフリーキックのチャンスをメーク。選手4人が相手ディフェンスの前に膝をついて並び、低い壁を作り、小原裕哉選手がフリーキックを決めたのだ。湖北省武漢市の朝刊「武漢晨報」が報じた。

 01と鵬翔高校がビハインドで迎えた前半31分、ゴールエリア付近で、フリーキックのチャンスを得ると、同校の選手ら数人がなにやら話し合い。相手のディフェンスの作る壁の前に膝をついて並び、キッカーの方を向いた。その後、別の選手がフェイクを入れた後、小原選手がキック。弧を描いたボールはそのまま壁を越えてゴール左側に突き刺さった。その瞬間、壁を作っていた4人は立ちあがり、歓喜に沸く仲間と飛び上がって喜んだ。同校の「奇策」に、観戦中のファンも絶叫。大盛り上がりとなった。日本メディアの分析によるとこの「膝つき式壁」は、相手ゴールキーパーの視線を妨害することができるという。

 「膝つき式壁」は、公式戦では珍しいが、採用したのは鵬翔高校が初めてではない。2007年の女子サッカーワールドカップでは、なでしこジャパンがイングランド戦で披露。FWの荒川恵理子選手とMFの加藤與恵選手が相手の壁の前で膝をついて壁を作った。ただこの時は、宮間あや選手が蹴ったボールは相手の壁に当たり、見事ゴールとはならなかった。(編集KN) 「人民網日本語版」2013115

|

« 私の世界・知らない世界―“裏切り者”が生き延びる? | トップページ | 騙されてはいけない473―今起こっている福島原発事故・「4号機燃料取り出し用カバー鉄骨建方工事における第1節部分の建方終了」 »

スポーツ」カテゴリの記事

面白話・話のネタ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 私の世界・面白い話のネタ―高校サッカー選手権、鵬翔高校が奇策「膝つき式壁」?:

« 私の世界・知らない世界―“裏切り者”が生き延びる? | トップページ | 騙されてはいけない473―今起こっている福島原発事故・「4号機燃料取り出し用カバー鉄骨建方工事における第1節部分の建方終了」 »