« 騙されてはいけない564―今起こっている福島原発事故・「地下貯水槽概要」と地下貯水槽の放射能漏れ | トップページ | 私の世界・面白い話のネタ―『津波の漂流漁船でアメリカに渡った、「イシダイ」5匹』 »

2013年4月 6日 (土)

私の世界・面白い話のネタ―「赤ちゃんは可愛い、猛獣10選」

ネットの“toptenz.net”の「赤ちゃんは可愛い、猛獣10選」“Top 10 Dangerous Animals That Look Cute As Babies”からです。

もしかすると、一番可愛く見えるかもしれない6位の“Honey badgers”はラーテルと呼ばれるネコ目(食肉目)イタチ科です。

「世界一怖い物知らずの動物」とギネスブックに認定された生き物だそうです。皮膚が分厚く柔らかいのですが、「ライオンの牙やヤマアラシの針をも通さない硬さを併せ持つ」のだそうで、猫?の割りにしぶとい奴です。

4位のカバがライオンより上位ですが、アフリカではライオンより恐れられているのです。走り出すとあの図体で、とんでもなく素早くて、犠牲者も多いと聞きます。

1位のサメは、人の趣味の問題ですが、とても可愛いとは思えません。何といっても可愛さではライオンが一番ではないでしょうか?

Dangerousanimals01

Dangerousanimals02

ラーテル

Photo_2

ネコ目(食肉目)-イタチ科-ラーテル亜科-ラーテル属に分類される、小型の雑食性哺乳類。本種のみでラーテル属を形成する。好物の蜂蜜を巡って、ミツオシエ科の小鳥と共生関係にある。また、「世界一怖い物知らずの動物」とギネスブックに認定された生き物としても知られる。日本語による異名(過去の標準和名)は「ミツアナグマ(蜜穴熊)」。(英名 honey badger

全長約80- 110cm(体長(頭胴長)約60- 80cm、尾長約20- 30cm)、体重約7- 14kg。頭部から背面、尾にかけては白い体毛で覆われる。吻端から腹面、四肢にかけては黒い体毛で覆われる。皮膚は分厚く、特に頭部から背にかけての部位は、伸縮性の非常に高い、それでいて(ライオン等の)牙や(ヤマアラシ等の)針をも通さない硬さを併せ持つ、柔軟な装甲となっており、生態的にもこれを最大の武器としている動物である。

外耳は小型。四肢には大きく発達した鉤爪(かぎづめ)が生える。肛門の近くに臭腺を具える。(=ウィキペディア)

|

« 騙されてはいけない564―今起こっている福島原発事故・「地下貯水槽概要」と地下貯水槽の放射能漏れ | トップページ | 私の世界・面白い話のネタ―『津波の漂流漁船でアメリカに渡った、「イシダイ」5匹』 »

ペット」カテゴリの記事

面白話・話のネタ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 私の世界・面白い話のネタ―「赤ちゃんは可愛い、猛獣10選」:

« 騙されてはいけない564―今起こっている福島原発事故・「地下貯水槽概要」と地下貯水槽の放射能漏れ | トップページ | 私の世界・面白い話のネタ―『津波の漂流漁船でアメリカに渡った、「イシダイ」5匹』 »