« 私の世界・面白い話のネタ―ネコのお母さん、“余分?”を気にせず、直ぐその気になる! | トップページ | 私の世界・面白い話のネタ―「感動や“幸せ感”をくれる、人の役に立つ犬」 »

2013年6月22日 (土)

騙されてはいけない650―今起こっている福島原発事故・「淡水化装置(RO3)から汚染水の漏えい」

東電の621日に公表した記者会見配布資料「淡水化装置(RO3)からの水の漏えいについて」からです。

東電は“水の漏えい”としていますが、サンプリング結果がCs1345.7×10-1Bq/cm3Cs1371.7×100Bq/cm3、全β放射能: 2.6×104Bq/cm3となり、汚染水漏れです。

そのように、言葉を大切にしないと、推定漏えい量を約250リットルとしていますが、それも「信じられなくなる?」と思うのですが?

『塩分除去装置から汚染水漏れ(621 19:25更新)

東京電力福島第一原子力発電所で、21日未明、原子炉の冷却に使う水の塩分を取り除く装置から、放射性物質を含む汚染水が施設内に漏れるトラブルがあり、東京電力で装置を止めて原因を調べています。

東京電力によりますと、21日午前3時ごろ、福島第一原子力発電所の原子炉の冷却に使う水の塩分を取り除く装置で、水が漏れているのを作業員が見つけました。

漏れた水は250リットル程度とみられ、別の処理設備で放射性セシウムを取り除いたあとの放射性ストロンチウムなどが含まれているということです。

装置の運転を停止したところ水漏れは止まり、東京電力は、汚染水は装置がある建物に設置されたせきの中にとどまっていて、外部への流出はないとしています。

また、原子炉の冷却に使う水はすでに処理したものをタンクにためていて、装置の停止に伴う原子炉への注水の影響はないということです。

塩分を取り除く装置では、これまでも汚染水が漏れるトラブルが相次いでおり、東京電力は、汚染水の回収を急ぐとともに原因を調べています。

01

02

03

|

« 私の世界・面白い話のネタ―ネコのお母さん、“余分?”を気にせず、直ぐその気になる! | トップページ | 私の世界・面白い話のネタ―「感動や“幸せ感”をくれる、人の役に立つ犬」 »

震災・原発事故」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 騙されてはいけない650―今起こっている福島原発事故・「淡水化装置(RO3)から汚染水の漏えい」:

« 私の世界・面白い話のネタ―ネコのお母さん、“余分?”を気にせず、直ぐその気になる! | トップページ | 私の世界・面白い話のネタ―「感動や“幸せ感”をくれる、人の役に立つ犬」 »