« 騙されてはいけない643―今起こっている福島原発事故・「地下貯水槽No.1~3データ」のグラフの変? | トップページ | 私の世界・息子との会話―“父の日”の贈り物 »

2013年6月17日 (月)

私の世界・苦手な注射のムカツク話

今回の病院へ行くのは、形成外科の足の潰瘍治療以外に、内科チェックを受けます。

従って、形成外科は予約しているのですが、内科は申告して、「先に採血してもらって、形成へ行って、最後に内科検診です。」

と云うのです。

採血は注射が苦手で困るのですが、検査は“最近状態が良い?”と思えるので「楽しみ」でした。

採血で名前を呼ばれて、行くとベテランの看護師さんで少し安心したのです。当然、ベテランは上手なのです? が、腕を出す時に、「血管、よく見えますか?・・」と言われ、「アウト!」と思わず心で叫びました。

大抵、そのことを言う看護師さんは「注射が下手」は、長い経験で知っているのです。

なお悪いことに、腕を縛って注射針を刺す時、関節部(肘静脈)ではなく横の太く見える血管を目指して、

「ここが太くて、入りそう?」

と言って、無理やり「ブチュー」です。痛くて、かなりムカツキました。

以前、入院している時注射の上手な高尾さんが、「注射は肘の血管を狙うものよ!・・」と言っていたのです。「肘の内側は痛点の神経が少なくて、痛くなくて良いの!・・」だそうです。

「血管が見えへんのとちゃう?」というと「解剖学、何のために習ってると思うの?」と答えました。

そういえば、最近、関節部(肘静脈)に注射をする人がいなくなったように思うのです。「難しい?」以外に何か、新たな問題が出たのでしょうか?

「より簡単な、見えている、太い血管に!・・」という傾向があるように思うのです。それとも、看護学校で「解剖学を止め」にしたの、やろか?

|
|

« 騙されてはいけない643―今起こっている福島原発事故・「地下貯水槽No.1~3データ」のグラフの変? | トップページ | 私の世界・息子との会話―“父の日”の贈り物 »

ムカツク話」カテゴリの記事

入院生活」カテゴリの記事

面白話・話のネタ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568829/57609631

この記事へのトラックバック一覧です: 私の世界・苦手な注射のムカツク話:

« 騙されてはいけない643―今起こっている福島原発事故・「地下貯水槽No.1~3データ」のグラフの変? | トップページ | 私の世界・息子との会話―“父の日”の贈り物 »