« 私の世界・「ほっといてんかぁ・・の猫、犬1匹!」 | トップページ | 騙されてはいけない671―今起こっている福島原発事故・「3号機トレンチ立坑Aサンプリング調査結果」 »

2013年7月12日 (金)

私の世界・知らない世界―「リンクス(Lynx)というオオヤマネコ?」

ネットの“English Russia”にリンクス(Lynx)の写真集がありました。リンクス(Lynx)はアメリカではボブキャットと言いますが、以前紹介しています。

オオヤマネコたちは、何故か見入ってしまう魅力があります。

ウィキには、「オオヤマネコのリンクス(lynx)の名は、「光」を意味するギリシャ語に由来し、照度の単位ルクス lux とも同根である」とあり、少し驚きです。何か“オオヤマネコ”に、「惹かれるものがある?・・」と感じるのは、“ネコ好き”だけではない、“もの?”があるのです。

関係はないのですが、テキストベースのウェブブラウザもLynx(リンクス)です。Unix系は、余り好みではありません。

注)右上は、ボブキャットの好物のウサギです。

06

04

オオヤマネコ(大山猫)

ネコ科オオヤマネコ属 Lynx に属する中型獣の総称。欧米での呼び方をそのまま用いて、リンクスと称することもある。狭義の「オオヤマネコ」は、オオヤマネコ属の種の1つ、ヨーロッパオオヤマネコ Lynx lynx(ユーラシアオオヤマネコ、ヨーロッパリンクス)を指す。 オオヤマネコ属には、ヨーロッパオオヤマネコのほか、カナダオオヤマネコ Lynx canadensis 、スペインオオヤマネコ Lynx pardinus 、ボブキャット Lynx rufus 3種が属する。

体長85~115センチ。尾は短い。アメリカに生息するカナダオオヤマネコは平均12キロ、ユーラシアに生息するヨーロッパオオヤマネコは平均22キロと体のサイズに開きがある。北米・ヨーロッパ・アジア北部に生息する。雪の上でも楽にジャンプできるため、行動範囲が広く1晩で40km移動することもある。カナダオオヤマネコは主にネズミやリス、昆虫、鳥、ウサギを捕食し、ヨーロッパオオヤマネコはこれらに加えシカなどの大きな獲物も狙うことがある。天敵はピューマなどのより大型のネコ科動物。

「視力の鋭い者」のたとえ

オオヤマネコ/リンクス lynx の名は、「光」を意味するギリシャ語に由来し、照度の単位ルクス lux とも同根である。これは、オオヤマネコの眼がかすかな光でもよく見えることに由来するが、古代ローマでは観察眼の鋭さを「オオヤマネコの眼」と表現し、英語では、lynx-eyed 「オオヤマネコの眼をした」という表現で「眼の鋭い」ことを表す。古代から中世にかけて、どんなものでも見透かしてしまう超越的な視線の持ち主と考えられた「ボイオティアの大山猫(リンクス)」の名が、しばしば比喩として引かれた。・・・(=ウィキペディア)

Lynx(リンクス)

テキストベースのウェブブラウザ。多くの UnixOS Microsoft WindowsMac OS X (Lynxlet) で動作する。

Englishrussia.COM”の写真から

01

05

02 0

|

« 私の世界・「ほっといてんかぁ・・の猫、犬1匹!」 | トップページ | 騙されてはいけない671―今起こっている福島原発事故・「3号機トレンチ立坑Aサンプリング調査結果」 »

ペット」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

知らない世界」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 私の世界・知らない世界―「リンクス(Lynx)というオオヤマネコ?」:

« 私の世界・「ほっといてんかぁ・・の猫、犬1匹!」 | トップページ | 騙されてはいけない671―今起こっている福島原発事故・「3号機トレンチ立坑Aサンプリング調査結果」 »