« 騙されてはいけない719―今起こっている福島原発事故・「2号機原子炉格納容器(PCV)内部再調査結果」 | トップページ | 騙されてはいけない720―今起こっている福島原発事故・「地下貯水槽の浮き上がり」って? »

2013年8月13日 (火)

私の世界・面白い話のネタ―森で迷った少年、カンガルーが助ける?

「オーストラリア南部のアデレード近郊で森の中に迷い込んだ7歳の少年が、真冬の厳しい寒さの中で一夜を過ごし、無事救出された」のですが、少年は、「カンガルーが自分に寄り添って、助けてくれた」と話しているということです。
01_2

「家族と花摘みに行って逸れてしまい、カンガルーに花をあげたら食べ、隣に寄り添って一緒に寝てくれた」という信じられないような、出来事です。

オーストラリアは、今冬です。カンガルーが隣に寄り添ってくれなければ、少年は助からなかった可能性が大きいのです。

何しろオーストラリア南部のアデレードは、南部といっても南極に近い方なのです。日本と反対に、考える必要があります。

Photo_2

例えば、アデレード近郊の森とは、下の図(シェファーズ・ヒル・レクリエーションパーク、ウォーティバリガン保護区内)のような保護区と思われます。

01_3

話は別に:カンガルーが犬となかよしのキス(CNN)です。

Photo_3

『森で迷った少年、カンガルーが助ける? オーストラリア

(CNN) オーストラリア南部のアデレード近郊で森の中に迷い込んだ7歳の少年が、真冬の厳しい寒さの中で一夜を過ごし、無事救出された。少年は、カンガルーが自分に寄り添って助けてくれたと話している。

南オーストラリア州警察によると、サイモン・クルーガー君(7)は3日、家族と共にアデレード南部の自然保護公園にピクニックに出かけ、同日午後1時すぎ、家族とはぐれて行方が分からなくなった。

サイモン君はフリースシャツにジャージズボンという軽装で、夜間用の装備などは持っていなかった。捜索隊40人あまりが出動し、ヘリコプターなどを使って一帯を捜索したが、夜になってもサイモン君は発見できなかった。

行方不明になってから24時間近くたった4日正午ごろ、500メートルほど離れた場所でようやくヘリコプターがサイモン君を見つけて救出。厳しい寒さの中で1夜を過ごしたにもかかわらず、軽傷を負っただけで済んだという。

地元メディアの報道によると、父親と再会したサイモン君が最初に口にした言葉は、「パパ、僕大丈夫だよ。木の下で寝て、周りにカンガルーたちがいた」だった。

父親のエティエンさんによると、サイモン君は母親のために花を摘みに行ってカンガルーに遭遇。カンガルーはサイモン君が持っていた花を食べ、隣に寄り添って一緒に寝てくれたという。「息子が温かく過ごせるよう、神がカンガルーを遣わしてくれたのだと思う」とエティエンさん。

母親のリンダさんも、「息子の上着に着いたカンガルーのにおいをかいで、奇跡だと思った」と話している。

|

« 騙されてはいけない719―今起こっている福島原発事故・「2号機原子炉格納容器(PCV)内部再調査結果」 | トップページ | 騙されてはいけない720―今起こっている福島原発事故・「地下貯水槽の浮き上がり」って? »

ペット」カテゴリの記事

面白話・話のネタ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 私の世界・面白い話のネタ―森で迷った少年、カンガルーが助ける?:

« 騙されてはいけない719―今起こっている福島原発事故・「2号機原子炉格納容器(PCV)内部再調査結果」 | トップページ | 騙されてはいけない720―今起こっている福島原発事故・「地下貯水槽の浮き上がり」って? »