« 騙されてはいけない771―今起こっている福島原発事故・「各タンクエリア堰内溜まり水の全ベータ放射能分析結果(簡易測定)」 | トップページ | 私の世界・面白い話のネタ―世界で最も醜い動物は? (くれぐれも、“おばさん”とちゃいます) »

2013年9月17日 (火)

騙されてはいけない772―今起こっている福島原発事故・「雨水を海に放出した7か所のタンクエリア」

東電の916日に公表した記者会見配布資料「福島第一原子力発電所各タンクエリア堰内溜まり水の全ベータ放射能分析結果(簡易測定)について」とネットのNHKニュースからです。

東電は、この降雨で「汚染水を溜めるタンクの囲いの中、水量が急速に増え、周囲に溢れ出る恐れが出た」ので、放射能濃度の低いタンクエリアの水を海に放出しました。

放出した7か所は、1リットル当たり24ベクレルから3ベクレルの範囲だそうです。昨日の「福島第一原子力発電所各タンクエリア堰内溜まり水の全ベータ放射能分析結果(簡易測定)について」の図を再掲、該当すると思われるタンクエリアを赤丸で囲みました。

ただ、この図では8か所になってしまうのですが、H9エリアかCエリアが、一緒にされている? のでしょう。

他のエリア(11箇所)の水は汚染水としてタンクに収納ですから、またまた汚染水が増加してしまったのです。台風や豪雨は、また来るかもしれません。もう、泣きそうな現実? が進んでいるのです。

01

『東電 タンク周辺の雨水放出(916 17:51更新 NHKニュース)

台風18号の影響で、東京電力福島第一原子力発電所では、7か所のタンク周辺の囲いにたまった雨水について、放射性物質の濃度が海への排出基準を下回っているとして、排水溝を通して海に放出する措置を取りました。

台風18号の影響で、福島第一原発では雨や風が強まり、山側に設置された汚染水をためるタンクの囲いでは、中の水の量が急速に増え、周囲にあふれ出るおそれが出ました。

東京電力がこれらの囲いにたまったの水について、ベータ線という種類の放射線を出す放射性物質の濃度を調べたところ、7か所について1リットル当たり24ベクレルから3ベクレルの範囲で、このうちストロンチウムは半分程度とみられ、海への排出基準の30ベクレルを下回っているとしています。

このため、東京電力はタンク自体からの汚染水漏れはなく、雨水だけがたまっていると判断し、この7か所について、16日午後0時40分すぎから囲いの中にたまった水を順次、排水溝を通して海に放出する措置を取りました。

また、300トン余りの汚染水が漏れた4号機の山側に設置された別のタンクの囲いの中にたまった水は、ベータ線を出す放射性物質が1リットル当たり17万ベクレルと極めて高い値で検出されたことから、この水を近くのタンクに移すとともに、このほか11か所でもタンク周辺にある濃度の高いたまり水を近くのタンクに移しました。

一方、台風の影響で東京電力は、16日予定していた汚染水対策の工事など屋外での作業の一部を中止しました。

|

« 騙されてはいけない771―今起こっている福島原発事故・「各タンクエリア堰内溜まり水の全ベータ放射能分析結果(簡易測定)」 | トップページ | 私の世界・面白い話のネタ―世界で最も醜い動物は? (くれぐれも、“おばさん”とちゃいます) »

震災・原発事故」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 騙されてはいけない772―今起こっている福島原発事故・「雨水を海に放出した7か所のタンクエリア」:

« 騙されてはいけない771―今起こっている福島原発事故・「各タンクエリア堰内溜まり水の全ベータ放射能分析結果(簡易測定)」 | トップページ | 私の世界・面白い話のネタ―世界で最も醜い動物は? (くれぐれも、“おばさん”とちゃいます) »