« 私の世界・知らない世界―「初期人類はすべて同一種」とする新説? とドマニシ遺跡(その1) | トップページ | 騙されてはいけない815―今起こっている福島原発事故・「また、地下貯水槽の浮き上がり」 »

2013年10月22日 (火)

騙されてはいけない814―今起こっている福島原発事故・「溢れたタンクエリアは11箇所、うち6箇所が基準超え」

東電の1021日に公表した記者会見配布資料と「1020日の大雨に伴う福島第一原子力発電所タンクエリア毎の対応状況(10211730分更新)」からです。

昨日、NHKニュースにより「汚染水を貯蔵しているタンクを囲う「せき」から、あふれた場所は12か所」としていましたが、溢れたタンクエリアはH2南、H2北、G3東、G6南、G6北、H4、H4東、E、H8北、H8南、H3の11箇所です。そのうち、H2南、H2北、G6南、H4、H4東、H3の6箇所が基準を超えているのです。

なおそれ以外に、「溢水していないが、基準値を超えたエリア」が、H1東、H4北、H5、H6、B南の5箇所あり、台風が予想され、迅速に対応する必要があります。

(「タンクエリア毎の対応状況」表は、細かくて分からないと思いますが、一応載せておきます)

251020

251020aa

<東電の報告>

H25/10/20 東北地方における大雨により、福島第一原子力発電所の汚染水貯留タンクの堰内に雨水が溜まったため、以下のタンクエリアの堰から雨水が溢水していたことを確認。

<タンクエリア:H2南、H2北、G3東、G6南、G6北、H4、H4東、E、H8北、H8南、H3>

H1東エリアについては、当初堰の繋ぎ目から堰内に溜まった雨水が漏えいしているとしていたが、10/21 に詳細な現場調査等を行ったところ、堰にひび等が確認されなかったことから、漏えいは確認されなかった。

また、緊急時の措置として、以下のタンクエリアの堰内の四隅の水を採取して分析した結果が排出基準※を満たしていることを確認した後、ドレン弁の開操作等し、堰内の水を堰外へ排水。

(各エリアの分析結果、ドレン弁等操作実績については公表資料参照)

<タンクエリア:G3北、G3東、G6北、H8北、H8南、E、C東、C西>

以下のタンクエリアにおいて、ノッチタンクの水を採取して分析した結果が排出基準※を満たしていることを確認した後、ノッチタンクのドレンプラグを開操作し、堰内の水を堰外へ排水。

(各エリアの分析結果、ノッチタンクドレンプラグ操作実績については公表資料参照)

<タンクエリア:C東、C西>

タンクエリア堰内の水の分析結果(確報値)については、公表資料参照。

※排出基準:

・セシウム13415 Bq/L 未満

・セシウム13725 Bq/L 未満

・その他のガンマ核種が検出されていないこと(天然核種を除く)

・ストロンチウム9010 Bq/L 未満(簡易測定法により計測)

・タンク内の水質等を参考に、他の核種も含めて告示濃度基準を満たすこと

|

« 私の世界・知らない世界―「初期人類はすべて同一種」とする新説? とドマニシ遺跡(その1) | トップページ | 騙されてはいけない815―今起こっている福島原発事故・「また、地下貯水槽の浮き上がり」 »

震災・原発事故」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 騙されてはいけない814―今起こっている福島原発事故・「溢れたタンクエリアは11箇所、うち6箇所が基準超え」:

« 私の世界・知らない世界―「初期人類はすべて同一種」とする新説? とドマニシ遺跡(その1) | トップページ | 騙されてはいけない815―今起こっている福島原発事故・「また、地下貯水槽の浮き上がり」 »