« 私の世界・面白い話のネタ―「ネコ族のお母さんは(強くて)美しい!」 | トップページ | 騙されてはいけない830―今起こっている福島原発事故・「4号機使用済燃料、構内用輸送容器と同型の容器」 »

2013年11月 3日 (日)

騙されてはいけない829―今起こっている福島原発事故・「地下水が全β<トリチウムとなるサンプリング地点」?

東電の111日に公表した記者会見配布資料「タービン建屋東側における地下水および海水中の放射性物質濃度の状況等について」からです。

東電の作成した「地下水の濃度分布(地点比較)」ですが、昨日、「①RO濃塩水と②蒸発濃縮装置廃水、建屋保有水の濃度は全β>トリチウムで、③RO淡水、④ALPS処理水は全β<トリチウム」という知見を得た話をしました。

地下汚染水は全般に“建屋保有水”が漏れたものなので、「濃度が全β>トリチウム」と考えられるはずですが、ほとんどの地下水が全β<トリチウムとなっていて、No12NO116NO18、ウェルポイント、No2No25などが全β>トリチウムとなっているのです。

「全β<トリチウム」の汚染水は、いわゆる処理水(=除染装置を通ったもの)で「③RO淡水」のように、管理されているはずのものです。

そのような汚染水が、地下の各サンプリング地点から出る? のが不思議な現象に思うのです。

Photo

話は別に:東電の人へ、「モニタリング計画(サンプリング箇所)」の図が“港湾サンプリング箇所図”ではなく、“地下水サンプリング箇所図”にしないとその後の地下水データの参考になりません。間違っていまよ!?

99_2

|

« 私の世界・面白い話のネタ―「ネコ族のお母さんは(強くて)美しい!」 | トップページ | 騙されてはいけない830―今起こっている福島原発事故・「4号機使用済燃料、構内用輸送容器と同型の容器」 »

震災・原発事故」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 騙されてはいけない829―今起こっている福島原発事故・「地下水が全β<トリチウムとなるサンプリング地点」?:

« 私の世界・面白い話のネタ―「ネコ族のお母さんは(強くて)美しい!」 | トップページ | 騙されてはいけない830―今起こっている福島原発事故・「4号機使用済燃料、構内用輸送容器と同型の容器」 »