« 騙されてはいけない847―今起こっている福島原発事故・「海側遮水壁の現状及び下部透水層の水質調査結果」 | トップページ | 騙されてはいけない848―今起こっている福島原発事故・「4号機 使用済燃料取り出し」と共用プール? »

2013年11月18日 (月)

私の世界・知らない世界―都市交通手段としてのロープウェイ!?、コロンビアの“メデジン”

ネットのWIRED(ワイアード)のニュースからです。

「都市の交通手段としてのロープウェイが見直されている」という話で、「イタリアでは、ジェノヴァで都市と空港をロープウェイで結ぶ野心的なプロジェクトが進行している」ということです。

01_2

マップでジェノヴァを見ると、ちょうど神戸のように山際の市街地と港や飛行場が海に貼り付いて、これなら「ロープウェイで!?・・」という地形に見えるものです。

Photo

コロンビアのメデジンという都市を知らなかったのですが、「メデジン」はなにか“曰く?”のありそうな響きに聞こえるのです。マップで検索すると、「えっ、こんなとこ?・・」という、周りが全部ジャングル? というか、緑々して何も無いところに見えます。

01_3

Photo_2

ロープウェイの場所はマップでは分かり難いのですが、地図の路線図をクリックすると分かりました。ピンクのマルで囲んだところがロープウェイの中継駅です。

02_2

ただ、輸送力が1時間に約4,000人は少な過ぎで、高密度社会の日本では無意味と思えるものです。

話は別に:「メデジン」は映画「砂の惑星」のメランジに何か響きが似ているので、変な感じです。ウィキでみるとメデジン・カルテル(国際的な麻薬組織)のあった?(今もある?) 都市だそうです。

メランジは「フランス語で混合するという意味で、二色以上の霜降り糸のこと」だそうで、「何か同じ響き・・」と思う感性が変なのです。(でも、・・関係ありそうな気もする!?)

メデジン (Medellín)

コロンビアの都市である。コロンビア西部にあるアンティオキア県の県都。同国3大都市の1つ(他はボゴタとカリ)。人口222万人(2006年)。

標高約1500メートルの盆地にある。従って、気温は年中に安定していて、18度から28度まで増減する。しかし、11月から3月にかけて地理的な特徴にも関わらず気温は10度に落ちることがある。逆に6月から8月にかけて、雨量が少ないことから気温が30度まで上ることもある。国際的な麻薬組織メデジン・カルテルが存在したことで知られる。

メデジン・カルテル(Cártel de Medellín

コロンビアの犯罪組織。パブロ・エスコバルによりコロンビアのメデジンに創立された、麻薬密売者の組織化されたネットワークで、主に1970年代及び1980年代を通して活動した。

資金源は麻薬(特にコカイン)の生産・加工・販売、宝石加工・販売、身代金獲得。その収益は1カ月あたり最大6000万ドルに上り、複数の見積りでは、合計で最大280億ドルの資産があった。カルテルに参加し、あるいは関与した他の有名な人物には、オチョア家、カルロス・レデル、およびジョージ・ユングを含む。

メデジン・カルテルはカリ・カルテルと恒常的に争い、また1980年代前半からコロンビア政府と抗争を繰り広げた。コカの生産農家、加工業者、販売業者に支えられたゲリラ的犯罪組織であり、常に米国と対立し爆弾闘争や営利誘拐を繰り返している。(=ウィキペディア)

『都市ロープウェイ:空中交通の利点とは

都市の交通手段としてのロープウェイが見直されている。建設費用も地下鉄よりずっと安い。イタリアでは、ジェノヴァで都市と空港をロープウェイで結ぶ野心的なプロジェクトが進行している。

ロープウェイというと、すぐにスキーや山、雪で覆われたゲレンデやリフトが思い浮かぶだろう。一方で、ロープウェイは都市の交通手段でもある。まさに路面電車やバス、地下鉄と同じだ。ヨーロッパではあまり用いられていないが、ブラジルやコロンビアのような南米の多くの国では、むしろよくある交通手段だ。

よく考えてみれば、理由は単純だ。ロープウェイは目的地に到着するために、都市空間との調整を行うことなく、妨げとなる障害なしに理想的なラインをたどることができる。さらに、コストの問題がある。インフラについての議論では、常に重要な側面だ。地下鉄を1km建設するのに9,000万ユーロかかることもあるが、ロープウェイを1kmつくるのには、わずかな資金があれば十分だ。

ミラノ市が企画したスマートモビリティのイヴェント、Citytechでは、都市ロープウェイをテーマにしたワークショップは不可欠だった。これは、地域の地形を度外視できるソリューションで、乗り越える高度差がある必要はない。ロープウェーのラインはすべて水平に展開させることができる。そして世界中にあるいくつかの例が示しているように、中継点、つまり中間停留駅のためにすでに存在する建物を利用することができる。これにより、非常にスマートな施設として、公共交通システムに融合させることができる。

「融合は、都市ロープウェイが成功するための決定的な要因です」と、スティーヴン・デイルは説明した。彼は、Creative Urban Projectsの創設者であり、この分野の世界レヴェルで最も優れた専門家でCitytechのゲストだった。

「わたしはカナダで生まれましたが、ヨーロッパにはよく来ます。ここでは、都市ロープウェイは主に観光用のソリューションであることに気づきました。しかし、このような見方は変わりつつあります。この装置はほかの交通手段と競合できる能力をもっています。コロンビアのメデジンでは、1時間に最大4,000人を各方面に輸送するロープウェイがあることを考えれば十分でしょう。コロンビアを代表する大都市の3つのラインは、この分野における世界で最も先端的な体験のひとつとなっています」。

メデジンのゴンドラ(都市ロープウェイの客室はこのように呼ばれる)は時速16kmで動き、都市のさまざまな地区を結ぶ。これらは、シティグループ、『Wall Street Journal』、Urban Land Instituteが、メデジンを2013年の世界で最もイノヴェイティヴな都市と認定して賞を与えるうえで決定的な要因だった。

ニューヨーク、ロンドン、ジェノヴァでも

1976年に建設されたニューヨークのルーズヴェルト島トラムウェイ(イースト川を横断してルーズヴェルト島とマンハッタンを結ぶ)が、アメリカで最初のロープウェイとして長い間国際的なレヴェルにおいてこの種のインフラの代表例だったが、いまはその役割はロンドンのエミレーツ航空ラインに移った。ロンドン市内をテムズ川を越えて北から南へ縦断する、新しいロープウェイだ。ロンドンオリンピックの機会を利用して、イギリスの首都がニューヨークからその地位を奪ったのだ。

これは完全に電動で、各駅には太陽光発電設備がある。エミレーツ航空の資金で建設され、1年間で200万人が利用した。エミレーツ航空ラインは、ゴンドラの推進と支えのために1本のケーブルのみを用いる新技術を活用している。従来の3本ケーブルに比べて経済的で設置がより短期間で済む(もっとも、従来のものはより収容力のあるゴンドラを運搬できる利点がある)。

イタリアでは、いまのところロープウェイは少ない。都市が1,000m以上の高度差のある崖の上の高地レノンと結ばれているトレンティーノ=アルト・アディジェ州のボルツァーノの場合を別にすれば、都市ロープウェイの例は多くない。しかし、空中交通によく適しているであろう状況は存在する。例えば、ベルガモだ。このロンバルディア州の都市は、高低の2つのレヴェルに分かれている。何年か前、ローマも古代の城壁の周りに1つ路線をつくる計画を進めていたが、その後、駅を設置するのに適した場所を見つけるのが不可能だったために中止になった。

そして現在ジェノヴァでは、イタリアで最も野心的なプロジェクトが進められている。都市と空港を結ぶ空中ロープウェイだ。市街区の駅はコルニッリャーノとセストリ・ポネンテの間につくられるはずだ。ゴンドラ(10席)は4本の鉄塔で支えられて、約10mの高さで平坦なコースを移動するだろう。空港に到着するにはわずか90秒しかかからず、輸送力は1時間に約4,000人となる。プロジェクトはすでに欧州委員会の承認を得て、50万ユーロ以上が事業計画のために割り当てられた。2016年末には完成するだろう。

|

« 騙されてはいけない847―今起こっている福島原発事故・「海側遮水壁の現状及び下部透水層の水質調査結果」 | トップページ | 騙されてはいけない848―今起こっている福島原発事故・「4号機 使用済燃料取り出し」と共用プール? »

旅行・地域」カテゴリの記事

面白話・話のネタ」カテゴリの記事

知らない世界」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 私の世界・知らない世界―都市交通手段としてのロープウェイ!?、コロンビアの“メデジン”:

« 騙されてはいけない847―今起こっている福島原発事故・「海側遮水壁の現状及び下部透水層の水質調査結果」 | トップページ | 騙されてはいけない848―今起こっている福島原発事故・「4号機 使用済燃料取り出し」と共用プール? »