« 私の世界・知らない世界―「北極海航路(NSR)」、ロシアの原子力砕氷船 | トップページ | 私の世界・知らない世界―「伊400型、オアフ島沖の海底に沈んでいるのを発見」と“オハイオ級原子力潜水艦” »

2013年12月 5日 (木)

騙されてはいけない866―今起こっている福島原発事故・「地下貯水槽No.3検知孔の全ベータ値に上昇傾向!?」

東電の123日と4日に公表した記者会見配布資料と「地下貯水槽分析結果(平成25年11月28日分)」からです。

東電は「地下貯水槽分析結果」を1128日以来公表していませんが、123日と4日に公表した記者会見配布資料の記述に、

<東電の報告>

123日:地下貯水槽No.3の漏えい検知孔北東側の水の全ベータ値が11/29 に採取した水の分析結果で8.6Bq/cm311/30 に採取した水の分析結果で13Bq/cm312/1に採取した水の分析結果20Bq/cm312/2 に採取した水の分析結果で38 Bq/cm3 へと緩やかに上昇しているが、地下貯水槽の浮き上がり防止工事の影響と考えている。他の分析結果については、前回採取した測定結果と比較して大きな変動は確認されていない。

124日:地下貯水槽No.3検知孔北東側および南西側の全ベータ値に上昇傾向がみられるが、地下貯水槽の浮き上がり防止工事の影響と考えている。他の分析結果については、前回採取した測定結果と比較して大きな変動は確認されていない。

(以下の記述は34日とも)

H25/10/23~地下貯水槽No.6 において浮き上がり対策を実施中。

H25/11/15~地下貯水槽No.5 において浮き上がり対策を実施中。

H25/11/19~地下貯水槽No.1 において浮き上がり対策を実施中。

H25/11/28~地下貯水槽No.3 において浮き上がり対策を実施中。

とあり、地下貯水槽No.3検知孔北東側や南西側の全ベータ値に上昇傾向があるようです。

因みに、1128日の地下貯水槽No.3検知孔北東側の全ベータ値は4.3 Bq/cm3

南西側は99 Bq/cm3です。この値は他の地下水観測孔サンプリング結果のように単位が“Bq/L”ではないことに注意する必要があります。

つまり、1000倍の値で地下貯水槽No.3検知孔北東側の全ベータ値は43Bq/L、南西側は99Bq/Lとなるものです。

その原因が、「地下貯水槽の浮き上がり防止工事の影響」としているのも、何か変? というか、ウエルポイントの汲み上げで地下水観測孔No.1-16の放射濃度が上がったような、ある1つの不具合対策を行うと、次の新たな不具合を生むという負の連鎖が続き、まさに“もぐら叩き”状態なのです。

注)地下貯水槽分析結果(平成25年11月28日分)は「騙されてはいけない860―今起こっている福島原発事故・「地下貯水槽 分析結果」って?」の再掲です。

Photo

|

« 私の世界・知らない世界―「北極海航路(NSR)」、ロシアの原子力砕氷船 | トップページ | 私の世界・知らない世界―「伊400型、オアフ島沖の海底に沈んでいるのを発見」と“オハイオ級原子力潜水艦” »

震災・原発事故」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 騙されてはいけない866―今起こっている福島原発事故・「地下貯水槽No.3検知孔の全ベータ値に上昇傾向!?」:

« 私の世界・知らない世界―「北極海航路(NSR)」、ロシアの原子力砕氷船 | トップページ | 私の世界・知らない世界―「伊400型、オアフ島沖の海底に沈んでいるのを発見」と“オハイオ級原子力潜水艦” »