« 私の世界・知らない世界―「伊400型、オアフ島沖の海底に沈んでいるのを発見」と“オハイオ級原子力潜水艦” | トップページ | 私の世界・知らない世界―「核先制攻撃症候群」とトライデント!?(その1) »

2013年12月 6日 (金)

騙されてはいけない867―今起こっている福島原発事故・「GIS(2B)異常警報発生!?」

東電の5日に公表した記者会見配布資料と1128日に公表した「東京電力福島第一原子力発電所廃炉対策推進会議 第10回事務局会議」資料の「【資料1】プラントの状況」の「GIS(2B)異常警報発生について」からです。

東電は5日に公表した記者会見配布資料に「12/4:警報発生について原因を調査したところ、小動物の侵入(糞尿痕有り)により警報回路が一時的に通電状態になり誤警報が発生したものと推定」という報告をしていますが、1128日に公表した「GIS(2B)異常警報発生について」のことなので紹介しておきます。

“事象概要”によると、「H25年11月26日、南側開閉所監視・制御システムにて以下の異常警報が発生復帰を繰り返した。」というものです。

膨大な設備システムの電源について、“小動物の侵入”を調べるという細かい? 作業は作業環境の劣悪な中でかなり苦労があると思われます。

どうせ人の居られる環境ではないのですから、電気設備に影響のない“駆虫剤”か“忌避剤”を「噴霧して回れば?・・」と考えてしまいます。(ただし、そんな効果があるかどうか知らない、素人の無責任な発言です。スミマセン)

01

02

<東電の報告>

・H25/11/26 6:46 頃 所内電源設備において「南側66kV 所内変圧器2BGIS*1異常」の警報が発生し、同時刻に当該警報は自動復帰。事象発生当時、所内電源系に異常は確認されなかったが、その後の現場調査において、開閉所補助建屋に設置されている当該GIS用のインターフェース盤*2内に、小動物が侵入したと思われる痕跡(小動物の糞と思われるもの)を発見。また、当該インターフェース盤内に約1cm×約1cm の隙間が確認されたことから、隙間を塞ぐ処置を実施。当該インターフェース盤は、H25//18 に発生した「福島第一原子力発電所1~4号機所内電源系の停電事故」の再発防止対策(ケーブル貫通箇所の開口部等を閉止する等の電源盤への小動物侵入防止対策)を行っていたが、今回、小動物が侵入したと思われる痕跡が確認されたことから、今後、他の所内電源盤についても小動物侵入の痕跡の有無を確認するとともに、他の侵入箇所がないか確認を実施する。

12/4 警報発生について原因を調査したところ、小動物の侵入(糞尿痕有り)により警報回路が一時的に通電状態になり誤警報が発生したものと推定。当該インターフェース盤、および開閉所関連盤について隙間なくシール処理を行うなどの小動物対策の改善処置を実施。

*1 ガス絶縁開閉装置(開閉所の66kV 特別高圧側に使用)

*2 現場の制御盤の情報を集約し開閉所システムに伝送するための中継

|

« 私の世界・知らない世界―「伊400型、オアフ島沖の海底に沈んでいるのを発見」と“オハイオ級原子力潜水艦” | トップページ | 私の世界・知らない世界―「核先制攻撃症候群」とトライデント!?(その1) »

震災・原発事故」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 騙されてはいけない867―今起こっている福島原発事故・「GIS(2B)異常警報発生!?」:

« 私の世界・知らない世界―「伊400型、オアフ島沖の海底に沈んでいるのを発見」と“オハイオ級原子力潜水艦” | トップページ | 私の世界・知らない世界―「核先制攻撃症候群」とトライデント!?(その1) »