« 私の世界・面白い話のネタ―ネコ物語・「子は親を見て育つ・・ネコ!?」 | トップページ | 騙されてはいけない889―今起こっている福島原発事故・「各対策の概要 ①建屋海側トレンチ内の高濃度汚染水について」 »

2013年12月29日 (日)

騙されてはいけない888―今起こっている福島原発事故・「H4東・H4エリア堰内の汚染水漏れ、止水シールの劣化が原因!?」

東電の1227日に公表した記者会見配布資料「H4東・H4エリア堰内水位低下の原因調査」からです。

1225日に公表した「福島第一原子力発電所H4タンクエリアおよびH4東タンクエリア堰内の水位の低下について(訂正版)」のフォローで、漏れの原因を「コンクリート打継ぎ部に施している止水シールが劣化」としています。

「止水シールが劣化」というのは劣化が早い気がするのですが、シール材に合成ゴム等のゴムを使っているとすると、「ゴムの劣化・老化の原因はオゾンなどによる酸化劣化と、光(熱)、紫外線などの放射線による化学変化が考えられる」(ゴムメーカ資料より)ということで、タンクエリアの放射能環境は例えば「せきの水に含まれる放射性ストロンチウムの濃度は、最高で1リットル当たり440ベクレルで、国が認めたせきからの放出基準の44倍」なのです。放射線による劣化の促進があるのかも知れません。

専門家なら分かるはずで、予防策を前もって出来ることです。

 他にもゴムのシール材を使っている所、設備は五万と至る所に有りそう? で、当初の設計、思惑より劣化が早まることが心配されます。

Photo

01 

|

« 私の世界・面白い話のネタ―ネコ物語・「子は親を見て育つ・・ネコ!?」 | トップページ | 騙されてはいけない889―今起こっている福島原発事故・「各対策の概要 ①建屋海側トレンチ内の高濃度汚染水について」 »

震災・原発事故」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 騙されてはいけない888―今起こっている福島原発事故・「H4東・H4エリア堰内の汚染水漏れ、止水シールの劣化が原因!?」:

« 私の世界・面白い話のネタ―ネコ物語・「子は親を見て育つ・・ネコ!?」 | トップページ | 騙されてはいけない889―今起こっている福島原発事故・「各対策の概要 ①建屋海側トレンチ内の高濃度汚染水について」 »