« 私の世界・面白い話のネタ―「仲良しのキツネ君 とネコ!?」 | トップページ | 騙されてはいけない905―今起こっている福島原発事故・「3号機原子炉建屋1階主蒸気隔離弁室近傍における水漏れ」 »

2014年1月18日 (土)

騙されてはいけない904―今起こっている福島原発事故・「1号機原子炉建屋1階南側の汚染状況調査結果」

東電の117日に公表した記者会見配布資料「国プロ「原子炉建屋内の遠隔除染技術の開発」1号機原子炉建屋1階南側の汚染状況調査結果について」からです。

平成251222日~24(3日間)の「経済産業省補助事業「原子炉建屋内の遠隔除染技術の開発」にて行った、1号機原子炉建屋(以下、R/B)1階南側の汚染状況調査」の結果報告です。

線量率測定結果では不活性ガス系配管近傍の測定点101,662 mSv/h(=1.662Sv/h)が最高値です。

ガンマカメラ調査によると、まず「不活性ガス系配管表面から50cm離れた場合の線量率は約900mSv/h程度と推定。周辺線量は1,000mSv/hを超過している箇所もある」ということです。

また、線量率が高い(2Sv/h)と思われた配管貫通部脇の機器ファンネル部は「ガンマ線が可視化されていない。このことから、線源は床面下」のようです。

注)ファンネル(funnel):漏斗、壺状の容器に液体を注ぐための器具。(主として船舶の)煙突

次いで、ドライウェル除湿系配管(冷凍機近傍)でホットスポットが確認されたようで、ドライウェル除湿系配管は原子炉と直接配管が繋がっている補機冷却水系と配管が繋がっているのですから当然のことと思われます。

01 

02 

03 

|

« 私の世界・面白い話のネタ―「仲良しのキツネ君 とネコ!?」 | トップページ | 騙されてはいけない905―今起こっている福島原発事故・「3号機原子炉建屋1階主蒸気隔離弁室近傍における水漏れ」 »

震災・原発事故」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 騙されてはいけない904―今起こっている福島原発事故・「1号機原子炉建屋1階南側の汚染状況調査結果」:

« 私の世界・面白い話のネタ―「仲良しのキツネ君 とネコ!?」 | トップページ | 騙されてはいけない905―今起こっている福島原発事故・「3号機原子炉建屋1階主蒸気隔離弁室近傍における水漏れ」 »