« 騙されてはいけない912―今起こっている福島原発事故・「主トレンチ(海水配管トレンチ)内汚染水の処理状況」 | トップページ | 私の世界・知らない世界―「中国資金「国外脱出」で高まる欧米、銀行規制リスク」って? »

2014年1月27日 (月)

騙されてはいけない913―今起こっている福島原発事故・「至近の(汚染水の)移送計画!?」

東電が120日にHPに公表した「廃炉・汚染水対策現地調整会議2014120日(第5回)」の「【資料2】福島第一原子力発電所汚染水対策の対応」からです。

東電の「汚染水対策の対応」ですが、かなりタイトな問題があるのですが、『騙されてはいけない911・・・「汚染水対策の対応の海上輸送の問題」』でタンクの海上輸送の問題を言いました。海上輸送だけではなく、大きなタンクの輸送は陸上でも障害物が問題となるようです。

02 

漏れが問題となったボルト締め型タンクから溶接型タンクへの本格的なリプレイスの前に、「至近の移送計画」では、

・至近のタンク容量不足を乗り切るためDエリアタンクの水抜き・撤去・リプレースを急ぐ。Dエリアタンクの水(RO処理水)H1ブルータンクの空き容量に移送(本年1月より)

H1H2エリアのブルータンクは、基礎堰もなく、連結弁も全てには設置されていないので、漏洩リスクが高く、フランジタンクより先にリプレースする。水はリプレース後のDエリア溶接型タンクに移送(本年7月より)

H26年度前半は、日々発生するRO濃縮水をフランジタンクに貯蔵しつつALPSで処理し、ALPS処理水はJ1エリア新設タンクに移送

H26年度後半は、日々発生するRO濃縮水の減少とALPS処理量の増強に応じて生まれるタンク余裕をにらみつつ、フランジタンクの水抜き・撤去・リプレースを進める

などと、相当タイトな汚染水移送の“やりくり”を今年は行うようです。

01 

|

« 騙されてはいけない912―今起こっている福島原発事故・「主トレンチ(海水配管トレンチ)内汚染水の処理状況」 | トップページ | 私の世界・知らない世界―「中国資金「国外脱出」で高まる欧米、銀行規制リスク」って? »

震災・原発事故」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 騙されてはいけない913―今起こっている福島原発事故・「至近の(汚染水の)移送計画!?」:

« 騙されてはいけない912―今起こっている福島原発事故・「主トレンチ(海水配管トレンチ)内汚染水の処理状況」 | トップページ | 私の世界・知らない世界―「中国資金「国外脱出」で高まる欧米、銀行規制リスク」って? »