« 騙されてはいけない920―今起こっている福島原発事故・「ガレキ、伐採木の管理状況(H25.12.31時点)」 | トップページ | 騙されてはいけない921―今起こっている福島原発事故・「1号機、2017年頃に原子炉注水が困難に!?」 »

2014年2月 2日 (日)

私の世界・知らない世界―レオナルドのイモラの町の地図!?

ネットの“imgday.com”の“Images, Maps”からレオナルド・ダビンチが作ったイモラの町の地図です。

レオナルドのイモラの町の地図(王立図書館所蔵)

01 

レオナルドのイモラの町の地図は、1502年に町の中心にある塔からの目視観察と足の歩測調査? の組み合わせで、それはその時点までの最も正確な地図だそうです。

現在のマップと比較してみましたが、その正確性が分かります。当たり前ですが、マップの方位、町の傾き方もそっくり同じです。

02 

右下の砦は今もそのまま残っています。なお、町の周囲を取り囲んでいた堀は、道路に変わっているのです。

03 

イタリアのボローニャ県のイモラの位置です。

04 

イモラ(Imola

音楽と芸術を愛する都市。古代ローマ時代から中世、ルネサンスを経て18世紀まで、時を超えて存在する数々の文化遺産は、イモラが体験した波乱万丈の歴史を声高に物語っています。スフォルツェスコ城、トッツォーニ宮殿、聖ドミニコ教会は中でも有名。

1261年に築城されたスフォルツェスコ城はルネサンス建築の代表で、ニッコロ・マキアヴェッリ、カテリーナ・スフォルツァ、チェーザレ・ボルジャ、レオナルド・ダ・ビンチなどの歴史的人物がここに滞在しました。レオナルド・ダ・ビンチは1502年、この城の塔より、イモラの地図を作成しました。この地図は現在ロンドンの王立図書館に所蔵されています。城の中には豊富な古代武器コレクションと中世・ルネサンス時代の陶器コレクションが展示されています。かつての塹壕も見学可。(“japanitalytravel.com”のボローニャ県公式ページの“ボローニャ県 珠玉の中世小都市”より)

|

« 騙されてはいけない920―今起こっている福島原発事故・「ガレキ、伐採木の管理状況(H25.12.31時点)」 | トップページ | 騙されてはいけない921―今起こっている福島原発事故・「1号機、2017年頃に原子炉注水が困難に!?」 »

旅行・地域」カテゴリの記事

面白話・話のネタ」カテゴリの記事

知らない世界」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 私の世界・知らない世界―レオナルドのイモラの町の地図!?:

« 騙されてはいけない920―今起こっている福島原発事故・「ガレキ、伐採木の管理状況(H25.12.31時点)」 | トップページ | 騙されてはいけない921―今起こっている福島原発事故・「1号機、2017年頃に原子炉注水が困難に!?」 »