« 騙されてはいけない976―今起こっている福島原発事故・「敷地境界における実効線量の見直し、8.04mSv/年から9.73mSv/年」 | トップページ | 私の世界・知らない世界―デンマークの「ウィンターバスクラブ」:“Winter bathing club”の“変”!?(その2) »

2014年3月28日 (金)

騙されてはいけない977―今起こっている福島原発事故・「燃料を取り出し作業の大型クレーン、補助ブレーキをかけたまま動かした」って!?

326日と28日のネットのNHKニュースからです。

NHKニュースによると26日に発生の「4号機で使用済み燃料プールから燃料を取り出す作業に使う大型のクレーンが動かなくなったトラブル」の原因が、28日に「補助ブレーキをかけたままクレーンを動かした作業ミスと分かった」という信じられないほどアホみたいな話です。

「補助ブレーキをかけたまま」なら、そのランプが点いているはずで、直ぐに原因が分からない訳がないのです。まさか、大切な燃料取り出し作業の大型クレーンに「故障を示すランプ」だけで補助ブレーキ・ランプがない? は、あり得ないことです。もっといえば、ブレーキが掛かっているのに運転しようとする場合、警告ブザーを鳴らして動かなくすれば、過電流やロックは起こりません。

重機をコントロールするシーケンサには簡単なプログラムで済むことで、杜撰すぎる手抜きシステムに思えるのです。

それと、「燃料を取り出す作業」をしている人は、まったくの素人、 というか、そのような重機の運転をしたことがない人? かも知れません。

参考:燃料取り出し状況

140328_2   

『クレーンのトラブル 作業ミス原因か(328 4:30更新 NHKニュース)

東京電力福島第一原子力発電所4号機で使用済み燃料プールから燃料を取り出す作業に使う大型のクレーンが動かなくなったトラブルは、補助ブレーキをかけたままクレーンを動かした作業ミスが原因とみられることが分かり、東京電力は作業手順の確認など再発防止の対策をしたうえで、燃料の取り出しを近く再開することにしています。

福島第一原発4号機では26日、使用済み燃料プールからキャスクと呼ばれる燃料の輸送用の容器を運び出す準備をしていたところ、建屋の天井に設置されている大型のクレーンが動かなくなるトラブルがありました。

東京電力の調べによりますと、当時、補助ブレーキをかけたままクレーンを動かしていたということで、気付いた作業員が解除して再び動かそうとしたところ、故障を示すランプが点灯したということです。

東京電力は、補助ブレーキをかけたまま操作しようとした作業ミスのためにクレーンのモーターに一時的に電流が流れすぎ、ロックがかかって動かなくなったとみています。

クレーンやモーターなどに異常はないということで、東京電力は、作業手順の確認など再発防止の対策をしたうえで、準備が整いしだい、燃料の取り出しを再開することにしています。

『クレーン故障復旧見通し立たず(326 20:30更新 NHKニュース)

東京電力福島第一原子力発電所4号機で26日午前、使用済み燃料プールから燃料を取り出す作業に使う大型のクレーンが故障して、動かなくなるトラブルがありました。

詳しい原因は分かっておらず、復旧のめどは立っていないということです。

26日午前9時半ごろ、福島第一原発4号機で使用済み燃料プールからキャスクと呼ばれる燃料の輸送用の容器を運び出す準備をしていたところ、建屋の天井に設置されている大型のクレーンが故障して動かなくなりました。

当時、キャスクをつり上げる準備の作業として、クレーンのワイヤーの先にフックを取り付けていたということで、キャスクは22体の使用済み燃料が入った状態でプール内にあり、つり上げは行われていませんでした。

今のところ詳しい原因は分かっていませんが、故障した際にかかったロックが解除できない状態で、制御装置の一部にトラブルが起きている可能性があるということです。

また、クレーンを動かすモーターの温度が上がっていることを示す故障ランプが点灯しましたが、モーターに異常はありませんでした。

26日に予定されていたキャスクをプールから運び出す作業は中断されていて、復旧のめどは立っておらず、記者会見した福島第一原発の小野明所長は、「制御装置のトラブルの場合、交換などで済めば1週間程度で復旧できるが、まずは、原因の究明に全力を尽くしたい」と述べました。

福島第一原発4号機では、去年11月から使用済み燃料プールからの燃料の取り出しが行われていて、この作業中にトラブルが起きたのは初めてです。

4号機のプールにあった1533体の燃料のうち、これまでに550体が取り出され、983体が残されています。

|

« 騙されてはいけない976―今起こっている福島原発事故・「敷地境界における実効線量の見直し、8.04mSv/年から9.73mSv/年」 | トップページ | 私の世界・知らない世界―デンマークの「ウィンターバスクラブ」:“Winter bathing club”の“変”!?(その2) »

震災・原発事故」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 騙されてはいけない977―今起こっている福島原発事故・「燃料を取り出し作業の大型クレーン、補助ブレーキをかけたまま動かした」って!?:

« 騙されてはいけない976―今起こっている福島原発事故・「敷地境界における実効線量の見直し、8.04mSv/年から9.73mSv/年」 | トップページ | 私の世界・知らない世界―デンマークの「ウィンターバスクラブ」:“Winter bathing club”の“変”!?(その2) »