« 私の世界・面白い話のネタ―ネコ物語・「たまらん顔・・のネコ!?」 | トップページ | 騙されてはいけない980―今起こっている福島原発事故・「モニタリングポストデータと実効線量の最大地点」 »

2014年3月31日 (月)

私の世界・面白い話のネタ―ロンドンにも「猫カフェ」・・のネコ達!

ネットのロイターのニュースからで、「猫カフェ」がロンドンでもオープンという話で、早速ネコたちを“ladydinahs.com”から紹介です。

『ロンドンにも「猫カフェ」オープン、6月まで予約満杯の人気ぶり

[ロンドン 28日 ロイター] -猫愛好家らの癒やしの場として日本などで人気の「猫カフェ」。そのカフェがロンドンにもオープンし、6月まで予約が埋まるほどの盛況ぶりだ。

ロンドンの金融街のはずれに3月1日にオープンしたのは、「Lady Dinah's CatEmporium」。共同オーナーのアンナ・コーガンさんは、「猫に囲まれながらランチやお茶を楽しむのがコンセプト。運が良ければ、膝の上で猫が寝てくれることもある」と話した。

同店ではオンライン予約を行っているが、受け付け開始から数時間で3000以上の予約が入り、システムが一時停止してしまう事態になった。入場料は5ポンド(約850円)で、2時間滞在可能だという。

店のネコ達を載せますが、紹介文は英語を適当に翻訳なので、「間違いは、ごめんなさい・・」です。

女王蜂のようなMue、店の11匹の猫のうちの7匹、ビスケット、インディアナ、ロミオ、ドニー、アルテミス、カルボナーラとペトラのお母さんです。最初は、少しよそよそしいですが、お茶目なところがあります。

01_3 

ビスケットは、愛らしい、上品な女の子です。 彼女は少し内気ですが、興味を示す何かをあなたが持っているとき非常に見つめ、近づいて来ます。 紐など、追いかけることが出来るものが好きで、目の前にぶら下げ、走ってあげると彼女はあなたを追いかけるでしょう。

00 

インディアナは男の子で最も大きく、非常に穏やかな性質。飛ぶおもちゃに目がありません。あまり居眠りしませんが、一端、うたた寝すると、耳から耳まで微笑むのを見ることが出来ます。 彼の気持ちを考えずにかわいがろうとし続けると、あなたの手の下からこそこそ逃げてしまいます。 彼は、遊ぶことが好きな男の子で、人にすり寄るのが好きなだけです。

02_2 

ロミオは、穏やかな心を持っていますが、 気が弱いのでグループの他の男の子に同調して、大きい音に圧倒されて狼狽するので、かえって子供たちを怖がらせることがあります。 彼は、店にある暖かいラップトップの上に座ることを神聖な義務と考えています。あなたと知り合いで、店が時々大騒ぎになると、ひざにとび乗って来ることがあります。そのときの彼は非常に優しいのです。

03_2 

ドニーは店の中、11匹のネコのボスです。そして、彼は我々みんなにそれを周知したいのです。小さな赤茶色ライオンのようにぶらつき、我々に時々いいところを見せようと、強烈にニャーと鳴いています。 彼が望む何かを得たとき、ドニーは時々ボールを取ってきて、うなります。彼は、「より、ネコらしいネコ」という言葉が似合うネコです。

04_2 

アルテミスは、店の女王をお母さんに持つメスの子猫です。 彼女はほんのわずかな浮気者で、ふくらんで、優雅な尻尾を振りながらカフェを颯爽と歩くのが好きです。 彼女は、迎えに行かれるのが嫌いで、彼女は整った姿をものすごく自慢していて、しばしば、ネコ用の道を散歩しているのを見ることができます。

05_2 

カルボナーラは素晴らしく詮索好きな少女ですが、非常に怖がりです。 彼女は、他の女の子よりも誰かのひざに乗ることが多く、うたた寝するのが好きです。時々遊具の上を飛ぶのが好きで、首尾よく行くとカン高い声で鳴きます。彼女の大好きな場所は、正面のウインドウの台に座ることです。

06 

ペトラの見た目は最も王女似で、常に猫階段や活動棚、台と車輪など、新しい何かをためす最初のネコです。 彼女は非常に恐れを知らなくて、ドアフレームや棚で遊ぶのが好きです。 ペトラはかわいがられるのが必ずしも好きでありませんが、なめらかなブラシングが好きで、それは彼女の友達となる良い方法です。彼女は最初にあなたを知っているということが好きになるポイントで、彼女は伝統的な女の子なのです。

07 

ウォーキィーは、猫カフェのために採用した猫の1匹です。 半分のパーシアン、半分のぶちネコ、で意外にハンサムです。 彼は、非常に気楽な個性を持つ大物の眠り屋で、 全く怠惰で人に合うのです。そして、彼は動揺するとき、非常に明敏なコミュニケータで、それを知らせて大変な場面を引き起こさないようにします。緊張した目を投げかけて来るので、直ぐに分かるのです。

08 

ロキとアダムスキーは小さい双子の兄弟で、エネルギーでいっぱいです。 彼らは、グループに入って3ヵ月で最も若いのです。 ロキはトラブルを始めるのを好みます。アダムはトップクラスのひざ猫です。そして、少しのうたた寝のためにどんなひざでも、警戒しながら利用するのが好きです。彼らを抱擁しようと思えば、その前に彼らがあなたを少し知っているのが条件です。すべての他の猫のように、準備が必要ですが2人の男の子は非常に優しいです。

09 

店の場所

10 

11 

|

« 私の世界・面白い話のネタ―ネコ物語・「たまらん顔・・のネコ!?」 | トップページ | 騙されてはいけない980―今起こっている福島原発事故・「モニタリングポストデータと実効線量の最大地点」 »

ペット」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

面白話・話のネタ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 私の世界・面白い話のネタ―ロンドンにも「猫カフェ」・・のネコ達!:

« 私の世界・面白い話のネタ―ネコ物語・「たまらん顔・・のネコ!?」 | トップページ | 騙されてはいけない980―今起こっている福島原発事故・「モニタリングポストデータと実効線量の最大地点」 »