« 騙されてはいけない1028―今起こっている福島原発事故・「地下水バイパス排水ポイントとサンプリング地点!?」 | トップページ | 騙されてはいけない1030―今起こっている福島原発事故・「南北放水口付近の海水中セシウム濃度の上昇について!?」 »

2014年5月25日 (日)

騙されてはいけない1029―今起こっている福島原発事故・「B・C付替排水路の最終排出先」

東電のHPにある「福島第一原子力発電所1~4号機の廃炉措置等に向けた中長期ロードマップ」の「廃炉・汚染水対策現地調整会議:2014519日(第9回)」の「【資料2】現地調整会議で提示された課題への対応の検討状況」における「B・C付替排水路の最終排出先(1~4号取水路開渠内・東波除堤前)の決定について」からです。

BとCの付替排水路の最終的な排出先を“1~4号取水路開渠内”か“東波除堤前”のどちらにっするか? と言う話ですが、「非常時(高濃度汚染水の流出)を想定した場合、1~4号機取水路開渠内から排水した方が、港湾口への汚染水の拡散を遅らせることができるとともに、放射性濃度の上昇を抑制することができる」などと、変なことを言っています。

高濃度汚染水の流出をあるかもしれない? という、前提にしているような言辞です。

それと、「汚染水の拡散を遅らせることができる・・」というのも変で、放射能汚染は遅らせたからと言って(半減期に関わる10年~1万年というなら別ですが)ほとんど無意味? というか、有効な対策はありません。

「放射性濃度の上昇を抑制することができる」ので、みんなに「漏れた!・・」を直ぐ言わなくてすむだけです。港湾内を除染するというなら、外海の太平洋も考えなければなりません。

説明の図は分かりやすいようにマップを付けています。

Photo 

01 

|

« 騙されてはいけない1028―今起こっている福島原発事故・「地下水バイパス排水ポイントとサンプリング地点!?」 | トップページ | 騙されてはいけない1030―今起こっている福島原発事故・「南北放水口付近の海水中セシウム濃度の上昇について!?」 »

震災・原発事故」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 騙されてはいけない1029―今起こっている福島原発事故・「B・C付替排水路の最終排出先」:

« 騙されてはいけない1028―今起こっている福島原発事故・「地下水バイパス排水ポイントとサンプリング地点!?」 | トップページ | 騙されてはいけない1030―今起こっている福島原発事故・「南北放水口付近の海水中セシウム濃度の上昇について!?」 »