« 騙されてはいけない1034―今起こっている福島原発事故・「2ー3号機取水口間の下部透水層(No.2-4)の水質調査状況」 | トップページ | 騙されてはいけない1035―今起こっている福島原発事故・「福島県漁連組合長会議説明資料」について »

2014年5月29日 (木)

私の世界・面白い話のネタ―ネコ物語、「猫で、より良くなる絵画?・・のネコ!?」

ネットのBBCの“Entertainment & Arts”の「猫で、より良くなる絵画」:“The paintings 'made better with cats'”の写真(絵画)集から翻訳(少し)して選択・編集です。

ロシアの女性画家のスヴェトラーナ・ペトロワは、彼女の飼っている太っちょ猫の肖像と有名画のコラボをデジタル技術で描いて、ネットで有名になったのだそうです。

素敵な顔のザラツシュトラ

01 

彼女は2008年に母を失いましたが、母は飼い猫のザラツシュトラを残しました。『母が彼を甘やかすので、ザラツシュトラはとても太く、私はどうすることもできないのです』と彼女は話します。

彼女は母の死後、恐ろしく鬱になり落ち込んでしまいました、そして2年の間、創造的な何かをすることが出来なかったのです。

あるとき、『猫のザラツシュトラがとてもおかしいの、あなたの猫を使って芸術作品を作ってみない・・?』と友人が彼女に言います。それで一緒に、猫の劇場ショーという仕事を始め、コスチュームを作りました。

02 

『ザラツシュトラはポーズをとるのが好きで、本当に知的な猫です。誰かと話す風情で、彼はあおむけに横になって、見慣れない顔を作るのが好きなのです。彼の写真を撮り始めて、絵に挿入しました。・・』ということです。

03 

05 

後ろの方は、少し略! ですが、好きな人はBBCの後で発見したサイト

http://fatcatart.ru/?lang=en で見てください。決して、怪しいサイトではありません。というと、“怪しそう”で困るのですが。

ものすごく沢山ある中で、一番気に入った、ものがこれです。

06 

|

« 騙されてはいけない1034―今起こっている福島原発事故・「2ー3号機取水口間の下部透水層(No.2-4)の水質調査状況」 | トップページ | 騙されてはいけない1035―今起こっている福島原発事故・「福島県漁連組合長会議説明資料」について »

ペット」カテゴリの記事

面白話・話のネタ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 私の世界・面白い話のネタ―ネコ物語、「猫で、より良くなる絵画?・・のネコ!?」:

« 騙されてはいけない1034―今起こっている福島原発事故・「2ー3号機取水口間の下部透水層(No.2-4)の水質調査状況」 | トップページ | 騙されてはいけない1035―今起こっている福島原発事故・「福島県漁連組合長会議説明資料」について »