« 騙されてはいけない1024―今起こっている福島原発事故・連鎖的悪循環の始まり、移送配管の放射線量!? | トップページ | 騙されてはいけない1025―今起こっている福島原発事故・N14の再調査でトリチウム8,900Bq/L、分析の過程で放射性物質の混入なし!? »

2014年5月19日 (月)

私の世界・面白い話のネタ―「ボブという名前の野良猫が大道芸人を救った方法」

BBCのニュース写真から、以前「赤猫ボブとジェームズ・ボーエンの感動的な物語」で紹介したボブとジェームズが、BBCのTV番組のアンドリュー・マー・ショーに出演したという話で、「ボブという名前の野良猫が大道芸人を救った方法」:“How street cat named Bob saved busker”という題です。

02 

BBCには、『赤茶色の雄猫が彼の人生に加わったとき、大道芸人ジェームズ・ボーエンには家がありませんでした。それ以来、ありそうもない野良猫のボブとの友好に関する彼の本は、700,000部以上を売って、20以上の言語に翻訳されました』とあります。なんと、牝と言っていたボブは雄? というか、名前がボブで変とは思ったのですが、「道連れは女の子」と決めてしまってたのです。確かに、メスという文を見たはずなのですが?

03 

テレビ出演の動画からですが、少し嫌な感じです。思い過ごしであればいいのですが・・。ボブの健闘を祈ります。

01 

よく考えるとBBCの「ボブという名前の野良猫が大道芸人を救った方法」は粋な表題をつけています。

|

« 騙されてはいけない1024―今起こっている福島原発事故・連鎖的悪循環の始まり、移送配管の放射線量!? | トップページ | 騙されてはいけない1025―今起こっている福島原発事故・N14の再調査でトリチウム8,900Bq/L、分析の過程で放射性物質の混入なし!? »

ペット」カテゴリの記事

面白話・話のネタ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 私の世界・面白い話のネタ―「ボブという名前の野良猫が大道芸人を救った方法」:

« 騙されてはいけない1024―今起こっている福島原発事故・連鎖的悪循環の始まり、移送配管の放射線量!? | トップページ | 騙されてはいけない1025―今起こっている福島原発事故・N14の再調査でトリチウム8,900Bq/L、分析の過程で放射性物質の混入なし!? »