« 私の世界・知らない世界―「中国の山を削ることによる危険性」 | トップページ | 私の世界・知らない世界―『「100年に一度」咲く植物、米カリフォルニア大学で開花』って!? »

2014年6月 7日 (土)

騙されてはいけない1043―今起こっている福島原発事故・「4,000トンノッチタンク群の2つから、堰内への汚染水漏れ」(続々報)

東電の66日の記者会見配布資料の「福島第一原子力発電所 4,000トンノッチタンク群からの水の漏えいについて(その2)」からです。

一昨日の『騙されてはいけない1041・・・「4,000トンノッチタンク群の2つから、堰内への汚染水漏れ」(続報)』で「汚染水は堰外へ流れでているかも知れない」と言いましたが、東電も「6月3日の線量測定結果に加え、排水弁周辺から測定範囲を拡大して線量測定を実施(6月4日)したところ、排水弁から約40m先まで連続的に0.0040.028mSv/hの範囲で線量があることを確認。このことから、ノッチタンク群堰外側へ漏えいしたと判断」と堰外の漏れを認めてその放射線量調査の状況説明です。

土壌回収をするようで大変ですが、漏えい量について蒸発散のことが配慮されていません。

普通の蒸発散量は水田の場合に1日68mm程度といわれています。滴下した、1日に約22L程度の漏れでは、40㎡程度に広がれば1日で乾くものです。道路にバケツで水を撒く程度のことと考えれば想像がつきます。

それが堰内から、堰外へ流れ出て行くのは、多量に降った雨水が乾いて付着している放射性物質を運ぶ以外にありません。

それと状況の説明から考えると汚染水漏れは、降雨でノッチタンクからオーバー・フローしたものもあると考えるべきです。

「漏えい量について」の総放射能量の簡単な算定は、そのようなことが、配慮されているとは思えないものです。

01_3   

02_2   

|

« 私の世界・知らない世界―「中国の山を削ることによる危険性」 | トップページ | 私の世界・知らない世界―『「100年に一度」咲く植物、米カリフォルニア大学で開花』って!? »

震災・原発事故」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 騙されてはいけない1043―今起こっている福島原発事故・「4,000トンノッチタンク群の2つから、堰内への汚染水漏れ」(続々報):

« 私の世界・知らない世界―「中国の山を削ることによる危険性」 | トップページ | 私の世界・知らない世界―『「100年に一度」咲く植物、米カリフォルニア大学で開花』って!? »