« 私の世界・知らない世界―ロシアのパイプラインの基、「北極(Arctic)パイプライン」!? | トップページ | 私の世界・面白い話のネタ―ネコ物語・「“Ships Cat”:船が住みか!?・・のネコ」 »

2014年6月21日 (土)

騙されてはいけない1056―今起こっている福島原発事故・「全β値の“数え落とし問題”、1年近く後から補正版!?」

東電の620日の記者会見配布資料「福島第一港湾内、放水口付近、護岸の詳細分析結果(全β補正版)」と19日の「福島第一港湾内、放水口付近、護岸の詳細分析結果」からです。

東電は以下のような、「全β補正版」なる報告を出して来ています。記者会見に出たわけではないので正確な意味が不明ですが、普通に毎日公表している表の下に注として、「濁土高のため参考値(ろ過処理後に測定を実施)」と言う文言があります。

また、「計測条件1000cpm未満での再分析結果」としていますが、確か『高濃度の全ベータ放射能の試料を計測すると、計測器の特性から「数え落とし」の発生』という“全βの数え落とし”問題がありました。

それを今頃、1年近く後に出しているのでです。

量が多いので参考ですが、「福島第一港湾内、放水口付近、護岸の詳細分析結果(全β補正版)」の1ページ目、75日(去年)の地下水観測孔No.1-1No.1-2の修正値の表です。

19日の同じ最高値の値を見れば、No.1-2は全β90Bq/L680Bq/Lとなります。

<記者会見配布資料>

・福島第一原子力発電所構内H5エリアのタンクにおける水漏れに関するサンプリング結果(全β補正版)

・福島第一原子力発電所構内H4エリアのタンクにおける水漏れに関するサンプリング結果(全β補正版)

・福島第一2,3号機海側配管トレンチ滞留水分析結果(全β補正版)

・地下貯水槽関連分析結果(全β補正版)

・福島第一港湾内、放水口付近、護岸の詳細分析結果(全β補正版)

Photo_2 

|

« 私の世界・知らない世界―ロシアのパイプラインの基、「北極(Arctic)パイプライン」!? | トップページ | 私の世界・面白い話のネタ―ネコ物語・「“Ships Cat”:船が住みか!?・・のネコ」 »

震災・原発事故」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 騙されてはいけない1056―今起こっている福島原発事故・「全β値の“数え落とし問題”、1年近く後から補正版!?」:

« 私の世界・知らない世界―ロシアのパイプラインの基、「北極(Arctic)パイプライン」!? | トップページ | 私の世界・面白い話のネタ―ネコ物語・「“Ships Cat”:船が住みか!?・・のネコ」 »