« 騙されてはいけない1056―今起こっている福島原発事故・「全β値の“数え落とし問題”、1年近く後から補正版!?」 | トップページ | 騙されてはいけない1057―今起こっている福島原発事故・「3号機原子炉建屋1階の建屋内除染の開始」 »

2014年6月21日 (土)

私の世界・面白い話のネタ―ネコ物語・「“Ships Cat”:船が住みか!?・・のネコ」

ネットの“englishrussia.com”の “A Few Photos From The Er Twitter”からロシアの原子力戦艦「Pjotr ​​Velikij」に住む”Ships Cat“のネコです。

ロシアの原子力戦艦の変なネコ(ネコの上カットは、そのママです)

Photo_3 

あらゆる長い航海をする船において、ネズ類はロープや電気配線に損傷を引き起こし、乗組員を養うための食料を食べ、かつ疾患の原因となる病原菌のキャリア(例えば酷いものはペスト)となり、長い間船という狭い空間に一緒は本当に好ましくない生き物です。

その対策が古代から行われている”Ships Cat“、船のペットとしてネズミの天敵のネコを飼うということです。

そして、ネコは長い航海で家族と離れた船員達のストレスを和らげ、安らぎを与えるという効果もあるのです。

少し前に、「猫がとても好きなサー·ウィンストン·チャーチル」を紹介しましたが、戦艦プリンス・オブ・ウェールズの”Ships Cat“との艦上の出会いです。

戦艦のShips Catとチャーチル(以下、写真は英語のウィキより)

Photo_4 

第一次大戦時のオーストラリア海軍の軍艦“HMAS Encounter”のネコです。

02_2 

イギリスの軍艦“HMS Hermione”のハンモックの特別ベッドのネコ。

03 

以前、紹介していますがアーネスト・シャクルトンの南極探検隊もチッピーというShips Cat“を連れていました。

01 

|

« 騙されてはいけない1056―今起こっている福島原発事故・「全β値の“数え落とし問題”、1年近く後から補正版!?」 | トップページ | 騙されてはいけない1057―今起こっている福島原発事故・「3号機原子炉建屋1階の建屋内除染の開始」 »

ペット」カテゴリの記事

面白話・話のネタ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 私の世界・面白い話のネタ―ネコ物語・「“Ships Cat”:船が住みか!?・・のネコ」:

« 騙されてはいけない1056―今起こっている福島原発事故・「全β値の“数え落とし問題”、1年近く後から補正版!?」 | トップページ | 騙されてはいけない1057―今起こっている福島原発事故・「3号機原子炉建屋1階の建屋内除染の開始」 »