« 騙されてはいけない1068―今起こっている福島原発事故・「2,3号機海水配管トレンチ建屋接続部止水工事の進捗状況」 | トップページ | 騙されてはいけない1070―今起こっている福島原発事故・「地下水バイパス揚水井 分析結果!?」 »

2014年7月 8日 (火)

騙されてはいけない1069―今起こっている福島原発事故・「福島第一原発5号機の配管から水漏れ・・」とNHK!?

東電の77日の記者会見配布資料と「福島第一原子力発電所5号機 補機冷却海水系停止に伴う使用済燃料プールの冷却停止について」、ネットの76日のNHKニュースからです。

NHKの「福島第一原発5号機の配管から水漏れ」の報道について、東電は「福島第一原子力発電所5号機補機冷却海水系停止に伴う使用済燃料プールの冷却停止」を報告しています。

以下はその報告ですが、ピンクの楕円で囲んだところは、分かりやすいように加工しています。

502 

3mmの穴程度のもので、鉄などの金属管なら溶接で補修すれば良いと思うのですが、硬化剤(接着剤みたいなもの)を塗って、蒲鉾板様の木の板をベルトで締めて止めるというもので、何か変な? その場しのぎで、恒久的とは思えない補修です。それとも、今の技術では、約3mm程度の穴は硬化剤が固まるとそれで十分なのでしょうか?・・と書いて、写真・動画集の表題を見る「硬化剤による仮補修②」とあります。「仮補修・・」だそうです。

補修されたところ(写真・動画集から仮修復写真②)

501_2   

<東電の報告>

H26//6 11:10 頃 5号機補機冷却海水系*配管の弁付近より海水が漏えいしていることを、パトロール中の当社社員が発見。海水の漏えい箇所の特定等を行うため、準備が出来次第、補機冷却海水系を停止するが、これにより、使用済燃料プールの冷却も停止する。7/6 12:00 現在の使用済燃料プール水の温度は23℃で、冷却停止時における温度上昇は1時間あたり0.193℃となり、運転上の制限値65℃を超えるまでには約9日間の余裕がある。なお、原子炉の冷却は別系統で行っており、補機冷却海水系を停止後も、現時点で冷却に影響はない。

*原子炉やタービンで使用する冷却水を冷やすための海水

13:10 使用済燃料プールの冷却を停止。冷却停止時の使用済燃料プール水温度は23.0℃。同日13:17 に当該補機冷却海水系を停止し、現場の状況を確認したところ、13:34 に海水の漏えいが停止したことを確認。念のため、漏えい水のサンプリングを行ったところ、塩素濃度が16,000ppm、全ガンマ放射能濃度が検出限界値未満であったことから、漏えいした水は海水であると判断。今後、漏えい箇所の特定等を行っていく。その後、漏えい状況を確認したところ、補機冷却海水系出口配管に設置してある流量調整用の弁本体に、直径約3mmの孔が1箇所開いていることを確認。今後、当該箇所の修理方法を検討する。また、5号機原子炉建屋内の海水の漏えい状況を確認したところ、以下のような状況から、漏えい量は合計約1,310 リットルと推定。

・原子炉建屋1階 :約2m×約3m×深さ約5mm(約30 リットル)

・原子炉建屋中地下階:約10m×約8m×深さ約10mm(約800 リットル)

・原子炉建屋地下階 :約10m×約3m×深さ約1mm(約30 リットル)

・原子炉建屋地下階 :(約6m×約3m×深さ約50mm)/2※(約450 リットル)

※水が溜まっている箇所が三角形のため1/2とした

なお、使用済燃料プール水温度は15:00 現在で23℃であり、運転上の制限値(65℃)を超えるまでには、約9日間の余裕がある。今後は、使用済燃料プール水温度を見ながら、残留熱除去系による原子炉停止時冷却運転(炉心冷却)と非常時熱負荷運転(使用済燃料プール冷却)を交互に切り替えることで、必要に応じて使用済燃料プールの冷却を行う予定。

『福島第一原発5号機 配管から水漏れ(761551分 NHKニュース)

冷温停止の状態になっている東京電力福島第一原子力発電所5号機で、使用済み燃料プールなどを冷やすための海水を送り込む配管から水漏れが見つかり、東京電力はこの冷却システムを止めて漏れた場所の特定や修理を行っています。原子炉の冷却には影響はなく、使用済み燃料も当面は安全だということです。

東京電力によりますと、6日午前11時すぎ、冷温停止の状態になっている福島第一原発5号機の原子炉建屋1階で、配管の弁付近から海水が漏れているのが見つかりました。

この海水は使用済み燃料プールやポンプなどに使う冷却水を冷やすために送り込まれているもので、東京電力ではこの冷却システムを止めて海水が漏れた場所の特定や修理を急いでいます。

この作業に伴って5号機では使用済み燃料の冷却ができなくなっていますが、東京電力では9日程度はこの状態でも安全は保てるとしています。

また、原子炉の冷却は別の系統で行っているため影響はないということで、使用済み燃料プールの冷却の復旧に時間がかかる場合は原子炉を冷やす系統で使用済み燃料プールを冷やすことも検討するとしています。

|

« 騙されてはいけない1068―今起こっている福島原発事故・「2,3号機海水配管トレンチ建屋接続部止水工事の進捗状況」 | トップページ | 騙されてはいけない1070―今起こっている福島原発事故・「地下水バイパス揚水井 分析結果!?」 »

震災・原発事故」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 騙されてはいけない1069―今起こっている福島原発事故・「福島第一原発5号機の配管から水漏れ・・」とNHK!?:

« 騙されてはいけない1068―今起こっている福島原発事故・「2,3号機海水配管トレンチ建屋接続部止水工事の進捗状況」 | トップページ | 騙されてはいけない1070―今起こっている福島原発事故・「地下水バイパス揚水井 分析結果!?」 »