« 私の世界・面白い話のネタ―「座礁したクルーズ客船、コスタ•コンコルディア号の最後の航海!?」 | トップページ | 私の世界・面白い話のネタ―ネコ物語・「世界で最も長生き競争・・のネコ、24才と28才!?」 »

2014年7月25日 (金)

騙されてはいけない1082―今起こっている福島原発事故・「2号機トレンチ凍結止水対策に氷の投入(試験的)!?」

電の724日の記者会見配布資料「2号機トレンチ凍結止水対策における氷の試験投入について」とネットのNHKニュースからです。

東電は、2号機トレンチ凍結止水対策において、“全体が凍って止水”ということがなかなか出来ず、形振り構っていられない!・・ というか、最後の手段に? 氷の投入(投入量:約2トン[約500kgの袋を4袋])をするようです。

いっそのこと、「塩を撒いたり、ドライアイスにすれば!?・・」と思うような対処です。

Photo 

「トレンチにコンクリートを流し込んで埋めたほうが効果的・・」という指摘は当然で、設備の維持管理も不必要だし、余震による停止(電源・配管の破損)の心配もありません。

東電が何故凍結に拘るのか? も不思議なことです。

『汚染水を凍らせ止水 追加対策実施へ7231158分 NHKニュース)

1号機 4号機 東京電力福島第一原子力発電所で、地下のトンネルに流れ込んだ汚染水を凍らせて止水する工事が3か月近く過ぎても難航していることから、東京電力は水を凍らせる装置を増やすなどとする対策を原子力規制委員会に示しました。

しかし、想定の甘さなどを指摘する意見が相次ぎ、規制委員会では今後、対策の効果を検証することにしています

福島第一原発では、「トレンチ」と呼ばれる地下のトンネルに高濃度の汚染水が流れ込み、地下水と混ざって海に流れ出しているとみられることから、東京電力は汚染水を凍らせて止水する計画ですが、3か月近くが過ぎた現在も十分に凍らず、原子力規制委員会から抜本的な対策を求められていました。

23日に東京電力が示した対策では、僅かな汚染水の流れが凍結を妨げているとしたうえで、来月下旬までにトレンチの内側と外側に「凍結管」と呼ばれる水を凍らせる装置を追加したり氷を入れたりするほか、隙間を土のうで埋めるなどとしています。

これに対して出席した専門家からは冷却効果の想定が甘いとする指摘が相次いだほか、「汚染水を凍らせるのではなくトレンチにコンクリートを流し込んで埋めたほうが効果的ではないか」と工事の実効性を疑問視する意見も出ましたが、規制委員会の更田豊志委員は、対策は急を要するとして「冷却能力に余裕を持たせて確実に凍らせてほしい」と迅速に対応するよう指示しました。

そのうえで、今後対策の効果を検証し、効果が現れなければ追加の対策を求めていくことにしています。

福島第一原発では、これとは別に建屋への地下水の流入を防ぐため1号機から4号機の周りの地盤を凍らせる「凍土壁」の建設が進められていますが、トレンチを横切るように設けられることから、トレンチの汚染水対策に時間がかかれば凍土壁の建設に影響するおそれが指摘されています。

|

« 私の世界・面白い話のネタ―「座礁したクルーズ客船、コスタ•コンコルディア号の最後の航海!?」 | トップページ | 私の世界・面白い話のネタ―ネコ物語・「世界で最も長生き競争・・のネコ、24才と28才!?」 »

震災・原発事故」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 騙されてはいけない1082―今起こっている福島原発事故・「2号機トレンチ凍結止水対策に氷の投入(試験的)!?」:

« 私の世界・面白い話のネタ―「座礁したクルーズ客船、コスタ•コンコルディア号の最後の航海!?」 | トップページ | 私の世界・面白い話のネタ―ネコ物語・「世界で最も長生き競争・・のネコ、24才と28才!?」 »