« 私の世界・知らない世界―防衛白書、緊張高まる日中関係!? | トップページ | 私の世界・面白い話のネタ―ネコ物語・「ネコ科・・のネコ!?」 »

2014年10月14日 (火)

騙されてはいけない1149―今起こっている福島原発事故・「豪雨で上昇? 地下水観測孔№1-6の全β780万Bq/L!?」

東電の1013日の記者会見配布資料「福島第一港湾内、放水口付近、護岸の詳細分析結果(その2)」からです。

一昨日、「豪雨で上昇? の観測孔の放射性物質濃度!?」を報告しましたが、昨日の台風の豪雨の影響なのか、地下水観測孔№1-6の分析結果は、セシウム134(半減期2.065年)が61,00017,0009日)Bq/Lやセシウム137(半減期30.1年)が190,00051,0009日)Bq/L、マンガン54Mn-54:半減期約310日)が700ND9日)Bq/L、コバルト60Co-60:半減期5.27年)が3,6002,1009日)Bq/L、全βが780万(210万:9日)Bq/Lと、また過去最高値を更新し、桁違いに近い高い値で、かつマンガン54まで検出されています。

H4bb 

以下の地下水観測孔№1-6位置図と降雨と地下水位の図は一昨日に掲載したもので、特に降雨や地下水位はあくまでも参考で、今回(13日)のものではありません。

H4aa 

話の続き:テレビなどの報道では、台風19号のため福島第一の原子炉建屋にも雨水が相当流入したようです。まだ、どの程度か東電は「把握できていない・・」と言っているようですが、「1号機は運悪く屋根のパネル(カバー)解体工事・・では!?」と思ったのですが、念のために調べると、ネットのSankeiiz1011日に「東京電力福島第1原発事故の水素爆発で大破した1号機を覆っている建屋カバーについて、東電は、予定が大幅に遅れていた解体作業を今月下旬にも開始することが10日、関係者への取材で分かった。カバー解体後、建屋内に残るがれきを撤去する」と報道しています。遅れたのは不幸中の幸い? かも知れません。

以下の、“建屋カバー解体について”は東電のHPの「福島第一原子力発電所1号機の現状(20131217日更新)」からです。

H4cc

|

« 私の世界・知らない世界―防衛白書、緊張高まる日中関係!? | トップページ | 私の世界・面白い話のネタ―ネコ物語・「ネコ科・・のネコ!?」 »

震災・原発事故」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 騙されてはいけない1149―今起こっている福島原発事故・「豪雨で上昇? 地下水観測孔№1-6の全β780万Bq/L!?」:

« 私の世界・知らない世界―防衛白書、緊張高まる日中関係!? | トップページ | 私の世界・面白い話のネタ―ネコ物語・「ネコ科・・のネコ!?」 »