« 私の世界・面白い話のネタ―ネコ物語・「1万4千キロも旅をした・・ネコ、キティー!?」 | トップページ | 私の世界・面白い話のネタ―「珍しい新婚旅行の素敵な? 泊まるところ!?」 »

2014年10月26日 (日)

騙されてはいけない1158―今起こっている福島原発事故・「セシウムが46万Bq/L(22日)のサブドレンNo.19の場所!?」

東電の1025日の「福島第一原子力発電所2号機建屋周辺地下水分析結果」とネットのNHKニュースからです。

昨日に言った『騙されてはいけない1157・・・「サブドレンNo.19セシウムが425Bq/L!?」』について、フォローの報告です。記事の中で、「サブドレンの場所が分からない?・・」とボヤイテいたから? ではないと思いますが、東電はそれが分かる図面を親切に提示してくれています。

Photo 

また、24日にサンプリングのサブドレンの地下水分析結果を報告ですが、22日のNo.19のセシウム13410,000Bq/L、セシウム137360,000Bq/L、セシウム合計が46万Bq/Lに比較すると驚くほど低い濃度になっています。

注)昨日、23日のNo.19のセシウム13495,000Bq/L、セシウム137330,000Bq/Lで、セシウム合計が425Bq/Lと言っていますが、22日の方が高いのを見落としていました。(ゴメンナサイ)

昨日の再掲

Aa 

24日の分析結果はNo.18の方が高いのですが、セシウム1341,200Bq/L、セシウム1374,000Bq/LNo.19はセシウム134120Bq/L、セシウム137350Bq/Lで、何かの間違いでは? と言いたくなるほどの低い値です。

どうしたらそうなるのか? 考えても、濃度が薄まって低くなるには膨大な真水、1㎥の汚染水で1千トン近くの非汚染水が必要です。また、全てが“何処かに流れ出た”というのも考えられない現象で、東電は“汲み上げを止め”ているのですが?

また、No.19の場所がNo.20の直ぐ側(地下水観測孔№1-6周辺の可能性もいいましたが違いました)であるのに、No.20が低くかったのも変なことです。

『福島第一原発の井戸から高濃度放射性セシウム(1025810分 NHKニュース)

東京電力福島第一原子力発電所の「サブドレン」と呼ばれる井戸のうちの2か所で、地下水から1リットル当たり40万ベクレルを超える高濃度の放射性セシウムが検出されました。これまでで最も高かった値の800倍から900倍に上り、東京電力はこれらの井戸からの地下水のくみ上げを停止して原因を調べています。

高濃度の放射性セシウムが検出されたのは、福島第一原発の建屋の周囲にある「サブドレン」と呼ばれる40か所の井戸のうち、2号機の原子炉建屋から数メートル西側にある2か所です。これらの2つの井戸で今月22日に採取した地下水から、放射性セシウムがそれぞれ1リットル当たり46万ベクレルと42万4000ベクレルという高い濃度で検出されました。

これらの値は、これまでで最も高かった1リットル当たり500ベクレルの800倍から900倍に上っています。東京電力は台風の影響の可能性も考えられるとしていますが原因は分からないとして、25日からこの2か所の井戸からの地下水のくみ上げを停止するとしています。「サブドレン」からの地下水のくみ上げは、ことし8月から試験的に始まり、先週18日から本格的に開始していました。

東京電力は増え続ける汚染水対策の一環としてくみ上げた地下水を浄化して海に放出する計画ですが、地元の反発が強く放出のめどは立っていません。

|

« 私の世界・面白い話のネタ―ネコ物語・「1万4千キロも旅をした・・ネコ、キティー!?」 | トップページ | 私の世界・面白い話のネタ―「珍しい新婚旅行の素敵な? 泊まるところ!?」 »

震災・原発事故」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 騙されてはいけない1158―今起こっている福島原発事故・「セシウムが46万Bq/L(22日)のサブドレンNo.19の場所!?」:

« 私の世界・面白い話のネタ―ネコ物語・「1万4千キロも旅をした・・ネコ、キティー!?」 | トップページ | 私の世界・面白い話のネタ―「珍しい新婚旅行の素敵な? 泊まるところ!?」 »