« 私の世界・知らない世界―イラン、プーシェフル原子力発電所!? | トップページ | 私の世界・面白い話のネタ―赤ちゃんは“抱っこ”や“おんぶ”すると、「泣き止む・・」!? »

2014年10月20日 (月)

私の世界・面白い話のネタ―ネコ物語・「一人、普通にバスに乗る? ・・ネコ!?」

ネットの“purr-n-fur.org.uk”の“Cats' Adventures & Travels”、“Public Transport Buses”からネコ物語、「一人、普通にバスに乗る? ・・ネコ!?」ですが、今回はネットの“Mail Online”(dailymail.co.uk)にもバス・ネコのドジャースが紹介(写真・動画)されているので両方から、いつものように適当に翻訳と選択・編集です。

08 

「巧みなペテン師(ドジャース):“Artful Dodger”」という、イギリス南部の西ドーセットのブリッドポートの町に住む赤茶色(ジンジャー色?)の高齢(15歳)のオスネコ、ドジャースの話です。

ドジャースは2011年の後半に「ローカルバスにネコが乗っている!・・」とネットで話題になったのですが、ローカルバスの利用客や運転手の間では、よく知られた存在で、町から最大で10マイル(16km)の距離の往復をバス利用していることが判明したのです。

02 

彼の住処はバス・ステーションの前にあるのですが、そこは飼い主が1年前に移り住んだ所で、ジンジャーは前の居住地に毎日通い、毎晩バスに乗ってお家に帰って来るのです。

03 

05

どのようにして「バスを利用」を思いついた? かは不明ですが、彼はバスが暖かい場所で、時々乗客からサンドイッチやポークパイのお相伴に預かることを知り、気に入っているのです。

ドジャースはバスの運転手さんと知り合いで、理解? を得て顔パス(ニャンコ・パスの無料)でバスに乗り、時々“おやつ”まで貰うのです。

01

何時頃バスが来るのか知っているのか、バスが来る時間になるとバス・ステーションで待ちます。ドジャースは乗客に知られて人気者になり、気に入った人の膝上で寝ることもあって、ひと時の旅を楽しむのです。

04 

07 

ドジャースの名声はインターネットを介して広がり、ラジオ、テレビやチャットマガジンで紹介されましたが、悲しいことにそれは続かず、病気になって胃の手術不能の腫瘍(癌)が分かり、2012年早くに天国へ召されました。

|

« 私の世界・知らない世界―イラン、プーシェフル原子力発電所!? | トップページ | 私の世界・面白い話のネタ―赤ちゃんは“抱っこ”や“おんぶ”すると、「泣き止む・・」!? »

ペット」カテゴリの記事

面白話・話のネタ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 私の世界・面白い話のネタ―ネコ物語・「一人、普通にバスに乗る? ・・ネコ!?」:

« 私の世界・知らない世界―イラン、プーシェフル原子力発電所!? | トップページ | 私の世界・面白い話のネタ―赤ちゃんは“抱っこ”や“おんぶ”すると、「泣き止む・・」!? »