« 騙されてはいけない1145―今起こっている福島原発事故・「堰内雨水のモバイルRO膜装置処理水分析結果、トリチウム1400Bq/L!?」 | トップページ | 私の世界・知らない世界―スペイン、エラボ患者の愛犬を・・処分!? »

2014年10月 8日 (水)

私の世界・面白い話のネタ―「外へ出たネコはどこへ行くのか?」、“ネコの追跡調査”(その2)

以前に、ネットのナショナルジオグラフィック・ニュースの“ネコの追跡調査”の話を紹介しましたが、今回はイギリスの大学(王立)の調査・研究をBBCが紹介しているもので、特別に設計されたGPS追跡装置と超小型マイクロカメラを使い、数十匹のネコの行動について24時間の間(つまり、1日中)データを取っているというものです。

ネコの行動を調べた結果、面白いのはネコも互いの争いを避けるため、なるべく出会わないよう、「同じ場所に居る時間を分けている・・」という話です。

01_3 

ジンジャー(Ginger)、チップ(Chip)、ソーティ(Sooty)、オーランド(Orlando)、ハミー(Hermie)の5匹のネコの行動のレポートを適当に翻訳・編修です。

<ジンジャーの行動>

02_3 

年齢:510年、性別: オス、種類・色: 赤茶色の雄猫

性格:過敏でよそよそしいが、活発で訓練できる。 良質のハンター。 隣人の猫と近隣の獲物のために戦うことが知られる

歩き回ること: 家からほぼ200m600フィート以上)の範囲を歩き回って、およそ0.3ヘクタール(0.7エーカー)のテリトリーを持つ

餌食:大部分の日にカエル、鳥または小さな哺乳類を家に持ち帰る

専門家の見解:ジンジャーの歩き回りは、家からの範囲や距離に関する限り平均的なものですが、彼の特徴は他の猫の誰よりも活発であることです

<チップの行動>

03_2 

年齢:14年、性別:オス、種類・色: 短毛の白黒の猫

性格:活発で頑固、また親しみやすいく寛容で、訓練できる

歩き回ること: 他の家を訪問。 家からおよそ160m530フィート)の範囲で、約1.2ヘクタール(3エーカー)のテリトリーを持つ

餌食:週12回鳥または小さな哺乳類を家に持ち帰る

専門家の見解:チップは村の端に住み、10匹の猫の内3番目に広い歩き回る範囲を持ち、主に裏庭を通って家並みを旅する趣味があります。

<ソーティの行動>

04_2 

年齢:510年、性別:オス、種類・色:短毛の黒毛の猫、農場の猫

性格:フレンドリ、寛容、活発であるが、いくらかよそよそしく穏やか。争わない。 兄弟がいる

歩き回ること:家から186m600フィート)ほど歩き回り、ほぼ3ヘクタール(7エーカー)のテリトリーを持つ

餌食:家の庭の小さな哺乳類を1週につき2回ほど持ち帰る

専門家の見解:最も大きい範囲を歩き回る、水辺を訪れるのが好きで、次に農地にある木が好きでした。 彼の家は村の端にあり、田畑へ出入りする

<オーランドの行動>

05_2 

年齢:10年以上、性別:オス、種類・色:赤茶色の猫

性格:香港の野良ネコでした。晴れの日はキャットフードを拒否して、野生生物を捜すことを本分とします。寒い日が嫌いで、家族の周りで眠ります。“Clawdius”という家で飼っている別の猫と時々争います

歩き回ること:家から150m500フィート)を歩き回るが、2ヘクタール以上(5.5エーカー)のテリトリーを持つ

餌食:週に12回家の庭の小さな哺乳類を持ち帰る

専門家の見解:オーランドは『普通の』ハンターであるように見え、家を後に広々とした草原と森に旅行、田畑のある村の外も出入りする

<ハミーの行動>

06_2 

年齢:14年、性別:オス、種類・色:黒のショートヘア

性格:活発で頑固であるが、親しみやすく寛容で、訓練できる。全く珍しい両性具有者

歩き回ること:家からおよそ170m560フィート)歩き回り、他のどの猫よりも大きな地域の最高3.3ヘクタール(8エーカー)のテリトリーを持つ

餌食:週に12回鳥または小さな哺乳類を家に持ち帰る

専門家の見解:ハミーは雌雄同体の猫です。彼はこの地域の中で通常定期的に、非常に活発に行動した

|

« 騙されてはいけない1145―今起こっている福島原発事故・「堰内雨水のモバイルRO膜装置処理水分析結果、トリチウム1400Bq/L!?」 | トップページ | 私の世界・知らない世界―スペイン、エラボ患者の愛犬を・・処分!? »

ペット」カテゴリの記事

面白話・話のネタ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 私の世界・面白い話のネタ―「外へ出たネコはどこへ行くのか?」、“ネコの追跡調査”(その2):

« 騙されてはいけない1145―今起こっている福島原発事故・「堰内雨水のモバイルRO膜装置処理水分析結果、トリチウム1400Bq/L!?」 | トップページ | 私の世界・知らない世界―スペイン、エラボ患者の愛犬を・・処分!? »