« 私の世界・面白い話のネタ―ネコ物語・「“エイリアン”でシガニー•ウィーバーと共演・・のネコ!?」 | トップページ | 騙されてはいけない1208―今起こっている福島原発事故・「多核種除去設備の欠点を補う設備? O濃縮水処理設備の運転開始!?」 »

2015年1月13日 (火)

騙されてはいけない1207―今起こっている福島原発事故・「地下水観測孔No.1-12で過去最高値検出、コバルト60も!?」

東電の1月12日の「報道関係各位一斉メール」の「福島第一原子力発電所における港湾内海水のトリチウム測定結果について(続報115)」と記者会見配布資料「福島第一港湾内、放水口付近、護岸の詳細分析結果(その2)」からです。

東電は1月12日に「報道関係各位一斉メール」において「採取した地下水観測孔No.1-12の汲み上げ水については、セシウム134,セシウム137、コバルト60および全ベータの値が、前回値と比較して高く、過去最高値が検出」と報告しています。

112日の採取分について、セシウム134140 Bq/L、セシウム137470 Bq/L、コバルト60 1.9 Bq/L、全ベータ:15,000 Bq/Lと18日の採取分のセシウム1342.8 Bq/L、セシウム1377.8 Bq/L、コバルト60 :検出限界未満、全ベータ:260 Bq/Lと比較すると桁違いに高く、異常な値となっているものです。

なお、以下の「地下水分析結果(1~4号機護岸)(1/3)」の図(後ろにURLあり)は18日の採取分です。

01 

なお、コバルト60は医療用、工業用のガンマ線源として利用される有用な放射線源なのですが、その反面で身元不明の線源となったコバルト60が鉄屑に混入してリサイクルされ、一般人の被曝事故がしばしば起こるという問題があります。

コバルト60を収める容器(ウィキより)

Photo 

『福島第一原子力発電所における港湾内海水のトリチウム測定結果について(続報115

 福島第一原子力発電所1~4号機タービン建屋東側観測孔においてトリチウムおよびストロンチウムが高い値で検出されたことについて、その後の状況についての続報です。

 1月12日に採取した地下水観測孔No.1-12の汲み上げ水については、セシウム134,セシウム137、コバルト60および全ベータの値が、前回値と比較して高く、過去最高値が検出されましたので、お知らせいたします。

 <地下水観測孔No.1-12の測定結果:今回(112日)採取分>

  ・セシウム134   140 Bq/L

  ・セシウム137   470 Bq/L

  ・コバルト60 :  1.9 Bq/L

  ・全ベータ  :15,000 Bq/

 <参考:前回(18日)採取分>

  ・セシウム1342.8 Bq/L(お知らせ済み)

  ・セシウム1377.8 Bq/L(お知らせ済み)

  ・コバルト60 :検出限界未満

  ・全ベータ  :260 Bq/L(お知らせ済み)

 また、本日採取した他の観測孔の測定結果についても有意な変動は見られていません。

 明日(1月13日)、再度、本観測孔で採取するなど、今後も監視を継続いたします。

 なお、地下水観測孔No.1-12の位置する1・2号機取水口間では、海洋への流出防止を目的として、ウェルポイントにおける地下水の汲み上げを継続しています。

 サンプリングの結果については、当社ホームページに掲載しておりますので、ご参照願います。URL:http://www.tepco.co.jp/decommision/planaction/monitoring/index-j.html

<コバルト60

コバルトの同位体の一種である。放射性同位体であり、半減期は5.27年である。医療用、工業用のガンマ線源として利用される。コバルト59(普通のコバルト)の原子核が1個の中性子を捕獲することにより、コバルト60の原子核となる。ガンマ線源として利用されるコバルト60は、コバルト59に原子炉で中性子を照射することにより人工的に生産される。主な生産国はカナダである。

事故

身元不明線源となったコバルト60が鉄屑に混入してリサイクルされ、一般人が被曝する事故がしばしば起こっている。台湾では、コバルト60の混入した鉄屑から鉄筋が生産され、その鉄筋を使って建てられた台北市および周辺の鉄筋アパートの住民らが被曝したことが1992年に発覚した。約1万人が1983年以降に年平均20ミリシーベルト被曝し、平均累積線量は400ミリシーベルトであった。その後20年の調査で住民約1万人のがん死亡率が激減したことが報告されたが、台湾国立陽明大学による詳細な調査(2008年)では、がん発症の減少傾向は観察されなかった。タイでは、2000年に、廃品処理場にコバルト60が放置され、廃品処理場の作業員や近隣住民が被曝した。メキシコとアメリカ合衆国では、1983年から1984年にかけて、コバルト60を含む医療機器が盗まれてスクラップ業者に売り払われ、鋼材に再生される過程で、数千人以上が被曝した。2012年にはブリヂストンサイクルが販売した自転車の中国製前カゴから微量の放射線を検出。ステンレスに、コバルト60が混入されていることが分かり、リコールが行われた。(=ウィキペディア)

|

« 私の世界・面白い話のネタ―ネコ物語・「“エイリアン”でシガニー•ウィーバーと共演・・のネコ!?」 | トップページ | 騙されてはいけない1208―今起こっている福島原発事故・「多核種除去設備の欠点を補う設備? O濃縮水処理設備の運転開始!?」 »

震災・原発事故」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 騙されてはいけない1207―今起こっている福島原発事故・「地下水観測孔No.1-12で過去最高値検出、コバルト60も!?」:

« 私の世界・面白い話のネタ―ネコ物語・「“エイリアン”でシガニー•ウィーバーと共演・・のネコ!?」 | トップページ | 騙されてはいけない1208―今起こっている福島原発事故・「多核種除去設備の欠点を補う設備? O濃縮水処理設備の運転開始!?」 »