« 私の世界・知らない世界―全翼型戦闘爆撃機のホルテンHo229はステルス!? | トップページ | 騙されてはいけない1219―今起こっている福島原発事故・「H4タンクエリア観測孔E-1、全βの上昇!?」 »

2015年2月 3日 (火)

私の世界・知らない世界―ネコ物語・「よみがえり・・のネコ!?」

ネットのCNNのニュースと“humanesocietytampa.org”の「お墓から戻ってきた奇跡のネコ!」:“Miracle Cat Comes Back From The Grave”の写真集からネコ物語・「よみがえり・・のネコ!?」に相応しいものを適当に選択・編修です。

02 

「車にはねられ死んだと思われた猫が、埋葬された5日後に近所の家の庭に姿を現した・・」という驚くべき超奇跡で蘇ったネコ(オス)の“バート”の話しです。

このところ、厭な酷い話ばかりで“バート”の写真も「“酷い姿”なので、止めよかな?・・」とかなり躊躇しました。

01 

ただ、“良い眼”をした子なので、見てあげて下さい。私的にはホッとしますが、何か「お前ら、ええ加減にせんかぁー・・!」と怒っているようです。

00 

もっと詳しい写真や動画は以下のサイトにあります。見た目は酷くとも、生きて居ればこそ!・・ です。

http://humanesocietytampa.org/miracle-cat-comes-back-from-the-grave/

『死んだはずの猫、埋葬の5日後に「復活」 フロリダ

(CNN) 米フロリダ州タンパで車にはねられ死んだと思われた猫が、埋葬された5日後に近所の家の庭に姿を現す出来事があった。地元の動物愛護団体によると、27日に手術を受けて回復に向かっており、インターネットでは「ゾンビ猫」のニックネームで話題を振りまいている。

同州タンパベイの動物愛護団体ヒューメーン・ソサエティによると、オス猫の「バート」は先週、路上で血を流して横に倒れているのを飼い主のエリス・ハトソンさんが見つけた。呼んでも反応がなく、体は冷たくなっていて、顔にひどい傷を負っていたことから、ハトソンさんは死んでいると思い込み、近所の人の手を借りて自宅の庭に埋葬した。

ところがその5日後に、近所の家の庭を歩いているバートをその家の住人が見つけ、ハトソンさんに届けた。バートは自力で墓からはい出て来たとみられる。

ハトソンさんがヒューメーン・ソサエティに連れて来たバートは片目がつぶれて歩くことも難しく、脱水状態だった。それでも奇跡的に内臓に損傷はなく、27日に片方の眼球を摘出してあごをワイヤで固定する手術を受け、快方に向かっている。

これだけの重傷を負ってもバートは非常に人懐こく、人が来るとゴロゴロ喉を鳴らして甘えている。早ければ来週にも飼い主の元に戻れる見通しだという。

|

« 私の世界・知らない世界―全翼型戦闘爆撃機のホルテンHo229はステルス!? | トップページ | 騙されてはいけない1219―今起こっている福島原発事故・「H4タンクエリア観測孔E-1、全βの上昇!?」 »

ペット」カテゴリの記事

面白話・話のネタ」カテゴリの記事

知らない世界」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 私の世界・知らない世界―ネコ物語・「よみがえり・・のネコ!?」:

« 私の世界・知らない世界―全翼型戦闘爆撃機のホルテンHo229はステルス!? | トップページ | 騙されてはいけない1219―今起こっている福島原発事故・「H4タンクエリア観測孔E-1、全βの上昇!?」 »