« 私の世界・知らない世界―“ガリポリの戦い”と日本!? | トップページ | 騙されてはいけない1252―今起こっている福島原発事故・「枝排水路上流(建屋側)の調査、高線量で雨水調査困難な箇所!?」 »

2015年3月26日 (木)

騙されてはいけない1251―今起こっている福島原発事故・「側溝放射線モニタのβ濃度高高警報、発生元を“RO入口水”と推定!?」

東電の3月25日の記者会見配布資料「(第33回特定原子力施設監視・評価検討会資料)BC排水路側溝放射線モニタにおけるベータ濃度高高警報発生について」からです。

東電の「BC排水路側溝放射線モニタにおけるベータ濃度高高警報発生について」の原因調査の報告です。

「排水路に流入した汚染水の発生元の推定」をしていますが、発生元を“RO入口水”(RO濃縮水の淡水化処理装置の入口)としています。

ただ、推定に使った条件(“Sr90Cs137の比”と“Sr90濃度”)や対象サンプルが少な過ぎで、予定調和型? というか、前もって犯人を拵え、それに合わせて条件を持って来た感がします。

Ro00_3 

汚染水処理の図を見れば分かるように、この模式図でもやたらと込み入り複雑なもの(メイン配管やポンプには、予備を設けているはず・・)で、現場の配管ルートは悲惨なものであると想像できます。

Ro01_3 

側溝放射線モニタと淡水化設備の位置が以前紹介した、構内配置図(南側のもの再掲)で分かるので位置をプロットして、紹介しておきます。(ただし、施設図面を見てではないので、その辺りということでご容赦下さい)

150308xx_3 

|

« 私の世界・知らない世界―“ガリポリの戦い”と日本!? | トップページ | 騙されてはいけない1252―今起こっている福島原発事故・「枝排水路上流(建屋側)の調査、高線量で雨水調査困難な箇所!?」 »

震災・原発事故」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 騙されてはいけない1251―今起こっている福島原発事故・「側溝放射線モニタのβ濃度高高警報、発生元を“RO入口水”と推定!?」:

« 私の世界・知らない世界―“ガリポリの戦い”と日本!? | トップページ | 騙されてはいけない1252―今起こっている福島原発事故・「枝排水路上流(建屋側)の調査、高線量で雨水調査困難な箇所!?」 »