« 騙されてはいけない1264―今起こっている福島原発事故・「K排水路からC排水路への移送ポンプの停止、仮堰を越流して外洋に流出!?」 | トップページ | 騙されてはいけない1265―今起こっている福島原発事故・「港湾内海底土被覆工事の実施状況!?」 »

2015年4月23日 (木)

私の世界・知らない世界―“砂漠に「飛行機の墓場」”、ビクタービル空港!?

ネットのロイターのニュース写真集、“砂漠に「飛行機の墓場」”からビクタービル空港(Victorville Airport)の廃棄・解体処分のため、航空機が並んでいる光景です。

ボーイング747-400型機を含む古い飛行機は、ビクターの砂漠に格納されている

04_2 

“砂漠に「飛行機の墓場」”は、以前に『ヴァージン•ギャラクティック』の話しが出たついでに紹介しているモハーヴェ空港が最も有名かつ大規模です。ビクタービル空港は二番目という所です。

以下、マップで見てみました。

01_2 

03_2 

ビクタービル空港の全体が良く分かる写真です。(ウィキより)

05_2 

ビクタービル空港は「使用されなくなった航空機の保管・解体場所としても有名で、2014年現在、旅客定期便は就航していない」と、航空機も飛行場も現役ではなくなりポンコツ置き場ということで、何か身につまされます。

身につまされる:他人の不幸などが、自分の境遇・立場と思い合わさって切実に感じられる

サザンカリフォルニア・ロジスティックス空港(Southern California Logistics Airport, 略称:SCLA

アメリカ合衆国カリフォルニア州ヴィクターヴィルに位置する空港。ビクタービル(orヴィクターヴィル)空港(Victorville Airport)とも呼ばれる。現在は民間空港であるが、1941年から1992年まではアメリカ空軍のジョージ空軍基地(英語版)として利用されていた。まれに、名称をすべて日本語訳して南カリフォルニア物流空港と称されることもある。

南カリフォルニアの航空物流の拠点であるとともに、使用されなくなった航空機の保管・解体場所としても有名である。2014年現在、旅客定期便は就航していない。

モハーヴェ空港(「飛行機の墓場」の項)

現在は砂漠の利点(年間降水量150mm以下で周囲に住宅地がない)を生かし、売却の途上での一時保管や部品取り用、もしくは廃棄予定の航空機が多数保管されている。

現在は、マクドネル・ダグラスDC-9DC-10、ボーイング747-100/200/300やボーイング737-200/300、エアバスA300BAe 146などの機齢25-35年程度の経年機が多く保管、もしくは廃棄待ちされており、中にはダグラスDC-8やボーイング707、ボーイング727などの1960年代に製造された機体や、1990年代に製造されたボーイング757やボーイング767、ボーイング747-400、エアバスA310やエアバスA320などの比較的新しい機体も駐機されている。

そのため、「飛行機の墓場」との異名を持ち、写真撮影のため世界中から旅客機マニアが多く集まる。また広大な土地ながらロサンゼルスの100km圏内という好立地と、航空機で大型機材を直接搬入できるという利便性の高さから、「ダイ・ハード2」や「S.W.A.T.」、「24」など、様々なアクション映画やテレビシリーズの撮影場所としても使用されており、空港事務所でもロケ専用の窓口を用意して対応している(=ウィキペディア)

|

« 騙されてはいけない1264―今起こっている福島原発事故・「K排水路からC排水路への移送ポンプの停止、仮堰を越流して外洋に流出!?」 | トップページ | 騙されてはいけない1265―今起こっている福島原発事故・「港湾内海底土被覆工事の実施状況!?」 »

面白話・話のネタ」カテゴリの記事

知らない世界」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 私の世界・知らない世界―“砂漠に「飛行機の墓場」”、ビクタービル空港!?:

« 騙されてはいけない1264―今起こっている福島原発事故・「K排水路からC排水路への移送ポンプの停止、仮堰を越流して外洋に流出!?」 | トップページ | 騙されてはいけない1265―今起こっている福島原発事故・「港湾内海底土被覆工事の実施状況!?」 »