« 私の世界・面白い話のネタ―ネコ物語・「幼児のように心許ないヨチヨチ歩き、人の心に入り込むマンチカン・・のネコ!?」 | トップページ | 騙されてはいけない1302―今起こっている福島原発事故・「地下水バイパス揚水井№.10のトリチウム、また立て続けに過去最高値を更新・・!?」 »

2015年7月 5日 (日)

私の世界・面白い話のネタ―ネコ物語・「オシッコでネズミをコントロール・・のネコ!?」

ネットのBBCの「ネコは自分の尿中化学成分で“ネズミを制御”」:“Cats 'control mice' with chemicals in their urine”という記事から、ネコ物語・「オシッコでネズミをコントロール・・のネコ!?」を適当に翻訳・編修です。

優れた尿カクテル:ネコは、尿でマウスを操作?

01_2 

ネコ対ネズミは、多分、最も有名な捕食者と被食者の組合せ、世界中の有名漫画の中で、絶えることのない抗争物語として扱われていますが、ネコはネズミに対し尿成分で化学戦さえ仕掛けていることが分かったのです。

研究者らは、幼い頃にマウスがネコの尿中の化学物質にさらされることがある(その臭いを嗅ぐ・・)と、彼らはその後の大人の生活でネコの匂いを避けなくなる可能性が高いことが発見され、プラハの実験的生物学の総会で報告されたそうです。

また、それ以前にモスクワの“生物の生態と進化”を研究しているAN Severtov研究所の研究者が、“フェリニン”という尿中の化合物は妊娠マウスの流産の原因となることを発表しているそうです。

フェリニン (felinine)

ネコの尿の中に見られる化合物であり、ネコのフェロモンであると推定されている3-メルカプト-3-メチルブタン-1-オール (MMB) の前駆体である。フェリニンは、ボブキャット、ハイイロネコ、コドコド、イエネコ等、ネコ科のいくつかの種で体外に排泄される。・・・ネコの尿には、フェリニンの他に、アセチルフェリニン、フェリニルグリシン、3-MBG等、フェリニン構造を含む一連の化合物が含まれる。(=ウィキペディア)

話しの続き:動物界の捕食者と被食者の組合せにおいて“妊娠を制御”は多く見られるようで、以前、「オオカミの尿の臭いは、鹿の出産を制御する・・」という話しをしたことがあります。

不思議なことですが、単純に考えると「多産の方が、餌が増えて良いのでは・・?」と思うのです。自然界の制御の知恵は奥が深く、豊穣過ぎる食べ物は自らの禍を招く? を自然は教えるのです。

今のテレビ、見ていると、「ドキッ・・」としません・・か?

|

« 私の世界・面白い話のネタ―ネコ物語・「幼児のように心許ないヨチヨチ歩き、人の心に入り込むマンチカン・・のネコ!?」 | トップページ | 騙されてはいけない1302―今起こっている福島原発事故・「地下水バイパス揚水井№.10のトリチウム、また立て続けに過去最高値を更新・・!?」 »

ペット」カテゴリの記事

面白話・話のネタ」カテゴリの記事

知らない世界」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 私の世界・面白い話のネタ―ネコ物語・「オシッコでネズミをコントロール・・のネコ!?」:

« 私の世界・面白い話のネタ―ネコ物語・「幼児のように心許ないヨチヨチ歩き、人の心に入り込むマンチカン・・のネコ!?」 | トップページ | 騙されてはいけない1302―今起こっている福島原発事故・「地下水バイパス揚水井№.10のトリチウム、また立て続けに過去最高値を更新・・!?」 »