« 私の世界・面白い話のネタ―ネコ物語・「人生の“良き伴侶”、 ネコが居ると喜びも倍化する・・のネコ!?」 | トップページ | 私の世界・知らない世界―「ハンガリー、難民大量流入・・!」で、その入口は!? »

2015年8月26日 (水)

私の世界・知らない世界―「不倫サイトの盗まれた資料で「浮気地図」製作 会員が5万の都市に分布・・!?」

ネットの新華網日本語(“jp.xinhuanet.com”)、新華通訊社のニュースの825日の記事(中国国際放送局発表)、「不倫サイトの盗まれた資料で「浮気地図」製作 会員が5万の都市に分布―不倫サイトの「浮気地図」 日本は女性が多い?・・」からです。

新華網日本語(“jp.xinhuanet.com”)の表紙の題は「不倫サイトの「浮気地図」 日本は女性が多い?・・」となっており、いわば“日本向け”の副題のようです。

01 

02 

世界中、それもネット社会が進んでいる先進国では“不倫”が普通? というか、浮気だらけのような感じがする地図ですが、「利用者数10人を超えた都市を研究対象として記録」ですから、大したものではなく、ネットのSNSの進み具合が示されているだけ? かも知れません

アフリカやロシア、アマゾン奥地は不忠都市がないのではなく、人口密度の問題、人が住んでいないだけ、不倫が無い訳ではありません。

ただし、ケニアのマサイ族(この間、TVで見たマサイの日本人妻の人の話)のように、一夫多妻制で親しい友人には“妻に同衾を勧める”という、世界には“性的な行為”に対する考えが違うかも知れない文化を持つ種族がいるようです。

また、イスラム圏にプロットがないのは、商圏文化の問題? というか、「アシュレイ・マディソン(Ashley Madison)」の出会い系サイトが受け入れられなかったのでしょう。

世界の対象者母数を30億人(いい加減な数ですが)とすると、3000万人余りの顧客は、100人に1人ということです。

・・何か、多い気もしますが・・?

『不倫サイトの盗まれた資料で「浮気地図」製作 会員が5万の都市に分布―不倫サイトの「浮気地図」 日本は女性が多い?・・

(発表時間 2015-08-25 11:39:33 | 新華網日本語)

近頃、世界最大の不倫専用の出会い系サイト「アシュレイ・マディソン(Ashley Madison)」はハッカーに侵入され、3000万人余りの顧客情報が公開された。この間、スペインの会社Tecnilógicaはその漏れた資料を利用し、5万の「不忠都市」を含む「浮気の世界地図」を作り上げた。

会社Tecnilógicaの技術総監である胡安さんは「全世界48の国家の5万余りの都市の市民はこのサイトが利用したことがあり、その利用者の8割は男性だ。うちの会社は利用者数10人を超えた都市を研究対象として記録し、この地図を制作した」と語った。

会社Tecnilógicaによると、34万人が当サイトを利用したことで世界最も不忠な都市になったのはブラジルのサンパウロ市だ。2位は米国のニューヨークで26万人が利用した。3位はオーストラリアのシドニーで25万人が利用した。

しかし、当会社の研究によると、日本、インド、ブラジルと南アフリカでは女性の利用率は明らかに男性より多い。

|

« 私の世界・面白い話のネタ―ネコ物語・「人生の“良き伴侶”、 ネコが居ると喜びも倍化する・・のネコ!?」 | トップページ | 私の世界・知らない世界―「ハンガリー、難民大量流入・・!」で、その入口は!? »

面白話・話のネタ」カテゴリの記事

知らない世界」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 私の世界・知らない世界―「不倫サイトの盗まれた資料で「浮気地図」製作 会員が5万の都市に分布・・!?」:

« 私の世界・面白い話のネタ―ネコ物語・「人生の“良き伴侶”、 ネコが居ると喜びも倍化する・・のネコ!?」 | トップページ | 私の世界・知らない世界―「ハンガリー、難民大量流入・・!」で、その入口は!? »