« 騙されてはいけない1385―今起こっている福島原発事故・「高温焼却炉建屋で工事中の配管の未接続部(端部)から水が漏えい・・!?」(続き) | トップページ | 騙されてはいけない1386―今起こっている福島原発事故・「K排水路付替完了・・!?」 »

2016年3月27日 (日)

私の世界・面白い話のネタ―「ペンギンの恩返し・・!?」

ネットの“Mail Online”(dailymail.co.uk)から、「おじいさんに助けられたペンギンの恩返し・・?」の話しです。

『「ペンギンを私の子供のように愛していますが、ペンギンも同じように私を愛してくれていると思います」:鳥は油まみれの瀕死の状態で浜に打ち上げられていたのを見つけ、看病してくれたブラジルのおじいさんに逢うために、毎年5,000マイル(8,000キロ)を泳いで訪ねて来ます』:

'I love the penguin like it's my own child and I believe the penguin loves me': Bird swims 5,000 MILES every year to visit Brazilian man who nursed it back to life after he found it covered in oil and dying on a beach

01

2011年に年金受給者のジョアン・ペレイラ・デ・スザ(71才)さんは、リオデジャネイロ(ブラジル)沖の島の浜で油まみれ瀕死のペンギンを発見、家に連れ帰り健康になるまで看病し、彼にディンディム(Dindim)という名前を付けて一緒に暮らしました。

1カ月経って新しい羽根に生え変わると、その直後に彼は姿を消してしまいました。

02

ディンディム(Dindim)は驚くことに数ヵ月後によたよたと歩いてお家に帰って来たのです。それから4年の間、毎年、おじいさんを訪ねて戻って来るのです。

04

ペンギンは“鶴”のように高価な“絹織り”はありませんが、おじいさんを訪ねて来ることが幸せ一杯のお土産のようです。何しろ、リオとペンギンの行き先(パタゴニア地域)は4,000キロほど離れており往復8,000キロもの旅をして逢いに来てくれるのです。

03

|

« 騙されてはいけない1385―今起こっている福島原発事故・「高温焼却炉建屋で工事中の配管の未接続部(端部)から水が漏えい・・!?」(続き) | トップページ | 騙されてはいけない1386―今起こっている福島原発事故・「K排水路付替完了・・!?」 »

ペット」カテゴリの記事

面白話・話のネタ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 私の世界・面白い話のネタ―「ペンギンの恩返し・・!?」:

« 騙されてはいけない1385―今起こっている福島原発事故・「高温焼却炉建屋で工事中の配管の未接続部(端部)から水が漏えい・・!?」(続き) | トップページ | 騙されてはいけない1386―今起こっている福島原発事故・「K排水路付替完了・・!?」 »