« 騙されてはいけない1389―今起こっている福島原発事故・「高温焼却炉建屋の建屋滞留水水位の運転上の制限の逸脱・・!?」 | トップページ | 騙されてはいけない1391―今起こっている福島原発事故・「3号機原子炉建屋オペレーションフロアへの遮蔽体の設置・・!?」 »

2016年4月12日 (火)

騙されてはいけない1390―今起こっている福島原発事故・「地下貯水槽の漏れ・・!?」(続き)

東電の4月11日の「福島第一原子力発電所の状況(記者会見資料)」の「地下貯水槽からの漏えいに関する情報および作業実績」とネットのNHKニュースからです。

前々回の『騙されてはいけない1388・・・「陸側遮水壁 凍結開始後の状況」とは別に地下貯水槽の漏れ!?』で“地下貯水槽の漏れ”の問題を言いましたが、NHKも「・・地下貯水槽で汚染水の濃度急上昇」とそのことを48日に報道しています。

11日の東電の報告を見ると、9日は「・・全ベータ放射能分析結果は、前回値(4/8 採取)11,000 Bq/L に対し、16,000Bq/Lと大きな変動ではないものの上昇傾向にあることを確認・・」、10日も「・・前回値(4/9 採取)16,000Bq/Lに対し、18,000Bq/Lと大きな変動ではないものの上昇傾向にあることを確認・・」というものです。

01

それで上昇傾向が気になったので、6日から10日までのデータを整理して図を作ってみました。

東電は「前回値に対し、・・と大きな変動はない・・」という文言を繰返していますが、この言い方だと突発的に大きな変動がない限り問題がないことになります。

私には一定の傾向を持って増加していること事態が大きな問題に思え、それも4~5日で倍以上の18,000Bq/Lにもなっているのです。それもNHKのいうように元は(330日時点)87Bq/L程度だったのです。

地下貯水槽からの漏えい報告と地下貯水槽No.1(再掲)

00

『福島第一原発 地下貯水槽で汚染水の濃度急上昇(48537分 NHKニュース)

東京電力福島第一原子力発電所で、以前に汚染水漏れが起きて使用が取りやめられた地下の貯水槽で、周辺の地下水の放射性物質の濃度がおよそ1週間で100倍以上に急上昇し、東京電力は取り除ききれていない汚染水が漏れた可能性も含めて原因を調べることにしています。

福島第一原発では、高濃度の汚染水をためるため地下にコンクリート製の貯水槽が設けられましたが、3年前に汚染水が漏れ出したため東京電力は使用を取りやめて、汚染水の大半を取り除いたうえで周辺の地下水などの監視を続けてきました。

ところが、先月30日の時点ではベータ線という放射線を出す放射性物質の濃度が1リットル当たり87ベクレルだったのが、6日は8100ベクレル、7日は9300ベクレルと、およそ1週間で100倍以上に急上昇したということです。

この貯水槽には取り除ききれていない高濃度の汚染水が数トンたまっていますが、地下水と直接触れないように貯水槽の底や側面には防水シートが敷かれているほか、地下水の放射性物質の濃度は現在でも汚染水の1000分の1ほどで、東京電力は濃度が急上昇した原因は分からないとしています。

そのうえで、汚染水がシートから漏れた可能性も含め、周辺の地下水を分析したり貯水槽にたまった汚染水と地下水のデータを比較したりして、原因を調べることにしています。

|

« 騙されてはいけない1389―今起こっている福島原発事故・「高温焼却炉建屋の建屋滞留水水位の運転上の制限の逸脱・・!?」 | トップページ | 騙されてはいけない1391―今起こっている福島原発事故・「3号機原子炉建屋オペレーションフロアへの遮蔽体の設置・・!?」 »

震災・原発事故」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 騙されてはいけない1390―今起こっている福島原発事故・「地下貯水槽の漏れ・・!?」(続き):

« 騙されてはいけない1389―今起こっている福島原発事故・「高温焼却炉建屋の建屋滞留水水位の運転上の制限の逸脱・・!?」 | トップページ | 騙されてはいけない1391―今起こっている福島原発事故・「3号機原子炉建屋オペレーションフロアへの遮蔽体の設置・・!?」 »