« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

2016年12月

2016年12月31日 (土)

私の世界・面白い話のネタ―ネコ物語・「仕草が可愛い・・のネコ!?」

ネットの“funnycatpix.com”から、この子たちを見ていて「仕草が可愛い・・」と思い、今回のネコ物語・「仕草が可愛い・・のネコ!?」に相応しいと思える「いろいろな表情のネコたちの写真」を適当に選択・編集です。

仕草:1何かをするときのちょっとした動作や身のこなし 2舞台上の俳優の動作や表情,所作

「えっ・・、今何いうたん!」と愕くさま

06

「あれ、とりたいなあ・・」という願望の姿勢

05

「この人、意外にいいひとよ!」とすかして(少し気取って)

04

寝る仕草

03

箱に入って

02

翔んでる子 

01

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016年12月29日 (木)

私の世界・面白い話のネタ―ネコ物語・「飛びかかる!子ネコのチョット飛んでる・・のネコ!?」

ネットの“theguardian”(theguardian.com)の「飛びかかる!子ネコのチョットと飛んでる・・」:“Pounce! Kittens caught mid-leap”という写真家セス・カステール(Seth Casteel)の写真集ですが、彼はカリフォルニアに拠点を置き犬の水中写真を撮影して有名です。そして、以前はネコを最初の動物の科目としていました。

<チョット飛んでる・・子ネコ>

2007年、ロサンゼルスの映画スタジオで働いていた時、スタジオのバックスロット(野外のセット)に住むネコと友達になり、そのうちの1匹、ツェッペリンです。

01

バグ・ア・ブー:これらの子ネコの生活はかなり良いものでした。

02

ドラ・エクスプローラ:驚くことではないが、子ネコがポップアップし始めた。

・ポップアップ=コンピュータの操作画面で、最前面に飛び出すように現れるウィンドウなどの表示要素のこと

04

花の中の鳥:この子達には少し圧倒されます。

03_2

草の中の鳥

05

GummiBear(グミのクマ?)

06


ジョンスノー

07

Fuzzbucket

808


ペチュニア

809

バンバム

810

この子達は皆、写真を通じて優しい飼い主を得ることが出来ました。

また、写真を通じてより良い世界を作る試み、つまり人生の目的となるものをこのごみのような(野良の?)子ネコたちに刺激されたことを彼は感謝しているのだそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016年12月28日 (水)

騙されてはいけない1453―今起こっている福島原発事故・「全ての港湾内海底土被覆工事が完了・・!?」

東電の1226日の記者会見配布資料「福島第一原子力発電所 港湾内海底土被覆工事(その2)の実施状況」から、1226日に全ての港湾内海底土被覆工事が完了したという報告です。

 港湾内は海底に浮泥が存在するエリア①と浮泥が存在しないエリア②に分けられていて、エリア②の海底土被覆工事は先の1221日に完了しています。

 なお、“被覆イメージ”の図が細かくて見辛いので拡大・編集したものも載せておきます。

 

01


エリア①について、拡散防止1層目の工事が2014103日に完了、打設量は10,700㎥、次いで耐久性向上2層目の工事が20151221日に完了、打設量は21,200㎥、施工面積が50,900㎡なので1層目が約21cm2層目約42cm、合計63
 cmの厚さの被覆となっています。

エリア②について、拡散防止1層目の工事が2015423日に完了、打設量は21,800㎥、次いで耐久性向上2層目の工事が20151226日に完了、打設量は48,600㎥、施工面積が129,700㎡なので1層目が約17cm2層目約37cm、合計54 cmの厚さの被覆となっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016年12月27日 (火)

騙されてはいけない1452―今起こっている福島原発事故・「2号機海水配管トレンチ立坑Cの状況・・!?」

東電の1226日の記者会見配布資料「(第49回特定原子力施設監視・評価検討会)2号機海水配管トレンチ立坑Cの状況と今後の対応について」と「(第49回特定原子力施設監視・評価検討会)陸側遮水壁の状況」の「【参考】山側からの地下水流入が減少した場合の地下水位変動傾向の想定」からです。

注)「1.2.2号機海水配管トレンチ立坑Cの監視フロー」や「2.1.2号機海水配管トレンチ立坑Cにおける水位監視状況」、「2.2.1.水位監視から得られた結果①(水位逆転)」、「【参考】2016.10.192016.10.23(水位逆転時)の水位変化状況」、「参考】2016.11.72016.11.15(水位逆転時)の水位変化状況」の監視フローや水位監視状況とデータ部分を除いている

02


03

東電はこれまでの2号機海水配管トレンチ立坑Cについて、「立坑A,立坑D充填中に立坑Cに地下水の流入によるものと考えられる水位上昇が認められたため,タービン建屋との連通が残存している可能性を考慮し,立坑Cの上部を閉塞せずに観測孔として残して,水位・水質監視を行う・・」としています、

つまり、立坑Cは全部を埋立てないで一部空き状態なのですが、今回、「水位監視から得られた結果」として、「立坑Cへの流入源は,タービン建屋からのものではなく,地下水が主となっていると推察される」とし、「立坑Cについては,閉塞されていないこと,監視開始時(2015.9.17)に分岐トレンチ側からの流入が確認されたこと,また,分岐トレンチ接続部には構造的な変化部(構造目地)を有することを考慮すると,地下水流入箇所となっている可能性が高いと考えられる」としています。

つまり、2号機海水配管トレンチ立坑Cは「タービン建屋からの流入はなかった」ということです。

ただ、図を見て気が付いたのですが、セシウム137134やトリチウムはタービン建屋より立坑Cの方が一桁以上高くなっていて、特にトリチウムが高くなっている(タービン建屋のデータは1件しかない)のが何か変? に思うのです。タービン建屋の汚染水は除染して循環しており、除染出来ないトリチウムだけが高濃度になるはずです。

01aa

「2号機海水配管トレンチ断面概要図」は「山側からの地下水流入が減少した場合の地下水位変動傾向の想定」の現況(イメージ)図に嵌め込むことが出来ます。

 01


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016年12月26日 (月)

私の世界・面白い話のネタ―「犬もストレスで若白髪? ・・で、大統領は・・!?」

ネットのCNNのニュースから、「犬も人間と同じようにストレスが重なると若白髪が増えるらしい・・」という話です。

犬もストレスで「若白髪」?

02


 CNNは「犬もストレスで若白髪?、感情の起伏の激しさに注意 米研究」という記事の続きに、「大統領になると白髪が増える?・・」という画像(写真[静止画])を紹介しています。

『大統領になると白髪が増える?

2016.12.26 Mon posted at 15:07 JST

超大国の米国を率いる大統領職。大統領に就任すると「白髪が増える」という話もあるが、実際は?。ビル・クリントン、ジョージ・W・ブッシュ、バラク・オバマの3氏の1週目から198週目の髪の毛を比較してみた。』

01


ビル・クリントン、ジョージ・W・ブッシュ、バラク・オバマの3氏の1週目から198週目(ビフォー・アフター)を並べたものですが、気になるのはオバマ氏のビフォー・アフターに差がない? という点です。

CNNは、『歴代の大統領や「犬でもストレスで若白髪」になっているのに、オバマ氏は(白髪になるほど)苦労していない・・!」が言いたいのでは? と思うものです。

注)写真の撮り方(逆光にするなど)で、白髪が強調される場合があります

『犬もストレスで若白髪?、感情の起伏の激しさに注意 米研究

2016.12.26 Mon posted at 15:26 JST

CNN) 犬も人間と同じようにストレスが重なると若白髪が増えるらしい――。動物学者で自閉症の啓発活動でも有名なテンプル・グランディン氏らの研究チームが、動物行動学会誌の今月号にそんな研究結果を発表した。

発端は数年前、コロラド州デンバーで犬の訓練施設を運営するカミーユ・キング氏が、感情の起伏が激しい犬ほど若いうちから白い被毛が多い現象に気付いたことだった。この話を聞いたコロラド州立大学教授のグランディン氏の勧めで研究が始まった。

グランディン氏がキング氏の話を聞いて真っ先に思い浮かべたのは、米国の歴代大統領に若白髪が多い現象だったという。

研究チームはノーザンイリノイ大学で4歳以下の犬400匹(白い犬を除く)を対象に「若白髪」の状況を調査した。普通は4歳以下の犬に若白髪は見られないという。

調査対象の犬はそれぞれ2枚の写真を撮り、飼い主には調査の目的を告げないまま普段の行動について21項目のアンケートに答えてもらって犬の不安感や衝動性の強さを調べた。人間の場合、そうした感情の不安定な状態とストレスとの関連が指摘されている。

アンケートの分析では、1人で留守番させるとクンクン鳴いたり吠えたりする行動や、大勢の人がいると身をすくめる行動は不安感の表れと判断し、人に出会うと飛び付く行動や、散歩の際にリードを過度に引っ張る行動は衝動の強さの表れと判断。この結果を写真と照合して、鼻の周りの白髪の多さとの関係を調べた。

グランディン氏は鼻の周りの白髪の多さを4段階に分け、全く白髪がない「0」から、全体が白髪になっている「3」に分類。不安感や衝動性が強いと判定された犬は、白髪の多いグループに分類される確率が40~65%高くなることが分かった。

犬のストレスと若白髪の関係について当初は懐疑的だったというノーザンイリノイ大学のトーマス・スミス教授は、「データを分析すると驚くような結果が出た」と話している。

グランディン氏によると、ストレスと若白髪との関係は人と犬以外の哺乳類では確認できていないといい、さらに研究を進める必要があるとしている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016年12月24日 (土)

私の世界・面白い話のネタ―ネコ物語・「ネコも人のように、いろいろ言いたいことがある・・のネコ!?」

ネットの“funnycatpix.com”から、この子たちを見ていて思いついたのが、今回のネコ物語・「ネコも人のように、いろいろ言いたいことがある・・のネコ!?」に相応しいと思える「いろいろな表情のネコたちの写真」を適当に選択・編集です。

人なら苦虫・・ネコなので苦野菜を噛み潰した顔;「苦いでおます・・!」

02


「ハイ、先生・・」

03


「あっ・・帰ってきゃはった」

01


ゴミ箱に入って:「物好きってか? ほっといて、これが趣味やし・・」

05

二人の会話;クロ「お前、よう上見るなぁ・・」、ミケ「おれ、上昇志向やねん」

04

「着飾ってもブルーは治らない・・」

07

「おい姉ちゃん、早よ出しんか・・後ろにもっと怖い奴、控えてんねん」

08

最後にクリスマスなので:「神様、このえげつない大人達から子供をお救い下さい・・」

06

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016年12月23日 (金)

騙されてはいけない1451―今起こっている福島原発事故・「陸側遮水壁、1BLKにおけるブライン漏えい・・!?」

東電の1222日の記者会見配布資料「陸側遮水壁の状況(第二段階)」の「5-1 1BLKにおけるブライン漏えいについて」からです。

東電は「20161219日に陸側遮水壁設備ブラインヘッダー管戻り(1BLK-H1)からブラインの漏えいを発見した・・」と以下の資料を出していますが、現場が良く分かるようにマップの航空写真も少し加工・編集して追加、載せておきます。

01_2

02_2

 ブライン(brine)管は冷媒の溶液を移送するものですが、拡大して見ると日がさほど経っていない(工事期間も含めて12年?)のに、何故か? 劣化(サビ)が見られます。

ブライン(brine

冷凍機の冷媒の冷凍能力を冷却される品物 (被冷凍物) に伝える役割をする熱媒体。塩化カルシウム水溶液や塩化ナトリウム水溶液が用いられ,ときには塩化マグネシウム水溶液,エチレングリコールなども用いられる。(ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016年12月22日 (木)

私の世界・面白い話のネタ―ネコ物語・「飼い主に長く見捨てられ、『ドレッドロックス』ヘアーの“タコ男”・・のネコ!?」

ネットの“Mail Online”(dailymail.co.uk)に「アルツハイマーになった飼い主に長く見捨てられ、『ドレッドロックス』のヘアーで発見された・・ネコ!?」Cat who was abandoned for years by her Alzheimer's-suffering owner is found covered matted in fur 'dreadlocks'という記事がありました。

『ドレッドロックス』のネコ

No

Bb

「パイレーツ・オブ・カリビアン」の“タコ男”みたいなトンデモナイ毛で覆われたネコです。

「パイレーツ・オブ・カリビアン」の“タコ男”

Zz

『ドレッドロックス』とは、このような人の頭の髪の毛、ヘアー・スタイルのことです。

ドレッドロックス

Aa

互いに絡まり合ってロープのような束形状になった髪型のこと。ドレッドロックスという単語自体はラスタファリ・ムーブメントから発祥したものであるが、世界の様々な文明で用いられ続けてきた髪型である。ラスタファリアンにとってのドレッドロックスとは、本来は長期間ブラシ、櫛、剃刀、はさみを使用する事無く、頭髪を自然に成長させるままにしておく事で形成される。人工的に作る場合は頭髪を櫛で逆立てて絡ませたり、パーマをして三つ編みを絡めてゆくなど、複数の手法が存在する。

散髪をするとかなり太っちょ、食事は十分に与えられていたようです。

Cc

Ee

Xx

 太っちょですが、よく見ると可愛い子です。

Dd

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016年12月21日 (水)

騙されてはいけない1450―今起こっている福島原発事故・「3号機からの燃料取り出し用カバー支持部材の搬入・・!?」

東電の1220日の記者会見配布資料「福島第一原子力発電所3号機からの燃料取り出し用カバー支持部材の搬入について」からです。

東電は「3号機原子炉建屋使用済燃料プールからの燃料取り出しに向け、燃料取り出し用カバーの一部の部材であるストッパ等を小名浜港から海上輸送し、1F構内に搬入・・」を報告しています。

注)ストッパーを小さく囲んだ赤○は付足しました

Photo

説明写真が少し小さいので、その搬入状況を写真・動画集からです。

Photo_2

いわき市の小名浜港から海上輸送、ということで艀に積んでタグボートで引いて運んでいますが、その小名浜港をマップの航空写真で見ていたら、燃料取り出し用カバー支持部材(=ストッパー)と思われる、それらしき? ものが搬出待ちサービスヤード置いてありました。(もちろん、違うものかも知れません)

Photo_4

小名浜港

福島県いわき市小名浜にある港湾のひとつ。福島県最大の港で、県内最大の観光地ともなっている。港湾法上の重要港湾、港則法上の特定港に指定されている。

江戸時代より磐城平藩の年貢米積出港があったが、常磐炭鉱の発見により、商港として明治、大正から昭和初期にかけ整備され始め、重要港湾指定、新産業都市指定などを経、発展を続けていった。(=ウィキペディア)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

私の世界・知らない世界―「ベルリンのXマス市にトラックが突入・・!?」

ネットのAFP20日~21日の記事、「ベルリンのXマス市にトラックが突入・・」に関してですが、最後の記事では『IS系通信社アマック(Amaq)はインターネット上に出した声明で、「イスラム国の兵士が、有志連合の参加国の市民を狙えとの呼び掛けに応じ、ベルリンでの作戦を実行した」と主張・・』ということで犯行はイスラム国のようです。

ドイツの首都ベルリンのカイザー・ウィルヘルム記念教会で開かれたクリスマス市に突っ込んだトラック(20161219日撮影)。(c)AFP/John MACDOUGALL

02

ドイツの首都ベルリンのカイザー・ウィルヘルム記念教会で開かれていたクリスマス市に突っ込んだトラック(20161220日撮影)。(c)AFP/Tobias SCHWARZ

05_2



06

 カイザー・ウィルヘルム記念教会の場所とストリートビューで見る教会前のXマス市の場所(市のないとき)の状況です。

カイザー・ウィルヘルム記念教会の場所

04


Xマス市の場所(市のないとき)の状況

01


 ストリートビューにある以前のXマス市の状況・・で、私的感想ですがイギリスやフランスはまだしも、何故、クリスマスのドイツなのか? と思ってしまいます。

03_2


『ベルリンXマス市にトラック突入、9人死亡50人負傷 テロの可能性

20161220 09:43 発信地:ベルリン/ドイツ)

1220AFP】(更新、写真追加)ドイツの首都ベルリン(Berlin)中心部で19日、多くの人で混雑していたクリスマス市にトラックが突っ込み、少なくとも9人が死亡、50人が重軽傷を負った。警察は、テロ攻撃の可能性があるとして、調べを進めている。

 現場は観光客でにぎわう広場に設けられたクリスマス市で、トラックが歩道に乗り上げた。警察によると、トラックの運転手とみられる人物が身柄を拘束され、同乗者1人の死亡が確認された。

 警察当局は「テロ攻撃だったかどうかを特定するため、捜査を行っている」と説明。トマス・デメジエール(Thomas de Maiziere)内相は公共テレビに対し、「攻撃という言葉はまだ使いたくないが、そうであることを示す証拠が多数ある」と述べた。

 トラックを保有する運送会社のポーランド人経営者の男性はAFPの取材に、19日午後から運転手と連絡が取れなくなっていると認めた。運転手は男性のいとこだという。

 会社の幹部は、運転手は37歳で、鉄鋼製品をイタリアからベルリンに運んでいたと話している。』c)AFP

『独トラック突入、拘束の男性釈放 真犯人は逃走中

2016122104:14 発信地:ベルリン/ドイツ)

1221 AFP】(更新)ドイツの首都ベルリン(Berlin)のクリスマス市にトラックが突入し12人が死亡した事件で、容疑者として拘束されていたパキスタン人難民申請者の男性が20日、証拠不十分で釈放された。検察当局が発表した。捜査当局は現在、逃走中の真犯人の行方を追っている。

 連邦検事当局は声明で、「20161219日に起きたベルリンのクリスマス市襲撃をめぐり拘束されていた容疑者は、連邦検事の指示により今夜、釈放された」と発表。さらに、「これまでの科学捜査では、容疑者とされた人物が事件発生当時、問題のトラックの運転席にいたことを示す証拠が見つからなかった」としている。

 警察当局はこれに先立ち、男性が事件の犯人ではない可能性があるとの見解を示していた。ベルリン警察のクラウス・カント(Klaus Kandt)署長は、「危険な犯罪者が付近にいるかもしれない」と述べ、警備体制の強化を約束するとともに、市民らに「いっそうの警戒」を呼び掛けた。

 事件では、ポーランドでナンバー登録され鉄鋼建材を積載していたトラックが観光名所のクリスマス市に突っ込み、6080メートルに及び血の帯を残した。

 当局によると、犠牲者のうち少なくとも6人はドイツ人。負傷者は約50人で、イスラエルやスペインを含む各国の出身者が含まれていたとされる。

 トマス・デメジエール(Thomas de Maiziere)内相によると、トラックの助手席からはポーランド人男性が射殺体で発見された。男性は同車両の運転手として登録されていた人物とみられている。(c)AFP

IS、独トラック突入で犯行声明 「兵士が実行」

20161221 04:43 発信地:ベイルート/レバノン)

1221 AFP】ドイツの首都ベルリン(Berlin)のクリスマス市にトラックが突入し12人が死亡した事件について、イスラム過激派組織「イスラム国(IS)」系の通信社は20日、ISの「兵士」による犯行だったと主張する声明を出した。

 IS系通信社アマック(Amaq)はインターネット上に出した声明で、「イスラム国の兵士が、有志連合の参加国の市民を狙えとの呼び掛けに応じ、ベルリンでの作戦を実行した」と主張した。』(c)AFP

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016年12月20日 (火)

騙されてはいけない1449―今起こっている福島原発事故・「高性能多核種除去設備建屋とJ1エリア(淡水化装置ジャバラハウス)・・!?」

東電の1219日の記者会見配布資料「福島第一原子力発電所の状況(訂正版)」と「20161217日発生 高性能多核種除去設備建屋 水溜まりの状況」、「20161218日発生 J1エリアN1タンク配管からの水滴下の状況」からです。

 東電は17日発生の「高性能多核種除去設備建屋 水溜まりの状況(汚染水漏れ①)」と18日発生の「J1エリアN1タンク配管からの水滴下の状況(汚染水漏れ②)」を「福島第一原子力発電所の状況(訂正版)」で報告しています。

<東電の報告>

01_2

20161217日発生 高性能多核種除去設備建屋 水溜まりの状況

02_2

高性能多核種除去設備建屋の場所

04

20161218日発生 J1エリアN1タンク配管からの水滴下の状況

03

J1エリアN1タンクの場所

05

 少し前に、「相次ぐ使用済燃料プール(SFP)冷却、炉注水の停止」を言いましたが、今回は高性能多核種除去設備建屋とJ1エリアN1タンク配管の相次ぐ“漏れ”事故、何故なのか? 不具合なこと、不幸や事故は連続するものです。

 よく思うのですが、“偶然”の神様は手抜きがお上手? というか、1つ不幸を思いつくと、「ついでにこれも・・」とその身近なものや、関連したものの不幸を思い付くような気がします。

 それとも、脳は似た事象を記憶するとき、「もしかして、同じことでは?・・」を検証するのに、反芻する(吟味する)時間を掛けるため、少し“痒み”(ある種の戸惑い・間)を覚えるのですが、それが不思議感を倍増させ「“偶然”の神様は手抜きがお上手?・・」などと、変なことを思いつくのかも知れません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016年12月19日 (月)

私の世界・知らない世界―「ヨルダン観光地で武装集団による銃撃、カラク(Karak)城塞遺跡・・!?」

ットのAFPの記事から、「ヨルダン中部の観光地カラク(Karak)で18日、所属不詳の武装集団による銃撃が複数の場所で発生し、カナダ人女性観光客1人とヨルダン人市民2人、警官7人の計10人が死亡、27人が負傷・・」という話です。

カラク(Kerak

ヨルダン中部の都市でカラク県の県都かつ最大の街。 2015年の人口は32216人。 かつては十字軍国家の一つ・エルサレム王国の一部であり、十字軍の建てた城塞の遺跡で知られる。

03


 そのヨルダン中部の観光地カラク(Karak)と城塞遺跡の場所、カラク城塞遺跡のウィキの写真です。

カラク(Karak)と城塞遺跡の場所

01

カラク城塞遺跡

02

愕くことに、ここの城塞遺跡は入り口からその中まで全体のほとんどの場所をストリートビューで見ることが出来ます。

04


05


『ヨルダン観光地で銃撃、カナダ人ら10人死亡 城塞遺跡に武装集団

20161219 05:38 発信地:アンマン/ヨルダン)

1219 AFP】(更新)ヨルダン中部の観光地カラク(Karak)で18日、所属不詳の武装集団による銃撃が複数の場所で発生し、カナダ人女性観光客1人とヨルダン人市民2人、警官7人の計10人が死亡、27人が負傷した。治安当局が発表した。現場の一つとなった城塞遺跡では遺跡内部に立てこもった容疑者4人が治安部隊に殺害された。

 カラクは首都アンマン(Amman)の南約120キロにあり、十字軍が建造した中でも最大級の城塞の遺跡で知られている。治安当局筋によると、同遺跡では容疑者4人が数時間にわたる立てこもりの末、治安部隊との銃撃戦で死亡した。

 同国の首相はこれに先立ち、遺跡内には銃撃犯10人が立てこもっていると述べていた。一方、治安当局は一連の銃撃事件には56人の容疑者が関与したとみられると説明していた。

 国営ペトラ(Petra)通信が伝えた同当局の声明によると、最初の銃撃は、巡回中だった警察官らがカラク市内の家屋で起きた火災の現場に急行した際に発生した。家屋の中にいた武装集団が、到着した警察官らに発砲し、警官1人が負傷。容疑者らは車で逃走した。

 その直後、別の警察官も武装集団による発砲を受けたが、けが人は出なかったという。また同時に、城跡遺跡でも武装集団が警察署に向けて発砲し、「数人の警官と通行人が負傷」して病院に搬送された。

 声明によると、警察と治安部隊が遺跡とその周辺を包囲し、武装集団の捜索を開始した。メディアは城塞で武装集団が人質を取ったと報じているが、匿名で取材に応じた治安当局筋はこれを否定。武装集団と治安部隊との銃撃戦が発生したため、城の下層部にいた人々が身動きが取れなくなったと説明した。(c)AFP/Kamal Taha

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016年12月18日 (日)

私の世界・面白い話のネタ―「中国、無人潜水機(ドローン)は返還する・・!?」

1217日のCNNと18日のAFPの記事からですが、『17日に中国艦船が米海軍の無人潜水機(ドローン:遠隔操縦の探査機)を奪い、「あまり騒ぎ立てないで・・」と潜水機は返還する・・』という話です。

英スコットランド北西部沖で米英海軍の潜水機を回収する補給船の乗組員ら。南シナ海の国際水域で中国に奪取されたとされる米軍の無人潜水機はこの写真の潜水機と類似のもの(撮影日不明、資料写真)。(c)AFP/U.S. Navy Photo/Cmdr. Santiago Carrizosa

01

各国の領有権主張が対立する南シナ海(CNNより)

02

CNNによると中国艦船に無人潜水機を盗まれたのは米海軍海洋調査船の「USNSバウディッチ(USNS Bowditch)」だそうで、“U.S. Navy's Military Sealift Command”(“msc.navy.mil”)というサイトの写真です。

03

米海軍の無人潜水機(ドローン:遠隔操縦の探査機)は水中グライダー(“Underwater glider”)と呼ばれるものです。

04

『中国、米海軍の無人潜水機返還へ 米の「大げさな」対応を批判

20161218 07:47 発信地:北京/中国)

1218 AFP】中国政府は17日、米中間の緊張が高まる中、南シナ海(South China Sea)で米海軍の無人潜水機を奪った件について米政府が「大げさに騒ぎ立てている」と批判し、潜水機は返還すると述べた。

 米国防総省によると、無人潜水機は15日夜、フィリピンのスービック湾(Subic Bay)の北西約50カイリ(約90キロ)沖で中国に奪われた。同省は声明で「違法に奪取された」潜水機を直ちに返還するよう中国政府に要求していた。

 中国国防省は17日声明を発表し、米海軍の無人潜水機を「適切な方法で」返還すると述べたが詳細については言及せず、「米国側がこの件について大げさに騒ぎ立てることは適切ではなく、問題の迅速な解決に役立たない」と述べた。

 また中国としては南シナ海での米国の偵察活動に「強く反対する」と述べて米政府に活動停止を要求したことを明らかにし、「(偵察活動の)対抗策として必要な措置を取る」と述べた。

 今回の件は米国のドナルド・トランプ(Donald Trump)次期大統領が米政府が長年取ってきた台湾政策に疑問を呈し、また中国政府が為替操作を行っていると批判したり、中国からの輸入品に報復関税をかけるなどと脅したりする発言を繰り返す中で起きた。

 南シナ海では周辺諸国がそれぞれ領有権を主張し緊張が高まっている。中国は自国の領有権を強化する目的で岩礁や小島を利用して大規模な人工島を建設している。

 米国は南シナ海で各国が主張する領有権についての立場を示していないが、海洋に関係する主張はすべて国際法に沿ったものでなければならないと繰り返し強調してきた。米軍は、中国が領有権を主張する海域付近で艦船や航空機を通過させる「航行の自由」作戦を実施してきた。(c)AFP

『中国艦船、米海軍の無人潜水機奪う 国防総省が返還要求

2016.12.17 Sat posted at 10:06 JS

(CNN) 米国防総省のクック報道官は17日までに、中国軍の艦船が南シナ海で米海軍の無人潜水機を「違法に奪った」と述べ、中国側に返還を要求していることを明らかにした。

クック報道官は声明で、「我々は中国に対し、米国のUUV(無人潜水機)を即座に返還し、国際法の下でのあらゆる義務を順守するよう要求する」と述べた。

米当局者によると、現場は南シナ海の公海上で、フィリピン北部ルソン島のスービック湾の港町から約160キロ沖合の地点。

米海軍の海洋調査船「USNSバウディッチ」が潜水機2機を回収するため停止していたところ、バウディッチを追尾していた中国海軍の艦船が小型艇を投入。この小型艇の中国人乗員が2機のうち1機を奪っていったという。

同当局者はまた、米軍が無線で潜水機は米国の所有物だと呼びかけたものの、中国側からの応答はなかったと言及。中国艦が立ち去る際に無線連絡があり、自軍の業務に戻ると示唆したと述べた。

米国の海洋調査船はスパイ行為に及んでいるのではないかとの想定から海上で追跡されることが多い。ただ同当局者によると、今回のケースでは、潜水機は海洋の状況を調査していただけだったという。

中国側の動機は不明だが、今月初めにはドナルド・トランプ次期米大統領が台湾総統の祝電を受け取り、米中間で合意してきた「一つの中国」原則を破る動きがあった。中国はこの件について公的に不満を示し、ホワイトハウスに連絡を取っていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016年12月17日 (土)

騙されてはいけない1448―今起こっている福島原発事故・「再度、1~3号機使用済燃料プール循環冷却設備二次系共用設備の停止について・・!?」

東電の1216日の記者会見配布資料「13号機使用済燃料プール循環冷却設備二次系共用設備の停止について」と125日の「福島第一原子力発電所 使用済燃料プール循環冷却二次系設備停止について」からです。

 東電は何故か? 125日に出している報告の「福島第一原子力発電所 使用済燃料プール循環冷却二次系設備停止について」とほとんど同じ内容の「13号機使用済燃料プール循環冷却設備二次系共用設備の停止について」を16日に再度報告しています。

 何か? 訝しい感じがして、比較の意味で2つの報告をレポート部分と図の部分を別に分けて編集しました。

レポート部分は1216日報告のレポートに、既報の125日の文を赤枠で囲んで追加しています。

01

 下の既報の125日報告レポートに、1216日の文を茶枠で囲んだものを載せましたが、結局その「当直員にて現場を確認したところ、ベント弁(F570)が「微開」となっており、受け(ポリタンク)より二次系系統水(ろ過水)が溢れていたことを確認」を125日報告レポートでは「・・ベント弁が「開」状態であったこと以外に異常がないことを確認」としたことが問題なのでしょう。

 ただ、「開」を「微開」としたりして何かセコイ感じ、微開も全開も開いていることが問題なので、少しなら良い訳はありません。

02

図はほとんど同じで、小さく縮小した方が1216日のもので、それには「12415時頃運転員が月1回の定例パトロールにて、当該ポンプのベント弁廻りの確認作業を実施しており、意図せず触れた可能性がある。」がありません

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016年12月16日 (金)

私の世界・知らない世界―「アレッポの戦乱、停戦合意の行方・・!?」(その②)

1216日のCNNは『シリア北部の都市アレッポをめぐりアサド政権と反体制派の間で停戦が成立・・』としていますが、AFPは「約5万人がまだ退避できず・・」と報じています。

住民の避難にはバス20台と救急車13台を使用(CNNより)

Teisenn


シリアのアサド大統領はアレッポの「解放」を祝う国民へのメッセージを発表

01

 以下はAFPの報道写真です。

シリア北部アレッポの反体制派の支配地区から退避する市民、反体制派の戦闘員やその家族を乗せるバス(20161215日撮影)。(c)AFP

Aa

シリア北部アレッポの反体制派の支配地区から市民、反体制派の戦闘員やその家族の退避が進む中、道路に並んだバスを撮った写真(20161215日撮影)。(c)AFP

Bb

シリア北部アレッポの反体制派の支配地区から市民、反体制派の戦闘員やその家族の退避が進む中、道に座り込み泣く男性(右、20161215日撮影)。(c)AFP

Cc

シリア北部アレッポの反体制派の支配地区から市民、反体制派の戦闘員やその家族の退避が進む中、毛布に包まれ運ばれる子ども(20161215日撮影)。(c)AFP

Dd

シリア北部アレッポの反体制派の支配地区から避難し、同市西郊の反体制派が掌握するカーン・アサル地方に到着した人々(20161215日撮影)。(c)AFP/Omar haj kadour

Xx

 なお、反体制派の支配都市イドリブ(Idlib)はアレッポから50km以上離れていますが、カーン・アサルはアレッポ郊外のほんの数キロです。

Mm

『アレッポ東部、市民の避難開始 逃れる先も戦闘地域

2016.12.16 Fri posted at 10:48 JST

(CNN) シリア北部の都市アレッポをめぐりアサド政権と反体制派の間で停戦が成立したことを受け、反体制派の拠点だった市内東部では15日、一般市民と反体制派の避難が始まった。

多くは近くのイドリブ県にある反体制派支配地域に移送される。ここは残された数少ない反体制派の拠点で、アサド政権側が次に制圧を狙うとみられる場所でもある。反体制派の戦闘員らもここへの移動が認められた。

国際赤十字委員会シリア代表によれば、15日には避難の第1陣と第2陣合わせて3000人近い住民と40人を超えるけが人がアレッポ東部から運び出された。

シリア国営テレビによれば、避難は16日も続くという。

一方、イドリブ県ではアサド政権側の空爆が続いており、この数週間で数十人の死者が報告されている。

今回の停戦合意は、トルコとロシアの仲介による一時停戦が崩壊したのちに新たに結ばれたものだ。

トルコの国営通信社によれば、同国のユルドゥルム首相はロシアのメドベージェフ首相に対し、避難が安全に進められ、市民への被害がないようにと念押ししたという。

一方、シリアのアサド大統領は15日、アレッポの「解放」を祝う国民へのメッセージを発表。「1人1人のシリア市民の手で歴史が書かれている」と述べた。

ケリー米国務長官は、関係者すべてが停戦の維持に向けて努力すべきだと述べるとともに、アレッポからの避難が平和裏に行われなければならないと主張した。

「誰もが最も見たくないもの、それは(反体制派が支配するアレッポ東部の)狭い地域が(ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争で大量虐殺事件が起きた)スレブレニツァの再来となることだ」

『アレッポ東部、約5万人がまだ退避できず 国連特使

20161216 14:13 発信地:パリ/フランス)

1216 AFP】シリア内戦で激戦地となっていた北部アレッポ(Aleppo)では15日、政府軍との合意に基づき、東部の反体制派地域から民間人と戦闘員ら数千人が退避した。しかし、国連(UN)特使と仏外務省によると、いまだ約5万人が東部に取り残され、その多くは民間人だという。

 国連のスタファン・デミストゥラ(Staffan de Mistura)シリア問題担当特使は15日、フランス・パリ(Paris)でジャンマルク・エロー(Jean-Marc Ayrault)仏外相と共に記者会見し「不幸なことに、まだ5万人が(アレッポ東部に)とどまっており、このうち4万人は民間人だ。残りは戦闘員15005000人とその家族だ」と述べた。

 デミストゥラ特使はそのうえで、退避する人々に国連職員が付き添い、戦闘員が退去合意に基づいた配慮ある待遇を受けられるようにすることが、国連として最優先課題だと語った。

 一方、ジョン・ケリー(John Kerry)米国務長官は、ボスニア紛争中に起きたスレブレニツァ(Srebrenica)の虐殺が繰り返されるのを避けるため、対策が必要だとの見解を示した。

 シリア政府を支援するロシアと反体制派を支援するトルコが仲介した今回の合意では、アレッポ東部から退避した人々は北西部の反体制派地域イドリブ(Idlib)へ移送されることになっている。

 これまでに民間人や反体制派の戦闘員とその家族を乗せたバスや救急車の車列が、3回に分けてアレッポを離れた。赤十字国際委員会(ICRC)シリア代表部のマリアンヌ・ガゼール(Marianne Gasser)首席代表は、第2陣が出発した段階で「子どもを含む約3000人の民間人と、負傷者40人以上が出発した」と説明。ただし「東部に残っている人数は不明だ」として、退避完了には数日かかるとの見通しを示した。(c)AFP

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016年12月15日 (木)

私の世界・知らない世界―「アレッポの戦乱、停戦合意の行方・・!?」

ネットのAFPの記事から、「シリア第2の都市アレッポ(Aleppo)東部で14日、激しい戦闘が勃発し、反体制派支配地域から市民と戦闘員を避難させるとした合意が履行されないままとなって・・」という話です。

シリア・アレッポの反体制派支配地域で、街の向こうから立ち上る煙(20161214日撮影)。(c)AFP/KARAM AL-MASRI

02

シリア・アレッポで、反体制派の支配地域から市民を避難させるために待機するバス(20161214日撮影)。(c)AFP/George OURFALIAN

 

03

ただ、イギリスの情報誌の“Mail Online”(dailymail.co.uk)には「今度はこの状況が続くことを祈りましょう:アサド政権側の後退する主張の中で合意崩壊のほんの数時間前に、アレッポ停戦協定が復活・」:“Let's hope it lasts this time: Aleppo ceasefire deal is back ON just hours after it collapsed amid claims of backsliding by Assad”という記事があり合意が履行されるようです。

この地域はシリア政府軍と反体制派勢力以外にも、イスラム国(ISIS)やクルド人民防衛隊(YGP)の支配が迫っている地域で、参考に“Mail Online”からアレッポ周辺の勢力図です。

01

『アレッポで激しい戦闘、撤退合意は履行されず シリア

20161214 22:26 発信地:アレッポ/シリア)

1214 AFP】(更新、写真追加)シリア第2の都市アレッポ(Aleppo)東部で14日、激しい戦闘が勃発し、反体制派支配地域から市民と戦闘員を避難させるとした合意が履行されないままとなっている。

 アレッポから反体制派が撤退するとの合意が前日夜に発表された後、同市では家族を連れた人々が市内からの脱出を期待して、14日の早朝から集合していた。だが、現地時間の午前5時(日本時間同日正午)に予定されていた第1陣の出発が延期されると、数時間後には激しい戦闘が再び始まった。

 数年にわたる戦闘の後、反体制派の抵抗に終止符を打つはずだった画期的な合意の行方は、政権と反体制派、さらにそれぞれの同盟勢力が非難合戦を繰り広げる中、不透明さを増している。

 アレッポ東部に残る反体制派の支配地域では、取材に当たるAFP特派員が複数の負傷した市民を目にした他、周辺地域は戦車による激しい砲撃に見舞われていると伝えている。

 在英のNGO「シリア人権監視団(Syrian Observatory for Human Rights)」は、反体制派支配地域で空爆が実施されたと発表し、「前線では激しい衝突が繰り広げられている」と述べた。

 一方でシリアの国営放送は、反体制派が政権側の支配地域に向けたロケット弾の発射を再開し、少なくとも7人が死亡したと報じている。

 政権に近い情報筋および反体制派がAFPに明らかにしたところによると、市民と戦闘員を反体制派の支配地域から避難させるとしていた合意は、シリア政府からの異議により留保された。また、この情報筋によれば、反体制派が退避者の人数を2000人から1万人へと増やす意向を示したところ、シリア政府が拒絶したという。(c)AFP/Rim Haddad and Karam al-

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016年12月14日 (水)

私の世界・面白い話のネタ―「訪日前のプーチン氏、秋田犬「ゆめ」をお披露目・・!?」

ネットのAFPの記事から「訪日前のプーチン氏、秋田犬「ゆめ」をお披露目」という話で、その秋田犬「ゆめ」の5ショットです。

訪日に先立ち日本テレビと読売新聞のインタビューに応じ、秋田犬の「ゆめ」と戯れるウラジーミル・プーチン露大統領(2016127日撮影)。(c)AFP/SPUTNIK/Alexey DRUZHININ

01

02

ネットの“en.kremlin.ru”というサイトに、「日本テレビと読売新聞がプーチンのインタビュー」:“Interview by Vladimir Putin to Nippon TV and Yomiuri newspaper”という記事があり、AFPの写真の元となる動画が紹介されていました。その中から秋田犬「ゆめ」の様子がわかるものです。

04


 秋田犬「ゆめ」は部屋に入ると、当然ながら見知らぬ怪しげな日本の人(日本テレビと読売新聞関係者)を見て、威嚇するように吠え、プーチン氏が餌を与えて宥め、直ぐにプーチン氏に促されて退出しました。

 なお、“pitomec.ru”というペットのサイトには、秋田犬が紹介されていて、ロシアでの秋田犬はプーチン氏のことだけでなく、以前から知られていたのかも知れません。

03


『訪日前のプーチン氏、秋田犬「ゆめ」をお披露目

20161214 05:32 発信地:モスクワ/ロシア)

1214 AFP】ロシアのウラジーミル・プーチン(Vladimir Putin)大統領は、15日からの訪日に先立ち日本の一部メディアが行ったインタビューで、2012年に日本から贈られた雌の秋田犬「ゆめ(Yume)」をお披露目した。

 ゆめは、2011年東日本大震災後のロシアの支援に感謝の意を表して贈呈された。プーチン氏は2014年、ソチ(Sochi)を訪れた安倍晋三(Shinzo Abe)首相にゆめを紹介している。

 プーチン大統領によると、ゆめは「大変元気」で、「厳格な」番犬だという。

 日本側はプーチン氏の今回の訪日に際し、ゆめの「花婿」となる雄犬の贈呈も申し出たが、プーチン氏がこれを辞退したと、安倍首相の側近が11日明かしている。(c)AFP

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016年12月13日 (火)

私の世界・面白い話のネタ―ネコ物語・「少し変? が可愛い・・のネコ!?」

ネットの“funnycatpix.com”から、この子たちを見て思いついたのが、今回のネコ物語・「少し変? が可愛い・・のネコ!?」に相応しいと思える「いろいろな表情のネコたちの写真」を適当に選択・編集です。

ノビは自分もするくせに、人がすると言う:「何してんの・・!?」

01

無理にでも入る・・

05

どんな体勢でも、気にならなければ、寝る!

04

普通はしないのに:「何か変?・・」

03

鼻先のハエに・・:「何じゃろかい・・?」

02

話は別に:「最近のチップとチビ」ですが、ハエが出たので、思いついたチビとチップの会話。

○チビが天井を見ていて、何か不穏なものを蛍光灯の笠の内に見つけました。

07

チビ:「あれっ、何やろ・・?」

○早速、チップ叔父さんに相談しました。

08

チビ:「おじさん、蛍光灯の笠の内に怪しい影があるんですけど、何ですか?・・」

チップ:「あれはただのハエの死んだんや、ここのご主人、少し不精なんで掃除が行き届かんねん」

チビ:「へー・・何や、そうなんや・・」

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016年12月12日 (月)

私の世界・知らない世界―「ナイジェリアの教会屋根崩落・・!?」の現場

ネットのAFPのニュースですが「ナイジェリア南東部のアクワ・イボム(Akwa Ibom)州の州都ウヨ(Uyo)で教会の屋根が崩落した事故で、救急当局は60人の死亡が確認された・・」という話ですが、AFPは“ナイジェリアのウヨ(Uyo)”を紹介するのにこんな地図しか載せていません。

ナイジェリアのウヨ(Uyo)の場所

00

 ・・で、俄然、屋根が崩落したウヨ(Uyo)の教会の場所が知りたくなってマップで検索してみましたが、ウヨ(Uyo)にはやたらと教会があり無理だとわかりました。

 ネットで色々調べてみるとフランスの教会関係の新聞?“Journal Chrétien”(“journalchretien.net”)にも記事があり、事故の動画がありました。

Journal Chrétien

05

ウヨ(Uyo)の教会の屋根が崩落した事故現場

03

04

 この画像から、大きな(それもかなり大規模な・・)青い屋根の協会であることが分かり、先にウヨ(Uyo)のマップを見ていたときそれらしき教会があり、再度マップで確認すると、“Foursquare Gospel Church四方福音教会)となっています。

02


時事通信は“キリスト教福音派教会の屋根”としており確定的ではありませんが、屋根が崩落したのは多分この場所の“Foursquare Gospel Church”(四方福音教会)のようです。

現場の画像を見ると大規模な鉄骨で支えられた屋根全部が崩落したもので60人の死亡確認され200人負傷と報道されていますが、まだ増えないか心配です。

『ナイジェリアの教会屋根崩落、60人の死亡確認 200人負傷

20161212 10:48 発信地:ラゴス/ナイジェリア)

1212 AFP】ナイジェリア南東部のアクワ・イボム(Akwa Ibom)州の州都ウヨ(Uyo)で教会の屋根が崩落した事故で、救急当局は60人の死亡が確認されたと明らかにした。現場では救助隊が生存者の捜索を続けている。

 病院関係者によると、この他に負傷者200人が治療を受けている。

 事故当時、キリスト教福音派のこの教会には大勢の信者が礼拝に訪れていた。教会の屋根は工事中だった。

 国営ナイジェリア通信(Nigerian News Agency)は「50200人」が死亡した可能性があると報じているが、警察当局は救助活動が継続中だとして犠牲者数の推計を示す段階ではないとしている。(c)AFP

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016年12月11日 (日)

私の世界・面白い話のネタ―「アメリカのパンダ、中国でカルチャー・ショックになる・・!?」

ネットのCNNのニュースから『中国共産党の機関紙「人民日報」は10日までに、米ジョージア州アトランタの動物園で生まれ、今年11月3日に四川省成都にあるジャイアントパンダ繁殖研究所に移送された双子の2頭が中国での飼育環境に慣れず、担当者がしつけに苦労していると報じた・・』という話、日本語CNNは『米国生まれのパンダ、中国で苦難 言葉通じず「偏食」も・・』ですが、本家のCNNは「アメリカのパンダ、中国でカルチャー・ショックになる・・」:“American pandas have culture shock in China”です。

双子のパンダはアトランタで2013年に生まれた(CNNより)

01


パンダは世界で約1800頭生息しているという

02


本家のCNNから、双子二匹でいる写真です。

03


・・で、その「四川省成都にあるジャイアントパンダ繁殖研究所」ですが、“四川成都外北成都大熊猫繁育研究基地”でマップ検索すると出てきます。

05


 マップの写真から“成都大熊猫繁育研究基地”の入り口とパンダの写真を適当に選びました。

04


 アトランタ動物園はHP(“zooatlanta.org”)があり、パンダの生まれたばかりの赤ちゃんの動画もあります。

アトランタ動物園のHP(“zooatlanta.org”)

07

パンダの生まれたばかりの赤ちゃん

06

アトランタ動物園のパンダのオりの中

08

アトランタは都会の動物園そのもので、山などの風景は壁に描いた絵、中国に行ってカルチャー・ショックを受けるのも無理ない話です。

『米国生まれのパンダ、中国で苦難 言葉通じず「偏食」も

2016.12.10 Sat posted at 15:45 JST

(CNN) 中国共産党の機関紙「人民日報」は10日までに、米ジョージア州アトランタの動物園で生まれ、今年11月3日に四川省成都にあるジャイアントパンダ繁殖研究所に移送された双子の2頭が中国での飼育環境に慣れず、担当者がしつけに苦労していると報じた。

米国産ビスケットを偏食し、飼育員による四川語での指図も無視しているという。

この2頭は3歳の「メイルン」と「メイファン」。同研究所の繁殖担当者は同紙に、最大の懸念は2頭が米国で慣れ親しんでいたビスケットへの執着と指摘。この偏食を変えるため、ビスケットに他の餌を混入させて与える努力を行っているという。

また、2頭は名前を呼ばれた時には反応するが、四川語による他の命令には見向きもしないという。

アトランタ動物園の広報責任者はCNNの取材に、これらの過度的な問題は通常のことで、いずれは新しい環境に順応すると指摘。同動物園は四川省への移送に伴うストレスなどを緩和させるため約170キロの竹と好物のビスケット約11キロもあわせて送ったという。

飼育員とパンダの意思疎通の手段は言葉だけではないとも主張。多数の手の合図への理解も訓練を重ねることで深まるとしている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016年12月10日 (土)

私の世界・知らない世界―「英対外情報部(MI6)って・・!?」

ネットのCNNのニュースから、「英対外情報部(MI6)のアレックス・ヤンガー長官は8日、ロンドンの本部で演説し、惨状が次々明らかになるシリアの「悲劇」について、ロシアの果たしている役割に警鐘を鳴らした・・」という記事です。

CNNの「ロンドンのテムズ川南岸に立つ英対外情報部(MI6)の本部」が暗い写真なので、ウィキの明るい「ヴォクソール橋からテムズ川越しに見たSIS本部ビル」も・・

01

その英対外情報部のMI6というのはウィキによると、「陸軍省情報部(DMIDirectorate of Military Intelligence) の元で各組織との連絡を担当する課の名称としてそれぞれのMilitary Intelligenceの種類に応じて組織名に番号が割り振られ、第一次世界大戦中のSIS=秘密情報部(Secret Intelligence Service)はMIc)と呼称されていたが、1930年代後半にMI6の名称が割り当てられた・・」ということで、007でお馴染みのイギリス情報局秘密情報部のことです。

英対外情報部(MI6)はHPもあり見ることが出来ます。

02

 その現職のMI6長官が本部で外部にも公開された形で演説をするのは、「初めてのこと・・」だそうですが、そのアレックス・ヤンガー長官の顔が見たくて調べると“jiji.com”というサイトに紹介されていました。見た目は、意外に温和な? 感じの人です。

英対外情報部(MI6)のヤンガー長官=英外務省が2014年10月提供【AFP=時事】

Photo

 英対外情報部(MI6)の場所とストリートビューで見る、「ヴォクソール橋から、道路とテムズ川越しに見たSIS本部ビル」です。

03


『シリアの「悲劇」の陰にロシアの存在、英情報機関トップが警告

2016.12.09 Fri posted at 16:04 JST

ロンドン(CNN) 英対外情報部(MI6)のアレックス・ヤンガー長官は8日、ロンドンの本部で演説し、惨状が次々明らかになるシリアの「悲劇」について、ロシアの果たしている役割に警鐘を鳴らした。

「(シリア北部の都市)アレッポにおいてロシアとシリア政府は不毛の地を作り出そうとし、それを平和と呼ぼうとしている」とヤンガー長官は述べた。

現職のMI6長官が本部で、外部にも公開された形で演説をするのは初めてのことだ。

演説はMI6の情報公開を求める声に応えたものだが、出席が認められたのは少数の記者のみだった。記者らはロンドン中心部の別の集合場所から本部に移動させられ、電子機器の持ち込みは禁止。ノートにメモを取ることだけが認められた。

ヤンガー長官はまた、さまざまな要素が混在した「ハイブリッド戦争」という現象について、徐々にその危険度が増しつつあると語った。これはロシアがネットを使い、米大統領選に介入したとされる問題のことと思われる。

その上で同長官は「グローバル化の中心にある(ネットの)接続性は、敵対的な意図を持つ国々によって悪用されかねない。サイバー攻撃やプロパガンダ、民主的プロセスの破壊といったさまざまな手段が使われる」「リスクは大きく、主権の根幹に関わる脅威となっている」と語った。

一方、スパイ映画の人気シリーズ「007」の主人公ジェームズ・ボンドについては、現在のMI6では採用されないだろうと述べた。「世間では長きにわたり、名門大学の出身者や接近戦に熟達しているといった、MI6職員を定義する特定かつ単一の資質があると思われてきた」「もちろんこれは明らかに真実ではない。MI6はその人の背景にかかわらず、最高の才能を生かすことのできる職場でなくてはならない」

秘密情報部(Secret Intelligence ServiceSIS

イギリスの情報機関の1つ。国外の政治、経済及びその他秘密情報の収集、情報工作を任務としている。

MI6の名称>

第一次世界大戦以前にはイギリスの情報収集活動は、複数の官庁が個別に組織を設け活動していた。第一次世界大戦が勃発すると全情報を一元的に管理することになり、陸軍省情報部(DMIDirectorate of Military Intelligence) の元で各組織との連絡を担当する課の名称としてそれぞれのMilitary Intelligenceの種類に応じて組織名に番号が割り振られた。第一次世界大戦中のSISMIc)と呼称されていたが、1930年代後半にMI6の名称が割り当てられた。他の組織には、MI1(暗号、暗号解読、後に他の部署と統合され政府暗号学校。現在の政府通信本部)、MI2(中東、極東、スカンジナビア、アメリカ、ソ連、中央アメリカ、南アメリカ)、MI3(東欧、バルト海沿岸諸国即ちリトアニア・ラトビア・エストニア)、MI4(地図作成)、MI5(防諜)などがある。第二次世界大戦中にMI5との連携が強化される過程でMI6の名称は広く用いられるようになった。SISでは既にMI6の名称を公式には利用していないが、一般に認知されているため公式サイト等では用いられている。日本政府は、日本語の名称として秘密情報部を用いている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016年12月 9日 (金)

私の世界・面白い話のネタ―「空港の“癒やしブタ”って、もしかして冗談では・・!?」

ネットのCNNのニュースから、「空港の“癒やしブタ”って、もしかして冗談では・・!?」:“An airport therapy pig? We're snort kidding!”という話で、サンフランシスコ国際空港は乗客の旅の疲れを癒やすセラピーペットの一員として、新しくブタの「リルー」を採用したのです。

青い衣装を身に着けたブタのセラピーペット「リルー」=サンフランシスコ国際空港

01


 ・・で、以下の写真は本家のCNNの記事からですが、「ブタで癒される・・!」というのは、私にとって不思議? というか、「まあ・・、好きにしたら・・!?」という感じです。

02


03


04


 ブタ君には失礼ですが、こんなんが可愛くて癒されるなら、「最近のヒップとチビ」の方が断然と思うのです。

「最近のヒップとチビ」:場所の取り合いの喧嘩ような、仲良しのじゃれ合いのような・・!?

Nec_0071


『空港のアイドル「癒やしブタ」、サンフランシスコにお目見え

2016.12.07 Wed posted at 12:02 JST

(CNN) 米サンフランシスコ国際空港で乗客の旅の疲れを癒やすセラピーペットの一員として、新しくブタの「リルー」が加わった。同空港に癒やしブタが登場するのは初めてだという。

リルーは着飾ったり芸をしたりする姿で大勢のファンを魅了している若いメスのブタ。サンフランシスコ国際空港が組織した動物セラピープログラム「ワグ・ブリゲード」に新メンバーとして加わった。同プログラムでは人懐こい犬や猫をリクルートして空港内を巡回させ、乗客の癒やしに一役買っている。

同プログラムに協力しているサンフランシスコの動物保護団体SPCAによると、同空港に癒やしブタが派遣されるのは初めてだという。「リルーがセラピーに訪れて、乗客たちを驚かせたり喜ばせたりする様子は素晴らしい」と担当者はコメントしている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016年12月 8日 (木)

騙されてはいけない1447―今起こっている福島原発事故・「2017年3月末までに急増(想定)? の瓦礫類保管量や伐採木保管量・・!?」

東電の「廃炉・汚染水対策チーム会合 第36回事務局会議(20161124日)」における「【資料3-4】放射性廃棄物処理・処分」の「瓦礫類・伐採木・使用済保護衣等の管理状況(2016.10.31 時点)」と「水処理二次廃棄物の管理状況(2016.11.17時点)」、「瓦礫類・伐採木・水処理二次廃棄物・濃縮廃液・使用済保護衣等の保管量推移」からです。

 細かくて見辛いのですが、まず全体図です。

Aa

02

「瓦礫類・伐採木・水処理二次廃棄物・濃縮廃液・使用済保護衣等の保管量推移」を見ていて気が付いたのですが、「瓦礫類保管量の推移」の図について、注の※2に「20173月末の保管量(想定)31m3に達する見込み。:<主な工事>・タンク設置関連工事・1号建屋カバー関連工事等・1~4号海側構内整備工事・敷地造成関連工事」とあり、また、「伐採木保管量の推移」の図も※2に「20173月末の保管量(想定)14.7m3に達する見込み。」となって2017年に瓦礫類保管量が31m3(現況191500 m3)伐採木保管量が14.7m3(現況89,8003)と相当急激な増量が想定されています。

以下は、その増加が分かりやすいように図を加工・編集しました。

01

 ついでに、「瓦礫類・伐採木・使用済保護衣等の管理状況」も拡大加工しましたが、分かりやすくなったか? というと、自信はありません。

使用済保護衣等が現状で69,600 3もあるというのも愕きです。

Aa01

Aa02

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016年12月 7日 (水)

私の世界・面白い話のネタ―ネコ物語・「モスクワ、世界最大のキャット・ショーの1つ、“The Grand Prix Royal Canin cat show”・・のネコ!?」

ネットの“theguardian”(theguardian.com)の“The Grand Prix Royal Canin cat show-in pictures”という記事からですが、“Grand Prix Royal Canin cat show”は、毎年ロシアのモスクワで行われる世界最大のキャット・ショーの1つ、2000匹以上のネコや4万人の猫愛好家が集まるものだそうです。

The Grand Prix Royal Canin cat show”

01_2

その中で、気に入ったネコを適当に、というか、オリエンタル・ショートヘヤーは何故か余り好みではないので省こうと思いましたが、一応、ネコに差別は良くないので、まず最初に紹介します。

「不思議なことに・・」は失礼かも知れませんが、オリエンタル・ショートヘヤーは外国のキャットショウでは人気のようで3ショットもあります。

オリエンタル・ショートヘヤー

00_2

メインクーン、北アメリカの品種の中で最も古いものの1

03

機敏な感じのするメインクーンはその起源を知られていませんが、1つの伝説としてキャプテン・アライグマ(“Captain Coon”)と呼ばれる英国の海の旅人(海賊?)によって米国に持ってこられた系統を引く言われています

08

遅い入場者はお気に入りを手に出来ません

04

ブリティシュ・ショートヘアーはローマ人によって英国に持ってこられたヨーロッピアン・キャットから始まったと言われている

05

カメラを睨むブリティシュ・ショートヘアー

09_2

ハイランドリンクスは、自然にカールした耳が特徴

07

エキゾチック・ショートヘア(ペルシャネコのショートヘアのバージョン)

11

「褒められるんも、疲れるニャー・・!」・・のネコ

12

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016年12月 6日 (火)

騙されてはいけない1446―今起こっている福島原発事故・「相次ぐ使用済燃料プール(SFP)冷却、炉注水の停止・・!?」

東電の12月5日の記者会見配布資料「福島第一原子力発電所の状況」と「福島第一原子力発電所 使用済燃料プール循環冷却二次系設備停止について」、「福島第一原子力発電所 3号機原子炉注水停止に伴う運転上の制限からの逸脱ならびに復帰について」、「福島第一原子力発電所 3号機原子炉圧力容器・格納容器注水設備系統概略」からです。

Photo

01

「使用済燃料プール循環冷却二次系設備停止」と「3号機原子炉注水停止」という、相次ぐSFP冷却や炉注水停止の事故ですが、どちらも「12415時頃運転員が月1回の定例パトロールにて、当該ポンプのベント弁廻りの確認作業を実施しており、意図せず触れた可能性がある・・」や「定例点検を実施していた協力企業作業員がよろめいて左肘を3号機復水貯蔵タンク(CSTという)炉注水ポンプ(B)のスイッチにぶつけ、スイッチのカバーが破損同時刻、同ポンプ(B)が停止した警報が発生するとともに、3号機の原子炉注水が停止・・」と“定例や定期作業時の不注意”にしています。

02

「福島第一原子力発電所の状況」を見ると、まだ、使用済燃料プール(SFP)代替冷却系停止の話だけで「3号機原子炉注水停止」はないのですが、二次系冷却設備を1~3号機共用の二次系冷却設備へ変更する工事を直前にしており、何か変? というか、関連する気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016年12月 5日 (月)

私の世界・面白い話のネタ―ネコ物語・「最近のチップとチビ、古い座布団がトイレ・・のネコ!?」

「最近のチップとチビ」です。寒いので仲良く一緒にストーブと日向ぼっこをします。

03_2

02_2

 裏の廊下にはネコ用トイレがあるのですが、チップはウッドチップのトイレ(チップの名前とは無関係の公式トイレ、一応、チップのための説明)を使いますが、チビは最初の発情期を迎えて以来、お座布団でしかほとんど? しなくなり、補助用トイレとして倅達の古い座布団を使い回しで使っています。(洗濯が大変です)

チップ:「なあ、チビ・・トイレは、ちゃんと弁えなアカンよ・・!」

チビ:「あたい、トイレはお布団に決めてますねん・・」

01_2

 写真は、階段横のライオンより上にあがりたがるチビ・・。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016年12月 3日 (土)

騙されてはいけない1445―今起こっている福島原発事故・「タービン建屋東側、地下水位の高さ・・!?」

東電の122日の記者会見配布資料「タービン建屋東側における地下水及び海水中の放射性物質濃度の状況について」から、「タービン建屋東側の地下水濃度」と「地下水位の挙動」の図です。

01

02

 

 これらを眺めていても、よく分からないので「福島第一港湾内、放水口付近、護岸の詳細分析結果」の護岸地下水サンプリング箇所図と地下水位や地盤改良工事の状況(12号機間、2-3号機間、3-4号機間)やウェルポイント・汲み上げ井戸、凍土壁の位置関係をまとめてみました。

Photo

 これで見ると、地下水位の高さは明らかに“12号機間”<“2-3号機間”<“3-4号機間”となっています。

 南側の方が地下水位が高いのは“12号機間”のウェルポイントの汲み上げが570/週と2-3号機間の20/週や3-4号機間の10/週に比較して断然多いからかも知れません。

なお、“12号機間”の地下水位は海側直近のNO-9に比較して地盤改良(海側)内は1m程度低くなっています。

 また、赤枠で示した1号機北側部分のデータと図がない? というか、無視されているのですが、海への地下水流出はこの部分でもあるはず(むしろ、主かもしれない?)なのですが・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016年12月 2日 (金)

私の世界・面白い話のネタ―ネコ物語・『「可愛い・・!」のは良いのだけど、その行く末が心配・・の子供達、ネコと犬!?』

ネットのAFPの「【特集】かわいい動物の赤ちゃん」(20161201日)から、『「可愛い・・!」のは良いのだけど、その行く末が心配・・の子供達、ネコと犬!?』です。

まず、「【特集】かわいい動物の赤ちゃん」の子ネコたち・・。

・父親に寄り添う生後4か月のホワイトライオンの赤ちゃん(20161130日撮影)。(c)AFP/Vano SHLAMOV

Aa_2

 若干、心配なのはライオンのオスは赤ちゃんを食べる場合があるそうで、顔を見ると「うざいし、食べちゃおかな・・?」という感じにも見えます。

・生後10日のスナネコの赤ちゃん(2008425日撮影)。(c)AFP/JOHANNA LEGUERRE

Bb_2

・ベンガルトラの赤ちゃん(2014618日撮影)。(c)AFP/DPA/FELIX KAESTLE

Cc_2

・ウサギに近づくシベリアトラ(アムールトラ)の赤ちゃん(2013910日撮影)。(c)AFP

Dd_2

 「なに、ピョンピョンしたはんの・・?」という感じ・・。

 ・ライオンのおりの前に座った子ネコ(201183日撮影)。(c)AFP/SERGEI SUPINSKY

Ee_2

 「何か? 後ろが、薄ら寒いねん、気のせいやろか・・?」という感じ。

 ・・で、問題の『「可愛い・・」のは良いのだけど、その行く末が心配・・の子供達、ネコと犬!?』の写真集です。

・がれきの間から助け出され、米兵のポケットに入れられて運ばれる子犬(20041210日撮影)。(c)AFP/MNF-I

04_2

 写真の場所はイラクだと思いますが、アフガニスタンの可能性もあります。

・洪水の中をインド人男性に運ばれる生まれたばかりの4匹の子犬(2005924日撮影)。(c)AFP

06_2

・クリスマスを飼い主のホームレスの男性と過ごす子ネコたち(20101225日撮影)。(c)AFP/NOEL CELIS

03_2

 AFPの専属の写真家、最近、フィリピンが多いのですが、場所をフィリピンと特定出来ません。

・親露派戦闘員の胸に乗る子ネコ(2014722日撮影)。(c)AFP/BULENT KILIC

05_2

写真家の名前から(トルコの人)、シリア内戦それもトルコ国境に近い場所、例えばアレッポのようなとこです。

話は別に:funnycatpix.com”からネコの、少し、『ホッ・・』とする写真です。

はなフウセンのネコ:「何よ・・どっか(何処か)、変か・・?」

01

「友達、来てるねん・・」

02

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016年12月 1日 (木)

私の世界・面白い話のネタ―『善人、悪人を顔で判断できるか?・・!?』(その2)

前回、ネットの“Mail Online”(dailymail.co.uk)から、『善人、悪人を顔で判断できるか・・?』という問題を扱いましたが、その中にナチス戦犯のアドルフ・オットー・アイヒマンとイルマ・グレーゼが入っています。

アイヒマンは別として、イルマ・グレーゼはウィキによると、『ドイツ降伏直前の1945417日、ベルゼンに入ったイギリス軍によって逮捕され、同年1117日に死刑判決を受け、翌月の123日にイギリスの死刑執行人アルバート・ピエレポイントの手で刑が執行された。22歳没。』ということで、「ナチスでの全刑死者では最年少」だそうです。

ネットの“YouTube”に“Irma Grese 1923 – 1945”という動画があり、以下はそれを編集したものです。

03


18歳の時にラーフェンスブリュック強制収容所で看守として訓練を受け、19歳の時にアウシュビッツ強制収容所に配属された・・」ということです。

04


 見方にもよりますが、彼女がナチスの冷酷・非常な女看守となり、最年少の死刑(22歳没)となったのは社会状況や回りの大人の所為、そのイメージは後で作られたもので、本当のところは不明です。

05


 彼女を生来の悪人と思うかどうかは、見る人の心の内にあるものです。

アドルフ・オットー・アイヒマン(Adolf Otto Eichmann1906319 - 196261日)

06

ドイツの親衛隊(SS)の隊員。最終階級は親衛隊中佐。ドイツのナチス政権による「ユダヤ人問題の最終的解決」(ホロコースト)に関与し、数百万の人々を強制収容所へ移送するにあたって指揮的役割を担った。

戦後はアルゼンチンで逃亡生活を送ったが、1960年にイスラエル諜報特務庁(モサド)によってイスラエルに連行された。19614月より人道に対する罪や戦争犯罪の責任などを問われて裁判にかけられ、同年12月に有罪・死刑判決が下された結果、翌年5月に絞首刑に処された。

イルマ・グレーゼ(Irma Grese, 1923107 - 1945123日)

アウシュヴィッツ=ビルケナウ強制収容所(以下「アウシュビッツ強制収容所」と称する)ならびにベルゲン・ベルゼン強制収容所の女性看守。

イルマ・グレーゼ(Irma Grese, 1923107 - 1945123日)は、アウシュヴィッツ=ビルケナウ強制収容所(以下「アウシュビッツ強制収容所」と称する)ならびにベルゲン・ベルゼン強制収容所の女性看守。

<経緯>

元々、ナチスの一組織ドイツ女子同盟 (BDM) に深く共鳴し、15歳で学校を辞めた後、親衛隊幹部のサナトリウムで看護師などをしていたが、18歳の時にラーフェンスブリュック強制収容所で看守として訓練を受け、19歳の時にアウシュビッツ強制収容所に配属された。その後、連絡主任にまで出世する。

<収容所での振る舞い>

アウシュビッツ強制収容所の囚人女医ジゼラ・ペルルによると、風貌は美しい天使の如き無垢な顔の少女であったが、女性看守の中では最も残酷であり、ユダヤ人女性の乳房に鞭を振るって大ケガをさせることで心的快感を得るサディスティックな側面を持っていたという。また、ヨーゼフ・メンゲレらとの醜聞の噂も絶えず、堕胎手術を頼んだ事もあったとされる。

さらに、ガス室行きが決定された囚人に犬をけしかけて噛み付かせたりする行為等、収容所を説明する数々の文献に悪名高き者として取り上げられる事も多く、ベルゲン・ベルゼン強制収容所の元収容者、バリー・スパンヤードは解放後にイルマの悪事の数々を自著に綴った上で「石の心を持つ女」と講演等において激越に批判している。

<ベルゼン裁判>

ドイツ降伏直前の1945417日、ベルゼンに入ったイギリス軍によって逮捕された。その後、ナチスの数々の人道に対する罪を裁くベルゼン裁判で「戦争犯罪裁判規定」第4条に基づき、コーンウォール公軽歩兵第五連隊よりベルゼン所長ヨーゼフ・クラーマーを含む他の43名と共に戦争犯罪の罪状で起訴されている。同年1117日に死刑判決を受け、翌月の123日にイギリスの死刑執行人アルバート・ピエレポイントの手で刑が執行された。22歳没(ナチスでの全刑死者では最年少)。尚、最期の言葉は「早く済ませて」であった。(いきぺディア)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »