« 私の世界・知らない世界―「ドイツのノイビート(Neuwied)動物園、バーバリライオンの家族・・!?」 | トップページ | 騙されてはいけない1493―今起こっている福島原発事故・「原子炉格納容器内部調査、核燃料デブリの位置・・!?」 »

2017年6月28日 (水)

騙されてはいけない1492―今起こっている福島原発事故・「タービン建屋東側の地下水濃度、3,4号機取水口間について・・!?」

東電の627日の記者会見配布資料「福島第一港湾内、放水口付近、護岸の詳細分析結果」と616日の「タービン建屋東側における地下水及び海水中の放射性物質濃度の状況について」の「タービン建屋東側の地下水濃度」からで、前回の『騙されてはいけない1491―「タービン建屋東側の地下水濃度・・!?」』の“続き、その②”のようなものです。

「福島第一港湾内、放水口付近、護岸の詳細分析結果」の“護岸地下水、“3,4号機取水口間”の地下水観測孔No.3-5においてトリチウムが過去最高値を更新しています。

値は190Bq/L(塩素除く)と排水目標の基準としている1500 Bq/Lからはかなり低いものです。

 

3402

今回は注目されていない“3,4号機取水口間”を紹介しますが、「タービン建屋東側における地下水及び海水中の放射性物質濃度の状況について」の“タービン建屋東側の地下水濃度”の“3,4号機取水口間”と“3-4号機間地盤改良工事の進捗状況(616日朝時点)”です。

 

3403

 以下は、それと対応する実際の現場の航空写真(マップより)を見たもので、地下水観測孔No.3-5や海側遮水壁、地盤改良部分、ウェルポイントなど一応の説明を付けています。

 

3401

図の説明にある“地下水・海水溜まり”は海側遮水壁の内側にある遊水地のような埋立て未完部分(東電はわざ? と残している・・)、汚染地下水と海水の混合した“溜まり”です。

 

3404

“溜まり”池はアスファルトの様にも見えるので拡大したものですが、やはり相当黒く濁ったもの(汚染水)が海側遮水壁を通して浸出しているように見え、シルトフェンスが3重に張られています。

|
|

« 私の世界・知らない世界―「ドイツのノイビート(Neuwied)動物園、バーバリライオンの家族・・!?」 | トップページ | 騙されてはいけない1493―今起こっている福島原発事故・「原子炉格納容器内部調査、核燃料デブリの位置・・!?」 »

震災・原発事故」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568829/65468760

この記事へのトラックバック一覧です: 騙されてはいけない1492―今起こっている福島原発事故・「タービン建屋東側の地下水濃度、3,4号機取水口間について・・!?」:

« 私の世界・知らない世界―「ドイツのノイビート(Neuwied)動物園、バーバリライオンの家族・・!?」 | トップページ | 騙されてはいけない1493―今起こっている福島原発事故・「原子炉格納容器内部調査、核燃料デブリの位置・・!?」 »