« 騙されてはいけない1492―今起こっている福島原発事故・「タービン建屋東側の地下水濃度、3,4号機取水口間について・・!?」 | トップページ | 私の世界・面白い話のネタ―ネコ物語・「他の人などとは、いろいろある・・のネコ!?」 »

2017年6月29日 (木)

騙されてはいけない1493―今起こっている福島原発事故・「原子炉格納容器内部調査、核燃料デブリの位置・・!?」

東電の687日の記者会見配布資料「(第54回特定原子力施設監視・評価検討会)原子炉格納容器内部調査について」の「1.各号機の状況」の「1.1燃料デブリ分布の推定と水位」からです。

 東電が明確な核燃料デブリの位置を示したのは始めて? と思うのですが、その図を紹介しますが、1号機が一番酷く全部が原子炉底部ペデスタル床のコンクリートに埋まっている状況です。

2号機は圧力容器内に核燃料デブリの多くが残っているという想定、3号機は図では圧力容器内とペデスタル内に半々の様に示されていますが、まだ核燃料デブリの位置は確認されていないようです。

 格納容器内の水位は3号機が高く、次いで1号機、2号機は底に少し溜まっている状態の様です。

01

 なお、蛇足的ですが「1.各号機の状況」の「1.2 原子炉建屋1階の空間線量と「1.3 X-6ペネの使用可否」を紹介しますが、原子炉建屋1階の空間線量の“高さ”や“X-6ペネの使用可否”は今後の作業の困難性を示すものです。

02

話は別に:昨日、3,4号機取水口間の“地下水・海水溜まり”から「・・黒く濁ったもの(汚染水)が海側遮水壁を通して浸出・・」と言う話をしましたが、

「(第54回特定原子力施設監視・評価検討会)地下水流入対策の現状」の「【参考】凍結開始前と現状の4m盤の地下水収支の評価」によると、現状の海側遮水壁を通して海へ浸出は平均30/日のようです。

現状の4m盤の地下水収支

34aa

黒く濁ったもの(汚染水)が海側遮水壁を通して浸出(再掲)

3404

完全凍結の陸側遮水壁(海側)を通して平均110/日もあるのですが、以前、下からの圧力、“湧き上がり”を言いましたが、閉じていない(凍結できない)配管やトレンチなどの構造物を通して? があるのかも知れません。

陸側遮水壁(海側)の配管やトレンチなどの構造物

03

|
|

« 騙されてはいけない1492―今起こっている福島原発事故・「タービン建屋東側の地下水濃度、3,4号機取水口間について・・!?」 | トップページ | 私の世界・面白い話のネタ―ネコ物語・「他の人などとは、いろいろある・・のネコ!?」 »

震災・原発事故」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568829/65472521

この記事へのトラックバック一覧です: 騙されてはいけない1493―今起こっている福島原発事故・「原子炉格納容器内部調査、核燃料デブリの位置・・!?」:

« 騙されてはいけない1492―今起こっている福島原発事故・「タービン建屋東側の地下水濃度、3,4号機取水口間について・・!?」 | トップページ | 私の世界・面白い話のネタ―ネコ物語・「他の人などとは、いろいろある・・のネコ!?」 »