« 私の世界・面白い話のネタ―ネコ物語・「他の人などとは、いろいろある・・のネコ!?」 | トップページ | 私の世界・知らない世界―『モスクワの隠れた名所・その①、タガンスカヤの「バンカー42」(Bunker-42)・・!?』 »

2017年7月 1日 (土)

騙されてはいけない1494―今起こっている福島原発事故・「H2タンクエリアとH4タンクエリアの間の耐圧ホースから、水? が滴下・・!?」

東電の630日の記者会見配布資料「福島第一原子力発電所の状況」の「H4,H6エリアタンク周辺観測孔(周辺排水路含む)の状況、タンクパトロール結果関連」と629日の「放射線データの概要6月分(525日~628日)」の「4号機タービン建屋屋根雨水対策工事における被ばく低減対策について」からです。

 

H2h401

人の揚げ足を取るのは良くないとは思うのですが、汚染水漏れの報告がいかにも変? というか、杜撰なレポートあのです。

揚げ足を取る:「技を掛けようとした相手の足を取って倒すところから」、人の言いまちがいや言葉じりをとらえて非難したり、からかったりする。

 当初の報告(昨日の記者会見配布資料にも載せていたもの)では「漏えい範囲は直径5 ㎝程度」としてるのに、「水溜り?」と表現している漏れの総量は約260L(推定)もあるです。“直径”ではなく“深さ”が5㎝ではないか? と思うものです。

分析結果はCs-134:検出限界値未満(検出限界値:4.4Bq/L)、Cs-137:検出限界値未満(検出限界値:4.0Bq/L)、全ベータ:19Bq/Lとなっていて、全ベータが検出限界値未満ではないのですから、れっきとした汚染水です。

「ホース設置時に堰内に溜まった雨水にて通水試験を実施・・」も、「エッ、そんな野蛮な? ことしてはる・・!」と言いたい感じです。

・・で、そのH2タンクエリアとH4タンクエリアの間の耐圧ホースの場所をマップの航空写真からです。

 

H2h4

話の続き:人の揚げ足を取りついでに、「4号機タービン建屋屋根雨水対策工事における被ばく低減対策について」の図にも変なところがあります。建屋屋上や10m盤に降った雨を放水路に流入はいいのですが、その行き先が点々の矢印となって海側遮水壁手前の斜線部に向かっています。

まさか! とは思うのですが、一昨日に言った3,4号機取水口間の“地下水・海水溜まり”に向かっている感じです。

 

H2h4xx

なお、各号機の放水路の出口(海への)は、汚染が酷いので塞がれています。

各号機の放水路の図

 

H2h402

|
|

« 私の世界・面白い話のネタ―ネコ物語・「他の人などとは、いろいろある・・のネコ!?」 | トップページ | 私の世界・知らない世界―『モスクワの隠れた名所・その①、タガンスカヤの「バンカー42」(Bunker-42)・・!?』 »

震災・原発事故」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568829/65479509

この記事へのトラックバック一覧です: 騙されてはいけない1494―今起こっている福島原発事故・「H2タンクエリアとH4タンクエリアの間の耐圧ホースから、水? が滴下・・!?」:

« 私の世界・面白い話のネタ―ネコ物語・「他の人などとは、いろいろある・・のネコ!?」 | トップページ | 私の世界・知らない世界―『モスクワの隠れた名所・その①、タガンスカヤの「バンカー42」(Bunker-42)・・!?』 »