« 私の世界・知らない世界―「魂に安らぎを、タイのゾウ保護施設を訪ねる・・!?」 | トップページ | 私の世界・面白い話のネタ―ネコ物語・「いろいろお気に入りがある・・のネコ!?」 »

2017年8月23日 (水)

騙されてはいけない1509―今起こっている福島原発事故・「サブドレンNo.51水位低下に関するメカニズム(連通性確認試験の結果)・・!?」

 東電の821日の記者会見配布資料「福島第一原子力発電所サブドレンNo.51水位低下に関するメカニズム(連通性確認試験の結果)について」からです。

 東電は「82日にサブドレンNo.51において水位低下を示す警報が発生した。同時間帯に、サブドレンNo.51の近傍でサブドレン増強(新No.215)のためのケーシング掘削作業を行っていた。水位の変動と掘削作業の時間から、No.51から新No.215へ水が流れたことが原因として推定された。そのため、No.51と新No.215にて連通性確認の試験を810日に実施・・という話の結果報告で、結論っから言うと「ケーシング掘削作業がサブドレンNo.51の水位に影響することを確認」としていますが、何か? 無理やりのこじつけ感が否めないものとなっています。注)こじつける:関係のない物事を無理に理由をつけ関係づける。また、無理に理屈づける。

報告のメイン部分

No51xx

No51cc

 つまり、「No.51から新No.215への明確な流入は確認できなかったものの、ケーシングの動きに連動してNo.51と新No.215の水位が変動した。」という程度、近傍でケーシングを動かせば連通していなくとも多少の変動はあるもので、「流入は確認できなかった」が本当のところです。

 まず、変? に思うのは連通管と新No.215の距離を短く見せようとしている伏しがあるのと連通管の先が「地盤改良体施工時に一部閉塞の可能性あり」を説明図だけに小さく載せていることです。

連通管の先が「地盤改良体施工時に一部閉塞の可能性あり」

No51aa

 問題の連通管は直径15cmの有孔管ですが埋戻し土(砂質土)で埋められていて新No.215まで1.7mもあり、急に水位が下がるほどの連通性は考えられんません。

連通管は新No.215まで1.7

No51bb_4

 報告された、その他サブドレン関連資料ですが、「8月2日の水位変動と作業の関係性」の図を見るとNo.51の水位は1分もかからず約2mも急激に下がっています。

No51dd_2

No51ee

 別紙資料は、まず、「水位計巻き込み(データ欠損)」ばかりが気になるのですが、何処がケージングの動きにNo.51の水位が連動しているのか意味不明の図です。

No51ff

No51gg

|
|

« 私の世界・知らない世界―「魂に安らぎを、タイのゾウ保護施設を訪ねる・・!?」 | トップページ | 私の世界・面白い話のネタ―ネコ物語・「いろいろお気に入りがある・・のネコ!?」 »

震災・原発事故」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568829/65700820

この記事へのトラックバック一覧です: 騙されてはいけない1509―今起こっている福島原発事故・「サブドレンNo.51水位低下に関するメカニズム(連通性確認試験の結果)・・!?」:

« 私の世界・知らない世界―「魂に安らぎを、タイのゾウ保護施設を訪ねる・・!?」 | トップページ | 私の世界・面白い話のネタ―ネコ物語・「いろいろお気に入りがある・・のネコ!?」 »