« 騙されてはいけない1519―今起こっている福島原発事故・「陸側遮水壁 維持管理運転範囲の拡大・・!?」 | トップページ | 私の世界・知らない世界―「2期目の習近平指導部が発足、5人が新任・・!?」 »

2017年10月28日 (土)

私の世界・面白い話のネタ―ネコ物語・「ニュージーランドなど、“ファースト・キャット”・・のネコ!?」

ネットのBBCの記事から、「ニュージーランドの“ファースト・キャット”や他の政治家のペット」:“New Zealand's 'first cat' and other political pets”からですが、基本的には1026日にニュージーランドの首相へ就任した、ニュージーランド労働党党首のジャシンダ・アーダーンさんの飼いネコの話です。

First_catnz01

 元は野党の、若き女性(37才)が労働党党首になると人気が出て総選挙で議席を増やし、連立政権樹立の合意が成立で次期首相就任となったのです。

 彼女は“ネコ好き”、・・で飼いネコは“ファースト・キャット”という、日本と全然違う内容と展開なのですが、何か? うれしい感じです。

ニュージーランドの“ファースト・キャット”

First_cat00a

First_cat00b

何か、“ソッポ”(みんなが、全然無関心・・)のときもある

First_cat00c

 それとは別に、世界の“ファースト・キャット”は、マレーシアの首相のナジブ・ナザクさんと台湾の首相のツァイ・インウェンさんのネコです。

マレーシアの“ファースト・キャット”

First_cat02

First_cat02a

中華民国(台湾)の“ファースト・キャット”

First_cat01

・ジャシンダ・アーダーン(Jacinda Kate Laurell Ardern1980726 -

First_catnz

ニュージーランドの政治家。現在、ニュージーランド労働党党首。20171026日に同国首相へ就任。

2008年に比例代表から初当選し国会議員になり、20172月の補欠選挙で比例代表からくら替えし当選。労働党の副党首となり、8月に党の支持率低迷を理由にアンドリュー・リトル党首が辞任したことを受けて後継の党首に就任した。

これにより労働党の支持率は回復し、同年923日の総選挙で労働党は14議席を増やし46議席を獲得したが国民党の56議席には及ばず第2党にとどまった。しかし国民党も過半数には達しなかったため連立工作が開始され、1019日にニュージーランド・ファースト党の党首ウインストン・ピータースは労働党と連立政権樹立で合意したと発表。閣僚経験のないアーダーンの次期首相就任が確実となった。

・モハマド・ナジブ・ビン・トゥン・ハジ・アブドゥル・ラザク(Mohammad Najib bin Tun Haji Abdul Razak1953723 -

First_catml01

マレーシアの政治家。第6代首相。前政権では200417日より副首相を務め、200943日にアブドラ・バダウィより政権を引き継いだ。統一マレー国民組織(UMNO)の党員で、現総裁でもある。父親は第2代首相トゥン・アブドゥル・ラザク。

・蔡 英文(Ts'ai Ing-wen1956831 -

First_cattw01

中華民国(台湾)の政治家。現在、中華民国総統(第14代)、民主進歩党主席(第12-1315代)。同国行政院副院長(副首相に相当)などを歴任した。(=ウィキペディア)

|

« 騙されてはいけない1519―今起こっている福島原発事故・「陸側遮水壁 維持管理運転範囲の拡大・・!?」 | トップページ | 私の世界・知らない世界―「2期目の習近平指導部が発足、5人が新任・・!?」 »

ペット」カテゴリの記事

面白話・話のネタ」カテゴリの記事

知らない世界」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 私の世界・面白い話のネタ―ネコ物語・「ニュージーランドなど、“ファースト・キャット”・・のネコ!?」:

« 騙されてはいけない1519―今起こっている福島原発事故・「陸側遮水壁 維持管理運転範囲の拡大・・!?」 | トップページ | 私の世界・知らない世界―「2期目の習近平指導部が発足、5人が新任・・!?」 »