« 私の世界・知らない世界―「ベトナム沿岸警備隊がインドネシア軍の船に体当たり・・!?」 | トップページ | 私の世界・面白い話のネタ―「ロシアのオバハンはタフで少し変・・?!」 »

2019年5月 2日 (木)

私の世界・面白い話のネタ―昔は全国最年少有段者・・?!

 入院生活を長くしていると暇なので昔のことを思い出し、あの時こうしていたらとか、この時こう考えていれば! とか、「・・たら、・・れば!」をいろいろ夢想に耽りました。

 ・・で、思いついたのはもしかすると自分はギネスブックものの記録を持っているかも知れない? と思い付きました。

 中学1年の2月に柔道の昇段試験に受かり、そのとき一緒に受けた堀部君は受からなかったのですが、試合後に応援に来た堀部君のお母さんやお姉さんが強張って猛烈に痛くなった僕の手を揉んでくれているとき、道場主のお父さんの堀部先生が「君は全国最年少有段者や!」と叫んでいたのを思い出しました。

 中学生でも相手は社会人や高校生で、やっとのことで2人抜き(初段の条件)出来たのです。

 講道館の昇段規定では14才以上が初段の資格で、四月生まれの僕は中学二年の四月に初段の免状を貰っています。つまり、普通ならそれ以上早い初段はあり得ないからです。

 厳密に言うと、講道館の規定では小学生は一般の段級とは別に扱われ、中学生から一般の段級に入れ、初段は1級になって1年してから受けることが出来ます。普通は中学1年で初段を受けるのは無理なのです。

 僕の場合は京都の武徳殿で行なわれる地方の昇段試験(=講道館の免状は貰える)、桂中学柔道部顧問の西与七先生の裁量で中学1年でも1級になると受けに行け!と言われ受かったのです。

 なお、当時の桂中学は2つ上の三年生が近畿大会に団体優勝(昭和37年頃?)し、僕で三連覇目で個人も優勝(無差別で体重制限なし)しました。当時は近畿大会が最上位の大会で全国大会はありません。

近畿大会優勝の記念写真(下段の真中、高橋先生が副顧問)

Photo_4

 なお、桂中学はその後も優勝を続けて7連覇までしており、最後の優勝は4つ下の弟が団体と個人で優勝していて、自分で言うのも変ですが、何かこの兄弟は凄い!と思いませんか?!

|

« 私の世界・知らない世界―「ベトナム沿岸警備隊がインドネシア軍の船に体当たり・・!?」 | トップページ | 私の世界・面白い話のネタ―「ロシアのオバハンはタフで少し変・・?!」 »

面白話・話のネタ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 私の世界・知らない世界―「ベトナム沿岸警備隊がインドネシア軍の船に体当たり・・!?」 | トップページ | 私の世界・面白い話のネタ―「ロシアのオバハンはタフで少し変・・?!」 »